吉田松陰追っかけ③松陰盛岡に入る

嘉永5年3月11日吉田松陰と宮部鼎蔵は中津川をわたって盛岡城下に入った。

松陰たちも旅の途中見かけただろうか?岩手公園に咲くまんさく(3月27日撮影)は春一番の花で、3月初めから咲き始める。
e0122199_22334042.jpg

織田久著「嘉永5年東北」によれば・・・
翌日12日山影村に江端梧楼の兄江端春庵の遺族を訪ねた。春庵の母と妻、2人の子どもが息をひそめて暮らしていた。母は「あなたたちを見ていると梧楼が目の前にいるようだ」と涙を流した。山蔭村はどこだろう?

その足で2人は春庵の墓参りしようと香殿寺(『内史略』には天福院とあるらしい)へ行ったが、春庵の仮葬所は処刑人の咎によって板塀で囲われていた。憤慨した2人は板塀に筆を走らせた。松陰の日記には「拝哭の余り、忼慨に堪えず、鼎蔵国風二首を題す。予も数句を題す」とあり日記にも記載されているが、誰かに目撃されていたらしく横川良助の「内史略」にも記録されているという。

板塀に書き記されていたものは織田久著「嘉永5年東北」を写させてもらう
「嘉永五年三月十二日、旅の士両人、(中略)板塀に直々、矢立墨坪を出し書きつけ置く、春庵は、江戸学者東条文蔵の門下にて文学世に鳴る者なりしが、さだめてその同門にして特に入魂(じっこん)にせし者なるべし云々、昼九ツ参拝す。
人衆勝天亦阿久 人衆(おお)ければ天に勝も亦何ぞ久からん
請俟他年天定時 請う他年天定まるの時を俟(ま)て。
男児報国一死足 男児国に報いば一死も足る。
黄泉之下君瞑目 黄泉のした君瞑目せよ。
  長門国松平大膳太夫家中 吉田大二郎(年齢三十一、二)
なき人をよその袂をしぼりつつ なみだのしづく手向けこそすれ
あはれいかに草葉の陰にて思うらん 同じこの葉の行末いかにと
  肥後熊本藩中 宮部鼎蔵増実(年齢二十一、二)」

宮部と松陰の年齢は取り違えているが、意識的であろう。仇討を志す江端梧楼と遺族への悲憤の思いがあふれている。

そんな気持ちを抑えきれずに北上川の舟橋を渡り奥州街道を南へ一時間ほど行くと津志田
で、道の両側に妓楼が立ち並んでいた。
松陰は日記に「津志田村を過ぐるに、方(まさ)に道樹を仆(たお)し、良田を廃して新たに妓楼数十家を起(た)てんとす。南部の国事、実に悼むべきかな」と記されていた。
by yoko1939 | 2013-03-31 22:32 | 盛岡を楽しむ | Comments(0)