駒形自治会で三世代交流餅つき大会 獅子頭の門付け

昨日7日駒形自治会で三世代交流餅つき大会が行われた。
e0122199_22392041.jpg

まず、子ども会がお獅子を持って町内を門付けして歩く。400年の歴史を持つ町内にある駒形神社の前に神馬を守る人が7軒の長屋に住んでいた。南部藩主の命を受け江戸で芸を身に着け南部藩内を回り披露して歩いた。七軒丁神楽と言われていた。後には、お正月は地域を門付けをして歩いた歴史を受けて21年前から子ども会が町内の獅子頭の門付けに歩いている。
e0122199_22401089.jpg

今年も中国の留学生が器用な手つきで餃子を皮から作ってくれた。中学生が弟子入りした。こんな形で毎年外国人との交流も図っている。
e0122199_22403781.jpg

餅つき、
e0122199_2241225.jpg

水木団子つくり・・・1年間健康で穏やかな年でありますように・・・

おでん、焼き鳥、フランクフルト、甘酒、餃子・・・おもちも小豆やごま、きな粉、くるみ・・・
老人クラブ、子ども会、町内会の女性のみなさんが昨日から準備してくれていた。

子ども達からお年寄りまで交流して顔見知りになるとっても良い機会なのだ。
e0122199_2242533.jpg

今日8日の岩手日報に大きく掲載された。良かった。003.gif
by yoko1939 | 2017-01-08 22:09 | 木木レポート | Comments(0)

盛岡のまちと暮らし、岩手の自然を楽しむレポート


by yoko1939
プロフィールを見る
画像一覧