国指定天然記念物の「肴町のシダレカツラ」・・可哀想

肴町に買い物に出かけ駐車場に車をいれた。ふと看板をながめて・・・「エー国指定天然記念物だったのー?」ビックリ・・・
e0122199_1646036.jpg

 しかも指定日が大正13年12月9日。私が生まれるずーと前ではないか!このシダレカツラは、ここに中島医院があってよく通院していたから、小さいときから見続けていた。
 
 あらためて「お前はえらい!」と見上げてしまった。

 掲示板の説明をうつしてきた。

「カツラの木の枝は、普通直立型の枝を生じるが『シダレカツラ』の枝はいずれもしだれており、学術上珍奇な変種とみなされている。

 『シダレカツラ』ははじめ稗貫郡大迫町内川目の岳地区の山林地内で発見され、早池峰神社がある岳の妙泉寺境内に植えられた。

 その後、盛岡市大ケ生の龍源寺に現存するものはひこばえから成長したものである。

 肴町のシダレカツラは、120年前に源龍寺から根分けして植栽されたものである。
 
 植物学の権威、三好学氏の現地査察によって「他に例を見ない珍木」として評価を得、大正13年(1924年)に国指定天然記念物になった」

 この看板は平成11年9月に市教育委員会が建てたものらしいが、もっと大事にされてもいいよね・・・

 駐車場の真ん中にフェンスに囲まれたシダレカツラが可哀想に見えた。
by yoko1939 | 2009-11-09 16:41 | 盛岡を楽しむ | Comments(0)