盛岡に明治の三陸大津波犠牲者供養の碑

正伝寺へ知人の葬儀へ出かける直前、郵便で治安維持法犠牲者賠償要求同盟のしんぶんが届いた。「盛岡にある三陸大津波供養塔」とiいう記事に驚いた!
e0122199_14165337.jpg

盛岡市愛宕町の正伝寺の境内に明治29年の「三陸大海嘯(つなみ)難死者供養」碑があるという。津波研究家の山下文男さんが「青森県から宮城県にかけて沿岸には約200基あるが、内陸に津波の碑は珍しい」と言っているという。
葬儀の帰り、会葬者の数人の方が気がついて碑の前に足を止めていた。結構大きい碑で真ん中に「三陸大海嘯(つなみ)難死者供養」と刻まれ、その両脇に「明治29年丙日6月15日<旧暦>5月5日午後8時海嘯(つなみ) 岩手県死亡者25413人宮城県同3314人青森県同346人総計29073人当山24世帯心水代とあった。

山下文男さんの研究によれば岩手県の犠牲者は山奈宗真が調べた18158人が最も近いというがあらためて大津波だったことを実感させられる。

碑の後ろに周って見たら、発起人と賛成者の名前が刻まれており、7回忌にあたる明治35年に建立されたものらしい。盛岡でもその日沿岸に行っていたなど犠牲者が出たことでこれらの方々が供養塔を建てたたと言う。今回の東日本大震災後、この供養塔にはいつも花束が供えられているという。 
by yoko1939 | 2011-05-17 14:10 | 盛岡を楽しむ | Comments(0)

盛岡のまちと暮らし、岩手の自然を楽しむレポート


by yoko1939
プロフィールを見る
画像一覧