吉田松陰の追っかけ②なぜ脱藩して東北の旅に出たのか?

2月10日に学んだ吉田松陰と盛岡がきっかけですっかりとりこになり、吉田松陰の追っかけをしている。

仙北活動センターの図書室で取り寄せてもらい織田久著「嘉永五年東北」-吉田松陰『東北遊日記』抄ーを借りて読んだ。とにかく面白かった!!
e0122199_21293861.jpg

なぜ脱藩までして旅に出たのかわかった
吉田松陰が東北の旅に出たのは嘉永5年(1851年)12月15日だった。同行者は親友の熊本藩士宮部鼎蔵と、浪人で亡兄の仇討に盛岡の戻るという南部盛岡藩士安芸五臓(本名江端五郎)だった。

 出発の日を安芸五蔵のことを思いやって赤穂四十七士の討ち入りの日を決めていた。ところが長州藩から旅行の許可は早々に下りていたものが、通行手形が手間取り出発の日に間に合わなかった。他藩の者に長州人は約束を守らない輩と思われるより亡命し一身に罪を負う道を選んだという。

 参勤交代を待って仇討をやるという安芸と白河で別れて、松陰と宮部は会津に向かったと。仇討を助勢するために旅に出たと思っていたのは間違いで、度重なる外国船の侵入に立ち向かえる国になっているのかを確かめる遊学だったらしい。
by yoko1939 | 2013-03-30 21:12 | 盛岡を楽しむ | Comments(0)


盛岡のまちと暮らし、岩手の自然を楽しむレポート


by yoko1939

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
木木レポート
盛岡を楽しむ
食と農
花・山だより
全国の町並み
鉈屋・大慈寺町界隈
温泉・旅
絵日記
くらしの楽しみ
てづくり工房
東日本大震災関連
歴史てくてく
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

フォロー中のブログ

最新のコメント

 私はこの暦に出会ったの..
by 百瀬 稔 at 02:04
良かったですね しばらく..
by yoko1939 at 11:30
 初めまして。 もう自..
by エネルギー名無し at 04:06
びっくりしました。今年も..
by yoko1939 at 20:59
コメントありがとうござい..
by yoko1939 at 11:37
東京出身、在住ですが、家..
by hideki oomori at 21:05
ありがとうございます。 ..
by bbex162546 at 04:57
ありがとうございます ..
by yoko1939 at 11:37
初めまして、三友写真部と..
by bbex162546 at 03:42
虎舞笛吹さま 本当に不..
by yoko1939 at 21:45

メモ帳

最新のトラックバック

くちこみブログ集(国内旅..
from くちこみブログ集(国内旅行)..
秋祭り~PART2
from 縁光の花暦 HANAGOYOMI

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧