歴史てくてく㉙戦後6年間の盛岡市立不来方中学校

この春、選抜高校野球大会に21世紀枠で出場果たした選手10人の不来方高校野球部が全国から注目を浴びた。「こずかた」と読み方を知ったとの声も多くうれしかった。65年前、大慈寺小学校を卒業し入学したのが不来方中学校だった。岩手公園南側の現在彦御蔵の所に校舎が建っていた。古い校舎の2階が1年生の教室で、窓は辛うじてガラス戸だったがその外側には格子がはめられていた。雨が降れば雨漏りがしてきてバケツがいくつも並んだ。なにせ柾葺きの屋根は古くなってだいぶ傷んでいた。
岩手公園の石垣はまだ整備されておらずでこぼこだった。男子はその石垣を登るのが昼休みの遊びだった。
昭和28年河南中学校が現在の茶畑に完成し、全校生徒が自分の机と椅子を持って公園下から茶畑まで行列つくって引っ越しした。
青春時代の懐かしい思い出の一コマだ。
さて?あの古いぼろ校舎の前身は何だったのか?と調べたらお宝が見つかった!2013年盛岡市立河南中学校創立60周年記念誌に詳しく掲載されていた。
 明治37年6月作人館中学部(前私立岩手医学校附属中学校普通学校)が新築開校。大正10年3月に同校廃校後、昭和15年まで岩手女子高校が使用。昭和17年から昭和22年まで盛岡市立青年学校(昭和21年に盛岡市立実業学校に校名変更)が使用、昭和22年4月に不来方中学校が開校(1年間実業学校と併設)した。
 そういえば・・・向かいにこれまたボロの岩手女子高の寄宿舎があり、使われていた。
不来方中学校は28年3月廃校まで6回生まで受け入れ、6年間で400余人が在籍した。1995年に同窓会の不来方石垣会が跡地にささやかな石碑を建てた。
e0122199_1055439.jpg

 不来方中学校の校歌の1番が「中津の流れ 清らかに 遠き郷土の 史を語る 緑の松は作人の 教え伝えて 窓匂う ああ由緒ある わが母校」だった。
 やっと校歌の意味が理解できた。作詞は当時国語の教師吉田慶治先生だった。あの世で「やっとわかってくれたか~」と笑っているかもしれない。(浦川陽子)
# by yoko1939 | 2017-05-24 10:55 | 歴史てくてく | Comments(0)

絶景「菜の花と岩手山」の農研センターを歩こうのはずだったが・・・

盛岡ウオーキングクラブの例会だった。満開の菜の花を見たいと雨にも負けずいつもより多い36人も参加。
e0122199_2262311.jpg

農研センターの田中さんの案内していただいた。城内の施設で唯一残っているという「覆馬場」馬の歩行訓練にも使用されていたという柱がないという貴重な建築物だそうだ。
e0122199_227031.jpg

玉ねぎ畑は春蒔きの玉ねぎを研究しているという。短角牛や、コメ、小麦など興味深い話をたくさん聞かせていただいた。
e0122199_227291.jpg

途中アカマツ並木を通過
e0122199_2275777.jpg

目的の菜の花畑へ到着。残念!菜の花畑の向こうに岩手山が見えるはずなのに・・・見えない!雨は止んでくれなかった・・・
e0122199_2282724.jpg

雨の菜の花畑も良いね~と負けおしみの声・・・連作障害を避けるための土壌改良のための菜の花畑だという。
e0122199_229875.jpg

素敵なカラマツ並木があった!

東北農試がいつのまにか「農研機構」に代わっていた。とにかく収穫を増やすために日進月歩の研究がされていることだけはわかったウオーキングだった。
# by yoko1939 | 2017-05-15 21:37 | 花・山だより | Comments(0)

毎年違う雪の八幡平・頂上で田部井淳子さんを偲ぶ・・・

今年も雪の八幡平へ・・・向かう途中上坊牧野の一本桜を見る。咲いていると思ったのにおかしい・・・近づいてみたら蕾は葉の蕾で花芽が全く見えない!去年も見れなかった!何か病気かな?
e0122199_175858.jpg

今年の八幡平は連休のさなかで天気良しで混雑していた。登り始めたが雪は多いが暑い!おまけに風がなく半そでで登っている人もある。
[とにかく空が青い~
#IMAGE|e0122199_1755676.jpg|201705/22/99/|mid|364|234#]
頂上の標識も雪が多い割合には顔を出してくれていた。
e0122199_1772383.jpg

見晴らし台で昼食。いつも頂上でコーヒーを沸かしてくれるSさん思い道具を背負ってきてくれる。
今年は途中でお友達になった福井県からきたという男性がお客さん。昨日は八甲田、明日は岩手山を登って帰るという。

昨年田部井淳子さんが亡くなり、いろんな特集が組まれたが、田部井さんの夫さんが主役の特集を見た。田部井さんに夫さんが「どうして俺と結婚したの?」と聞いたことがあった。「一緒に山へ登った時、小豆の煮たのを持ってきて、山の雪にかけて食べさせてもらったことがあった・・・あれかな・・・」と言われたそうだ。
e0122199_1782573.jpg

それを見た時から今年の八幡平でやろうと決めていた。昨日煮た小豆を持参して、みなさんに押し売りした。Sさんが「田部井さん何よりの供養になったね・・・」と福井の男性も含んで田部井さんを偲んだ。今年のサプライズだった。

頂上付近のアオモリトドマツはまだおねんねしている。その上を歩きながら、雪が解けたらこのアオモリトドマツはぴょんと起きるのか?ゆっくり真っ直ぐになるのかな・・・?と考えちゃった!
e0122199_179023.jpg

岩手山もきれいに見えるが、天気良すぎたせいか鳥海山は見えなかった。残念!!
e0122199_179377.jpg

雪の回廊は例年の位かな? 
e0122199_171077.jpg

7,8年になるだろうか?毎年同じ時期に登っているが、吹雪だったり、アオモリトドマツがシャンデリアになっていた時もあった。毎年違うがこんなに暑いと感じたことは初めてだった。
# by yoko1939 | 2017-05-05 16:23 | 花・山だより | Comments(0)

鬼瀬山(724㍍)に登った!

仙北後援会で恒例となった山登り・・・今年は根田茂の鬼が瀬山だった。立派な川目道路から根田茂に向かってこれまた立派な道路が出来ていた。昔の面影がない道路からいきなり山道に入る。

伐採したところに小さな登山口の標識が建っていた。登り始めたがなかなかきつい。おまけに山野草が少ない。

カタクリ
e0122199_16204745.jpg

キクザキイチゲが少々咲いていた。
e0122199_16211956.jpg

大きい岩が多い山だったが、それに惑わされ頂上がなかなか見つからず、やっと三角点に合えた!
e0122199_16214823.jpg

そこからちょっと下がったところに頂上の標識があり、焼石連峰と栗駒岳、和賀連峰が綺麗に見えた。
e0122199_16225279.jpg

急登が多い山で724㍍の山にしてはきつかったが、9人全員頑張って登った!
# by yoko1939 | 2017-05-02 15:56 | 花・山だより | Comments(0)

少年少女盗人森のシロップ探し・・面白かった!

「子どもを連れて参加」が原則なのだが、どうしてもシロップをとって見たかった。子どもになって参加を許していただいた。

盗人森の麓まで未舗装の山道を車を走らせる途中、フクロウの巣があったなぜかハート型・・・
e0122199_2383240.jpg

イワナの養殖をやっておられる方のご協力で、早速イタヤカエデに参加した子どもが代表して電動ドリルで穴をあけた。
e0122199_2393165.jpg

パイプを差し込んだら樹液が流れ出てきたー。歓声が上がる。でも経タツン・・・・・・タツン・・・・だ。それを手に受けてなめって見たら「甘い」淡い甘さだが自然な甘さだ。

主催者の方が事前にためておいた樹液を使ってホットケーキをつくり、煮詰めてメープルシロップをつくるという。

その間、目の前の盗人森に登った。登山道がないので夏は木が生い茂り登れないという。雪を踏みしめ頂上へ・・・見晴らしが良い。目の前に岩手山とくらかけ山が見える。
e0122199_23104640.jpg

下山して昼食。なんとおまけがついた。焼いたばかりのイワナの塩焼き。最高においしい!!!おかわりしちゃった。
e0122199_23111260.jpg

ホットケーキに樹液を煮詰めたメープルシロップをかけてごちそうになる。自然の甘さたっぷり・・・美味しい(^^♪
e0122199_23115560.jpg

e0122199_23122517.jpg

昼食時間には宮沢賢治の童話「狼森 笊森 盗人森(おいのもり ざるもり ぬすっともり)」の絵本の朗読もあった。
e0122199_231332.jpg

すっかり童心気分「とにかく面白かった!(^^)!」こどもたちがもっと自然を楽しんでほしいという事で開催しているとのこと。大事な活動だ。「子供たちがもっと参加してほしい」と言っていた。

すみませ~ん子ども連れずに参加して・・・・

今後の予定は

5月7日・・・サワガニ沢の少年少女サワガニウオッチング
7月15日・・・少年少女ホタルウオッチング
7月30日・・・少年少女乙部川水中生物ウオッチング
10月22日・・・少年少女盗人森の恵み
# by yoko1939 | 2017-04-02 22:11 | 花・山だより | Comments(0)

旧暦のひなまつり

今日が旧暦の3月3日。北向きで春の遅い我が家でも福寿草が咲きばっけが顔を出してくれていた。

昔隙間だらけの町家に住み、旧暦でお雛様を飾るのは、祖母と孫の我々姉妹の仕事だった。飾るときはウキウキだったが、しまうときは顔に綿を張り紙で包んで大事に大事に箱にしまい込むのがとても大変だった。そんな時祖母は「早ぐしまわねど嫁に行げなくなるぞ」と言われそれを信じ込んでいた。
e0122199_1451657.jpg

今、我が家のお雛様はこれ!
e0122199_14513989.jpg

妹からもらったどんぐりの芥子びな。我が家にぴったりだ。もう嫁に行くこともないので片づけはゆっくりでよいかな~と思ったが祖母の顔が浮かんだ。先人の教えは守らなきゃ!

鉈屋町の旧暦のひな祭りは4月8,9日だという。
# by yoko1939 | 2017-03-30 14:40 | 盛岡を楽しむ | Comments(0)

頑張った!不来方高校野球部・・「思い出した!不来方中学校」

第89回春の選抜高校野球大会に21世紀枠で出場果たした選手10人の不来方高校野球部。注目を浴びたが力及ばず1回戦で敗退した。

静岡高校と対戦し3:12だった。9本もヒットがあったのに・・・

でも・・甲子園は不来方高校に温かかった。入場式では拍手が一番大きかった。そして10番目の斎藤選手が最終回にバッターボックスに立った時、打撃はフライだったのに拍手だった。退場するときも温かい拍手だった。
10人とも矢幅、盛岡周辺の中学校出身者ばかりだ。本当に良い甲子園を経験したと思う。選手のみなさんの健闘をたたえたい。

もう一つ、全国に「こずかた」の名を知ってもらったこともうれしいことだった。

思い出した・・・・
65年前、入学した中学校が「不来方中学校」だった。岩手公園内の現在彦雄蔵の所に校舎が建っていた。その6年後高校卒卒業し就職先が不来方町だった。「ふうらいぼう」とよく読み間違えられていたが、不来方はわが青春にとって、とっても大事な名前だった。

そんなこともあって1988年に不来方高校が設立時、「不来方をどうして矢幅に持っていくのよ!」と納得できないで来た。それも不来方高校野球部の活躍でやっと「許してあげよう」という気持ちになったことは大きな収穫だったかナ~
# by yoko1939 | 2017-03-26 18:36 | 盛岡を楽しむ | Comments(0)

歴史てくてく㉘盛岡のもう一つの時鍾

盛岡城下のもう一つの時鍾は、明治18年集会所新築の資金集づくり売却されたという。それがどうして東京谷中の全生庵にたどり着いたのか?
2月に娘からプレゼントの旅を利用し全生庵へ行き時鍾に会ってきた。
全生庵は臨済宗国泰寺派。山岡鉄舟が幕末明治維新で国事に殉じた人々の菩提を弔うために明治16年に建立している。
e0122199_2302347.jpg

ご住職さんからお話を聞いたが「何も分からない。でも、鐘に明治に銘文を刻んでいる」というので、お許しを得て鐘楼に登って見た。目視では無理!住職さんが「銘文がありますから送ってあげます」という。
e0122199_2311312.jpg

住職さんからのメールでは、銘文には寄贈者と思われる山岡鉄舟はじめ4人の名前が刻まれ、明治23年11月5日撞初供養式が行われたことが分かった程度だった。
探し回ってやっと詳しい資料にたどり着いた!「県文化財調査報告書」によれば、南部藩の時鍾は3つあったらしい。一番古いのが花巻(1646.9)にあり、次が全生庵(1652.6)のもの、そして桜山神社の向かいにあるもの(1679.11)だという。もう一つあったのかー
全生庵の時鍾は、盛岡城のものだったが1657年に町方に下げ渡され城下斗米(とっこべ紺屋町東裏通の古称)に移設され、町方持ち(町方請負)の町鐘となった。それが、
十三日町に再移設され、明治維新まで同所で時を告げた。明治以降所有していた町会が、盛岡市民集会所杜陵館の建設資金捻出のため明治 18 年(1885)に売却したという。東京谷中全生庵の寺鐘の追銘に刻まれている4人の発願者のひとり、東京神田材木町の三崎芳之助から購入したものという。お寺に納まって本当に良かった。貴重な文化財がこれからも大事にされることだろう。 明治18年といえば前年の明治17年に河南地区一帯を焼き尽くす大火があった。被害は、家屋1432、土蔵46、神社6、寺院10、学校3、その他300余と焼野原となった。
当然十三日町の鐘楼も焼けていただろうし、早く集会所が必要だったことも、時鍾を売らなければならなかった事情も想像できるナー。(浦川陽子)
# by yoko1939 | 2017-03-22 23:01 | 歴史てくてく | Comments(0)

仙北小学校卒業式・・・6年前あの大震災のときに入学

仙北小学校の卒業式にご案内いただいて出席。
e0122199_2110617.jpg

校長先生から一人一人卒業証書をもらい、舞台から降りて父母に挨拶しながら手渡ししている。なんともほほえましい。自治会の子どもたちの卒業は生は3人しかいなかったから顔もよく見えた。1年間自治会活動によく頑張ってくれました。ありがとう!!

式が終わって卒業生の父母代表が挨拶された。「思い起こせば6年前幼稚園や保育園の卒園式を楽しみにしていた時にあの大震災でした。当たり前のことが当たり前ではなかったことを知らされ、不安の中での小学校に入学でした・・・・」体育館の雰囲気があの時を思い出された一瞬だった。

あの時の1年生だったんだーーきっと節目節目で思い出すだろうな・・・被災者を、被災地を忘れないでほしい。

15日には仙北中学校の卒業式が行われた。3年前から向中野小学校からの入学するようになってから初めて卒業するためいつもの卒業式より生徒数が増えていた。教室が足りなくなっていま!?増築が行われている。
e0122199_21103469.jpg

今年の駒形自治会の卒業生は行事へ手伝い、参加や公民館の障子張りや児童公園の清掃などよく頑張ってくれた。ありがとう!!高校になっても頑張ってね。
# by yoko1939 | 2017-03-17 20:28 | 木木レポート | Comments(0)

今年も登れた~鞍掛山へ

良かった~今年も登れた!鞍掛山。

日曜日という事もあって駐車場が車でいっぱい。新雪のせいか雪が柔らかくてちょっと歩きにくかったが、しっかりと道が付いており沢山の人が登っていることがわかる。

7人のグループで登り始めたが、すれ違う人、追い越されるグループがわがグループと同じような年代が多かった。その中で5歳の男の子がお母さん、お爺さんと登っていた。5歳で冬山を経験するのだから頼もしい。行きかう人たちから声かけられ無事登頂!われわれも一緒にゴール・・・
e0122199_22524137.jpg

頂上も人がいっぱい!看板もこんなに雪で埋まっていた。

残念だが岩手山が半分しか顔を出してくれない。また来るからねー
# by yoko1939 | 2017-03-12 22:34 | 花・山だより | Comments(0)

盛岡のまちと暮らし、岩手の自然を楽しむレポート


by yoko1939
プロフィールを見る
画像一覧