子どもたちいっぱいの駒形神社お祭り・・・時代遅れのいじめ

e0122199_23402666.jpg

 昨日は大型台風襲来の予報で孫の小学校でも午前授業で帰ってきたが、いつのまにか弘前に行ってしまっていた。よけてくれてよかった。
 というわけで西仙北1丁目の駒形神社のお祭りも実質今日一日だけとなり、子ども会のお神輿が町内をまわり夜はお祭りを支えている青物町自治会と駒形自治会からの出店やおもちゃや焼き鳥などの出店あり、子供たちが店回りをして楽しんでいた。時代が変わっても祭りに集まる子どもたちの姿は変わらない。舞台では紅舞踊団の舞踊が披露され観客から拍手が送られていた。
 これらに先立ち12時から例大祭、その後直り会が行われたが仙北、本宮地区の議員が招待された中に、鈴木努議員がいなかった。訊ねたら「都南に住んでいるというので招待しなかった」というが、南仙北に住んで4年目、しかも仙北地区の議員として仙北社会教育福祉推進会や仙北体協の総会などに出席しているのだ。共産党だから・・・25歳だから・・・いじめられたのか?。駒形神社の神様は何とおっしゃるのかな・・・?
by yoko1939 | 2007-09-08 23:35 | 木木レポート | Comments(0)

盛岡のまちと暮らし、岩手の自然を楽しむレポート


by yoko1939
プロフィールを見る
画像一覧