歴史てくてく⑪庶民の願い込められた「絵馬」

何事もウマく行く年でありますように」と迎えた午年も、あっという間に二カ月も過ぎた。午年と言えば絵馬を思いだす。
 二度目の選挙に失敗し、三回目の選挙に再選を期して頑張っている時、大慈寺小学校の先輩の絵馬師故佐々木勉さんから必勝を祈る大きい絵馬が届いた。告示の日一頭に目を入れ、無事当選を果たしもう一頭の目を入れることができた。私の大事な宝物だ。(写真)
e0122199_2231534.jpg

 絵馬の歴史は古く、古代人にとって馬は神に等しく、初めは生馬を神に献上し降雨、止雨などを祈願したのがそもそもの起こりだという。
 時代の移り変わりで土馬、木馬そして板絵の「馬図」になり、さらに馬の絵だけではなく、絵巻、草紙、年中行事、武者、歌仙、芸能、生業、風俗などなどの絵を描いて諸願成就のために神社に奉納されてきた。板絵の図柄がどんなものでもすべて「絵馬」として扱われてきた。
 県内に現存する最古の絵馬は中尊寺蔵の「蒔絵繋馬図」(永禄七年ー一五六四年)だという。漆塗りだというから立派だろう。
 一般的には市内の神社所蔵の絵馬は、白木に墨で描かれ、色が塗られたものもあり、江戸時代のものも多く、藩お抱えの絵師が描いたものもあるという。
 誰がどんな願いを込めて奉納したものか?と思うと庶民の生活が見えてくるような気がする 絵馬の見て歩きも楽しいかもしれない。   (浦川陽子)
by yoko1939 | 2014-04-06 22:02 | 歴史てくてく | Comments(0)