歴史てくてく⑩生きている江戸時代の盛岡絵暦

髪結いをしていた祖母は文盲だった。毎年「めくら暦」を売人から買っていた。ご飯粒で台所の板壁に張り付けるのが孫の私の役目で、毎年重ねて張り厚くなっていた。この面白い絵が暦だという不思議を解決しないで過ごしてきた。

 現存する最古の盛岡暦は天保十三(1842)年、作者は御印判師舞田屋理作で、版木印刷、売り暦だったという。
 さかのぼって天明三(1783)年現八幡平市の田山の田山暦が現存している。田山暦の影響受け盛岡暦が出来たという。

 「めくら」が差別用語だとの指摘で盛岡絵暦と配慮されているが、文盲の人たちのための絵文字は、祖母のように暮らしの中で欠かせないものだったろう。 途中途切れた時期もありながらも現在まで生き続けている貴重な民俗資料なのだ。戦後の苦難の時代南仙北三丁目の郷土史研究家の故佐藤勝郎さんも発行に尽力されている。
e0122199_2236656.jpg

 今年の南部めくら暦を解読すると、一段目の「塀と井形を背にしている男」で平成、重箱2つとサイコロ6個で二六年。二段目の歳徳神は今年の大吉の方向を示すもので、門の前に虎とウサギの絵、寅卯の間は東北東となる。と読めれば面白い!
 この一枚で自然と向き合って暮らしてきた人々に思いを馳せてしまった。(浦川陽子)
by yoko1939 | 2014-04-06 21:53 | 歴史てくてく | Comments(0)


盛岡のまちと暮らし、岩手の自然を楽しむレポート


by yoko1939

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
木木レポート
盛岡を楽しむ
食と農
花・山だより
全国の町並み
鉈屋・大慈寺町界隈
温泉・旅
絵日記
くらしの楽しみ
てづくり工房
東日本大震災関連
歴史てくてく
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

フォロー中のブログ

最新のコメント

良かったですね しばらく..
by yoko1939 at 11:30
 初めまして。 もう自..
by エネルギー名無し at 04:06
びっくりしました。今年も..
by yoko1939 at 20:59
コメントありがとうござい..
by yoko1939 at 11:37
東京出身、在住ですが、家..
by hideki oomori at 21:05
ありがとうございます。 ..
by bbex162546 at 04:57
ありがとうございます ..
by yoko1939 at 11:37
初めまして、三友写真部と..
by bbex162546 at 03:42
虎舞笛吹さま 本当に不..
by yoko1939 at 21:45
管理人様 ご無沙汰して..
by 鵜住居虎舞笛吹 at 13:30

メモ帳

最新のトラックバック

くちこみブログ集(国内旅..
from くちこみブログ集(国内旅行)..
秋祭り~PART2
from 縁光の花暦 HANAGOYOMI

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧