ケンポナシ 岩手公園の秋パート3

昨日南仙北2・3丁目文化祭の後、あまりにも良い天気で仕事に向う途中岩手
公園に途中下車。家族出れなど沢山の人がちょっと早い紅葉を楽しんでいた。
時間がゆったりと流れているような気がしてのんびりできる。公園の愛称問題
でいまだに評判の悪い「盛岡城跡公園」だが、それはともかく貴重な遺跡であ
り、市民のオアシスとなっていることは確かだ。
e0122199_22541669.jpg


e0122199_22571842.jpg
 広場の西側にケンポナシの大木があるが、その下は落ち葉で敷き詰められ、その
上に実が沢山落ちていた。非常に変わった形をしており茶色の部分は食べられ甘く
子どもの頃は「アマチャ」と言ってたような気がするが良く食べた。
e0122199_22575095.jpg
その先に丸い黒玉がついているが、それをつぶすと黒茶色の光った綺麗な種が2~3個飛び出してくる。どんぐりや木の枝の人形を作るとき目にするととても可愛い人形が出来のです。木の実を拾っているだけで幸せになる秋の楽しみだ。
Commented by ai at 2007-11-04 18:26 x
けんぽなしをあれからかじってみました。
本当になしのような味がするのですね。
今度公園へ出かけて探してみます!
Tracbackはうまくとどかないようです(^^;。
Commented by yoko1939 at 2007-11-04 22:41
yoko-こどものころはおいしいと思って食べていましたがー
トラックバックはまだ研究中で、お返事もコメントにのってしまいました。
by yoko1939 | 2007-10-29 22:59 | 花・山だより | Comments(2)

盛岡のまちと暮らし、岩手の自然を楽しむレポート


by yoko1939
プロフィールを見る
画像一覧