四十四田ダムウオーキング

気持ちの切り替えに・・・と、盛岡ウオーキングクラブ主催の春の四十四田ダムウオーキングに参加した。小鹿公園から松園子ども自然観察園ー四十四田ダムと住宅地と自然のなかを歩いた。

沢山の春の花たちに出会えた・・
e0122199_032102.jpg

小鹿公園は、「もう少しすれば桜が綺麗なのに・・・」と地元の参加者は残念そう・・だが、紅白の梅が満開だった。
e0122199_0324021.jpg

キブシもそこかしこに・・・
e0122199_0332579.jpg

日本タンポポ・・額が花にしっかりついているのが特徴だという。
e0122199_0335213.jpg

 フキノトウはオスが右、メスが左でオスは役目を果たすと枯れてしまい、メスはそのまま伸びていくと言う。伸びた茎を油いためにすると美味しい。
e0122199_0342037.jpg

イタヤカエデ・・樹液がメープルシロップになるという。はじめて知った。
e0122199_0344769.jpg

サルノコシカケもあった!・・・
e0122199_0352568.jpg

照る照る坊主みたいな・・・これは何だったかナー忘れた。
e0122199_0364879.jpg

桜草はこれからだー
e0122199_037864.jpg

ミズバショウも咲いていた。
e0122199_0373652.jpg

四十四田ダム・・・地震で大丈夫だったかな。
e0122199_038716.jpg

帰りは松園寺を通って小鹿公園へ・・・境内にはいつか来て見たいとと思っていた反戦川柳作家の鶴彬の川柳碑が建っていた。「手と足を もいだ丸太に してかえし」鶴彬の代表作だ。

初めて歩いたが、どこもきちんと整備されてとても良いコースだった。子ども自然公園は地元の方々の手で毎月自然観察会が行われ、管理され守られている。

今年初めての自然散策。松園を一周した感じだった・・・13、803歩だった。何が起きるか解らない年になるだろう・・・身体を鍛えておかなきゃー。
by yoko1939 | 2011-04-26 00:27 | 花・山だより | Comments(0)

盛岡のまちと暮らし、岩手の自然を楽しむレポート


by yoko1939
プロフィールを見る
画像一覧