県立博物館で重要文化財の古民家見学

久しぶりに松園に出かけ時間があいたので県立博物館へ寄った。9時開館と思ったら9時30分からで、結局敷地内の古民家を見学できた。

ここを見るのは初めて・・・
e0122199_1650524.jpg

旧藤野家は江刺からの移築。江戸中期築で仙台藩でよく見られる民家だという。柱や
e0122199_16512526.jpg

板間のいたるところにがちょうな削りがほどこされていてとってもおしゃれだ。
e0122199_16514910.jpg

岩泉から移築の佐々木家は江戸末期から明治初期築の典型的な南部曲屋。馬と人が一緒に住んでいたもの。
e0122199_16531324.jpg

この釜はやだ釜という。管理人さんが毎日火を焚き、ゆぶして茅葺きの家を守っている。あれー管理人さんが知人だった。なつかしい出会いが出来た。
e0122199_16534675.jpg

周囲の散歩コースを歩いたらマンサクが満開。毎年春の花を追いかけていたんだよナー
e0122199_16543014.jpg

2階の喫茶の窓際の席ででコーヒー飲む。なにせここから眺める岩手山はすばらしい。
ゆったりしてみたせいか岩手山頂上付近に鷲の形が見えた!農作業の準備にかかる季節なのだ。
by yoko1939 | 2011-04-07 16:44 | 盛岡を楽しむ | Comments(0)