どんぐり雛で大震災の犠牲者の霊を慰める

昨日が、旧暦の3月3日で雛祭り。妹がどんぐりのへたを使って作った雛人形を、旧暦にあわせて3月初めに玄関に飾った。
e0122199_16435039.jpg

11日の大震災で多くの人が犠牲になった・・・身内に不幸があったときは1年間は飾らないしきたりが思い浮かんだ。すぐ片付けようか・・どうしようかと迷った?

多くの犠牲者の霊を慰め、行方不明の方の無事を祈るのもお雛様の役目かも・・・と言い訳しながら飾り続けた。

盛岡から身内の遺体探しに出かけた方は、余りにも悲惨な現場を見て「遺体が出ないほうが良いかも・・・」とつぶやいていた。

5日現在の岩手県の死亡者数3615人、行方不明者数4502人。もうすぐ1ヶ月になるのだが、いまだに死亡者数より行方不明者数のほうが多いのだ。
e0122199_16441411.jpg

11日の夜の綺麗だった星空を思い出しながらお雛様を片付けた。
by yoko1939 | 2011-04-06 16:39 | 木木レポート | Comments(0)

盛岡のまちと暮らし、岩手の自然を楽しむレポート


by yoko1939
プロフィールを見る
画像一覧