クヌギとカシワのどんぐり 岩手公園の秋パート2

e0122199_2263390.jpg
 
岩手公園の秋・パート2はどんぐりです。クヌギ(写真左)とカシワ(写真右)の木ががあります。 葉を見るとすぐに区別できますが、どんぐりだけ見るととてもよく似ており、殻斗(かくと)が長くそりかえったりんぺんに覆われています。クヌギのほうがまるく「おかめどんぐり」とも呼ばれているといい、カシワは1年で実を付けるがクヌギは2年かかる。そういえばクヌギのどんぐりを1個も拾えない年もあったなー。
 思い出して「落ち葉で調べよう どんぐりのいろいろ」という絵本を取り出した。「ナラやカシなどブナ科の木の実をどんぐりとよんでいる。シイの実や栗の実もこの仲間です。どんぐりの実る木には落葉樹と常緑樹があります」「どんぐりの花は5月ころ、若葉が出る頃咲きます。新しく伸びた枝の上のほうに雌花、下のほうに雄花の穂を付けます」なるほど・・・垂れ下がった沢山の雄花が風に吹かれて雌花につくというしかけなのです。コナラやミズナラなどは山で見かけることはあるが常緑樹のどんぐりは見たことが無い。どうやら暖かい地方の木のようだ。縞模様の殻斗のついたどんぐりを見たいものだ。
e0122199_226567.jpg
 上の橋際の県立中央病院跡地の公園前を通ったら、こぶしの実が綺麗なままで沢山落ちていた。本当にみんな形が違うのも面白くてまた拾ってきた。
by yoko1939 | 2007-10-02 22:13 | 花・山だより | Comments(0)


盛岡のまちと暮らし、岩手の自然を楽しむレポート


by yoko1939

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
木木レポート
盛岡を楽しむ
食と農
花・山だより
全国の町並み
鉈屋・大慈寺町界隈
温泉・旅
絵日記
くらしの楽しみ
てづくり工房
東日本大震災関連
歴史てくてく
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

フォロー中のブログ

最新のコメント

良かったですね しばらく..
by yoko1939 at 11:30
 初めまして。 もう自..
by エネルギー名無し at 04:06
びっくりしました。今年も..
by yoko1939 at 20:59
コメントありがとうござい..
by yoko1939 at 11:37
東京出身、在住ですが、家..
by hideki oomori at 21:05
ありがとうございます。 ..
by bbex162546 at 04:57
ありがとうございます ..
by yoko1939 at 11:37
初めまして、三友写真部と..
by bbex162546 at 03:42
虎舞笛吹さま 本当に不..
by yoko1939 at 21:45
管理人様 ご無沙汰して..
by 鵜住居虎舞笛吹 at 13:30

メモ帳

最新のトラックバック

くちこみブログ集(国内旅..
from くちこみブログ集(国内旅行)..
秋祭り~PART2
from 縁光の花暦 HANAGOYOMI

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧