こぶしの種はハート型 岩手公園パート1

e0122199_1341549.jpg
 
秋です。今年のこぶしの実に出会えました。岩手公園は、紅葉にはまだ早いの
ですが一足早く木の実を沢山見ることが出来る自然の宝庫です。
 写真の左がこぶしの実(正確には袋果が集まった集合果)です。これが枝に
ついたときはピンク色で花が咲いているのかと思うような綺麗な色ですが、春
一番に咲くこぶしの花からは想像できない形です。この実が丁度手のこぶしを
握ったときのような形からこぶしという名前がついたという。。10年以上前に
なるでしょうか、テレビでこぶしの実を観察している番組をやっていました。
こぶしのような実の上皮が乾いて中の実が顔を出し(写真右)、やがて実がプ
ラーンと糸を引いてぶら下がるのです(写真上)。子孫繁栄のため鳥が運んで
くれるようにと目立つようにということです。その赤い実を剥くとハートの種
が出てくるというのです。
e0122199_1343839.jpg
 次の日岩手公園のこぶしの木に飛んでいきました。あった!沢山落ちていま
した。拾って赤い実を引っ張ってみたら白い糸を引きます。剥いてみたら・・
・出てきた!黒いハートの種です。とっても幸せな気分でした・・・。以来こ
ぶしの実のとりこになってしまったのです。
 
by yoko1939 | 2007-10-01 13:30 | 花・山だより | Comments(0)

盛岡のまちと暮らし、岩手の自然を楽しむレポート


by yoko1939
プロフィールを見る
画像一覧