朝の駒ケ岳のお花畑に感動

昨日夕方バスに乗り換えて8合目まで。そこから1時間半かかってあみだ池の山小屋到着。みんな優しい人で遅い足のわたしに合わせてくれる。
e0122199_1638463.jpg

ハクサンシャジンや
e0122199_1639525.jpg

サクラソウ
e0122199_16395687.jpg

峠ブキとオオバセンキュウ
e0122199_16405170.jpg

ニッコウキスゲの花たちに励まされてたどり着いた。

山小屋には先客が2組いて、2階が満杯だった。各自持参のおつまみとビールで乾杯!なにせ暗くてヘッドランプが頼りだ。汗をかいた後のビールはおいしい!!

早々にお休みーー
e0122199_16413231.jpg

朝4時30分ご来光。昔の人たちが手を合わせた気持ちがよくわかる何とも言えない一瞬。きれい・・・
e0122199_16423939.jpg

天気よし、空気もすがすがしい・・今回は恵まれたね・・・と馬の背に入る。このコースは気が抜けない。岩場が多く登ったり下りたり両側は絶壁の尾根歩きだ。
e0122199_1644683.jpg

尾根の右側にはお花畑がどこまでも続く。
e0122199_16442826.jpg

歓声をあげながらカメラを向けると、
e0122199_164558.jpg

どの花も私たちを歓迎してくれている。
e0122199_16452543.jpg

シャクナゲ
e0122199_1646148.jpg

ハハコグサ
e0122199_16461784.jpg

ミヤマハンショウヅル
e0122199_16464674.jpg

ハクサンフウロ
e0122199_1647855.jpg

まさにトウゲブキという景色
e0122199_16475288.jpg

時々朝のガスが通り抜けていく。ミルク色になったと思うと、きれいな朝日に照らされる山の景色が神秘的なのだ。
e0122199_16504538.jpg

左には雪渓が見えた!なんとハート型だ!
e0122199_16484760.jpg

右手に噴火口が浮き上がってきた。
e0122199_16514814.jpg

馬の背を抜けて横岳を下るとーー会えた!コマクサがまだ咲いていた!終わりに近いがまだあちこちに咲いていてうれしかった。

横岳からムーミン谷へ下る。ここはチングルマとコバイケイソウの群落がみられるお花畑なのだが・・・コバイケイソウはまったく見当たらない。すこしだけ茶色に焼けた葉っぱだけ残っていた。
e0122199_16532046.jpg

ウサギギクの群落もあり
e0122199_16551237.jpg

エゾツツジあり
e0122199_16553176.jpg

カラマツソウあり、ここでも馬の背に負けないほどの花畑。
e0122199_16561475.jpg

でも圧巻は、チングルマは穂だの群落だった。朝日があたりピンク色に光って見える。小さな妖精が沢山飛び出してくるような感動だった。

そんなお花畑のなかで朝食。Sさんがコーヒーを沸かしてくれた。おいしい・・・山の中のお花畑の中で飲むコーヒーは最高の贅沢。
e0122199_1657910.jpg

この後が大変だった。ムーミン谷から馬の背入り口までのコースは急登。いくら頑張ってもなかなか進まない。やっとのことで登りきるとニッコウキスゲの群落。出発の時は静かだったあみだ池も登山客で賑やかになっていた。
e0122199_16573687.jpg

山小屋の後ろには見事なチングルマの群落。風が吹くとうれしそうにユラユラ揺れて、何千人の素敵な大合唱が聞こえてきた。
e0122199_16581351.jpg

オオバセンキュウも昨日より大きくなった感じ。花火のよう・・・
e0122199_16583663.jpg

ミヤマリンドウ
e0122199_16585536.jpg

ウメバチソウ

帰りのコースでも昨日と違う顔の花が続く。「また来年来るからね」と下山してきた。

けっこうきついコースだったけど1泊2日の最高の駒ケ岳を楽み、幸せな山行だった。最高のお天気とお付き合いしてくれた友人たちに感謝!!
by yoko1939 | 2012-08-01 15:19 | 花・山だより | Comments(0)