「あかげら」表紙にお茶の木の花

盛岡山友会の会報は会員が交替で表紙絵を描いている。数年前からカラー刷りとなり好評だ。会員になって長いがサボってばかりで1年に1回表紙絵を描くだけの会員になっている。
 10月号の表紙絵の当番。山に行ってないので最近感動したお茶の木の花を描いた。
e0122199_14312341.jpg


                   北限のお茶の木

                                                        浦川陽子

 ご縁があって中野の古澤家にお邪魔し、北限のお茶の木を見せていただきました。小さな木を想像していたらビックリ・・・「茶畑だー」広い庭園の3分の1くらいお茶の木が占めている。
 400年前に南部信直公の命を受け大和の国から移植されたもので、盛岡の中で温暖でお茶に適したこの地が選ばれ、寒い気候の中で生き延びてきた耐寒性の高いお茶の木なそうです。
 小さな白い可愛い花が咲いている「ナツツバキの花に似ていますね」といったらツバキ科だという。蕾がいっぱい付いているからしばらく楽しめそう・・・びっくりしたのは、1本の枝に花が咲きその下のほうに実が付いているのです。
 今の時期に花が咲き、1年かかって花の時期の今、実がつくといいます。この実の中に丸い黒茶色の種が3つ入っており、それが落ちて芽を出すというのです。
 春、若葉をてんぷらにしたりチャーハンに入れれば美味しいが、お茶にしても美味しいものではないと話しておられました。
 寒さに負けず生きてきた北限のお茶の木は魅力的・・花も実も。初めての出会いに感動しました。
by yoko1939 | 2009-11-02 14:19 | 花・山だより | Comments(0)


盛岡のまちと暮らし、岩手の自然を楽しむレポート


by yoko1939

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
木木レポート
盛岡を楽しむ
食と農
花・山だより
全国の町並み
鉈屋・大慈寺町界隈
温泉・旅
絵日記
くらしの楽しみ
てづくり工房
東日本大震災関連
歴史てくてく
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

フォロー中のブログ

最新のコメント

良かったですね しばらく..
by yoko1939 at 11:30
 初めまして。 もう自..
by エネルギー名無し at 04:06
びっくりしました。今年も..
by yoko1939 at 20:59
コメントありがとうござい..
by yoko1939 at 11:37
東京出身、在住ですが、家..
by hideki oomori at 21:05
ありがとうございます。 ..
by bbex162546 at 04:57
ありがとうございます ..
by yoko1939 at 11:37
初めまして、三友写真部と..
by bbex162546 at 03:42
虎舞笛吹さま 本当に不..
by yoko1939 at 21:45
管理人様 ご無沙汰して..
by 鵜住居虎舞笛吹 at 13:30

メモ帳

最新のトラックバック

くちこみブログ集(国内旅..
from くちこみブログ集(国内旅行)..
秋祭り~PART2
from 縁光の花暦 HANAGOYOMI

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧