土砂降りのメーデー 被災者支援の決意こめて

土砂降りのメーデー。長靴はいて参加。
e0122199_164339.jpg


岩手労連の鈴木露道議長は東日本大震災支援のため現地にセンターを設けて活動していると挨拶。岩手自治労連の佐藤一則委員長は「津波で130人以上の仲間を失った。残された職員は不眠不休でがんばっている」と復興に向けての決意を述べ、来賓の日本共産党斉藤信県議は、「いまだに1日おにぎり3個という避難所もある。被災支援を強め1日も早い復興のためがんばる」と挨拶。

沿岸地域ではメーデーは実施できる状況はなく、そのなかで釜石医労連から6人が「支援ありがとう」の横断幕をもって参加した。

満開の桜も泣いている。大震災被害者の涙かな・・・
by yoko1939 | 2011-05-01 16:02 | 木木レポート | Comments(0)

盛岡のまちと暮らし、岩手の自然を楽しむレポート


by yoko1939
プロフィールを見る
画像一覧