「江戸期の今泉部落と吉田家住宅」講演聞いて思い出した・・・

岩手県立博物館日曜講座「江戸期の今泉部落と吉田家住宅」と題した講演があり、東北工業大学教授の高橋恒夫先生のお話を興奮しながら聞いてきた。

驚いたのは今泉部落の歴史だ。「仙台藩気仙郡の部落の住宅は、世界遺産の候補になっても良いくらい遺産が多い。北方社会の中心が陸前高田だ」という。しかも2年後には1300年になるという。なんと~奈良と同じくらいの歴史があったんだ~。この話を聞いただけでもこのまちを飲み込んだ津波が憎い!

住宅の特徴は、1軒につき3棟の付属家があり、必ず奥に抜ける屋根のかかった路地があり、2階家では2階に旅人を泊めたという。

陸前高田の市のHPにまだ写真が残っていた!
e0122199_23541176.jpg

e0122199_23544213.jpg

e0122199_23554086.jpg

e0122199_23562724.jpg

街道沿いの御免町は文字の通り税を免除されていた町で、醤油や酒などの醸造などが盛んで間口が広い町屋が多かったと言われています。町並みでも随所にその名残が見受けられものだったようだ。
e0122199_23533226.jpg

特に「八木澤商店」は平入りの店蔵と妻入りの土蔵が街道沿いに軒を連ねその真ん中に門を設えるといった豪商の構えを見せていた。見たかった!!
e0122199_23374129.jpg

町のほぼ中央に位置した大肝入吉田家があった。気仙大工が棟梁だったという吉田家住宅は当時の姿を留めていて茅葺きの大屋根が当時の雰囲気を伝えていたという。岩手県の指定文化財となっている。

震災後、吉田家を復元しようという動きが出てボランティアさんたちが流された木材を集め80%くらいは集まっているそうだ、
e0122199_23421812.jpg

江戸時代の絵図をもとに高橋先生の研究室がまちなみの模型を製作したものも流され、昨年復元したものが県立博物館に展示されていた。

吉田家の当主も一家でさんかしており、奥さんが「危ないから逃げろ!」と言われ着の身着のまま逃げたら、後ろのほうでバリバリと家の壊れる音がして「あー戻れないな」と思った。伊達正宗直筆の書付が流されたのが悔しい!と話された。
e0122199_23365525.jpg

講演を聞いて本当に悔しくなった。思い出した!!10年前2003年8月7日に後援会のバスハイクでケンカ七夕を見に行った。日中だったので海岸近くでのケンカ七夕を見てきた。
e0122199_23361842.jpg

地元の方からケンカ七夕の由来など聞かせてもらい。「夜のケンカ七夕は迫力あって良いぞー」いつか必ず行こうといってたのに・・・これが今泉のまち中で繰り広げられていたものだった。残念!
by yoko1939 | 2013-02-24 22:26 | 盛岡を楽しむ | Comments(0)

盛岡のまちと暮らし、岩手の自然を楽しむレポート


by yoko1939
プロフィールを見る
画像一覧