鈴木つとむ市議 山田元南光町長の応援得てがんばる

盛岡市議選告示日を直前にし、2期目に挑戦する鈴木つとむ議員は元南光町長の山田兼三さんの応援を得て2ヶ所で決起集会を開き奮闘しています。

山田兼三さんは共産党員党員町長として部落開放同盟による逆差別で町民の要求がまったくふみにじられていた町政を公正な町政に立て直し、命を大切にした医療に力を入れ「8020運動」に取り組み、減反の田んぼにひまわりを植え観光や産業に取り組んだことを話し参加者の感動を呼んでいました。

鈴木つとむ議員は、25歳で皆さんに押し上げていた抱き、医療と福祉を大事に介護保険問題、青年の雇用拡大問題など毎議会一般質問してきたこと。

また、国保では運営協議会委員として国保税値上げが提案されたとき、一般会計からの繰り入れを主張し値上げ幅を半分に抑えれことができたこと。

青年の声も取り上げスケートボード場を設置させ、BMXの練習場設置に取り組んでいる
など4年間の豊富な実績について詳しく報告した。

たくましくなり、青年政治家としての成長を見る思いだった。
by yoko1939 | 2011-08-19 21:01 | 木木レポート | Comments(0)

盛岡のまちと暮らし、岩手の自然を楽しむレポート


by yoko1939
プロフィールを見る
画像一覧