初めて会えた!ナツメの花


 夕方家へ戻ると小2の孫が「学校に忘れ物したから一緒にいって!」とせが
まれ学校へ・・・待っている間に校門前に「ナツメ」の木を見つけた。なんと
見たいと思っていた花をつけているではないか。はじめてお目にかかったがち
ょっと目立たない花で今までみすごしていたのも解る。
 ナツメは名のとおり夏に芽が出るところからついた名前だと聞いた。春周り
の木々が新緑で美しい時期に枯れてしまったのかと思うような姿をしているの
です。秋には周りの木が葉を落とした頃見事に赤い実をつけるので、そのとき
になって「この木何の木」と注目を浴びるのです。果実はりんごのような味が
するそうですが秋には試食してみよう。
薬効は滋養、強壮、消炎、利尿の効あり、薬用にする。熟した果実を日干しで
乾燥させ蒸す。それを再び日干しする。このままでも食べられるが、ホワイト
リカーに仕込み薬酒にすると、神経の興奮を鎮めて安眠が得られるという。(
e0122199_23265030.jpg
諸方出版「四季の山野草」から)
 まさか学校の木から実をとるわけにはいかないなー。
by yoko1939 | 2007-07-19 23:27 | 花・山だより | Comments(0)

盛岡のまちと暮らし、岩手の自然を楽しむレポート


by yoko1939
プロフィールを見る
画像一覧