寒い~日・・・山葡萄の皮で籠つくり


寒~い・・・昨日の最低気温は今冬一番の-10・1度、最高気温が-1・1度。
 今日の最低気温が-8・3度、最高が-1・3度。「寒いねー」が挨拶となる。

 その寒さの中冬の籠作り講習会の2回目。

 佐々木光恵さんの講師で山ぶどうの皮での籠作り・・・「自由に編んで結構下さい。その人の性格が現われる作品が出来ますよ」といわれそれぞれ作り始めた。

 山葡萄の皮は非常に強く長い時間を経て色がかわるという。磨きたい人はたわしでこする・クルミの実で磨く方法もあるという。

 いつもながら先生の手は目にも止まらぬ速さだ。
 できばえは本当にそれぞれ違った。残念ながら写真を撮らないでしまった。
e0122199_1123298.jpg

 みなさんきちんと綺麗な作品が出来上がっていた。
 私のはどう見ても、どうでも良い作品にしか見えない。これも性格かなー? 

 でも、世界でたった一つのステキな籠!!  
by yoko1939 | 2010-01-16 11:11 | 木木レポート | Comments(0)

盛岡のまちと暮らし、岩手の自然を楽しむレポート


by yoko1939
プロフィールを見る
画像一覧