盛岡市議会12月定例会での鈴木努議員の一般質問

e0122199_2259341.jpg

鈴木努議員の一般質問を傍聴。

来年4月から黒石野中学校で試行されるランチボックス給食について

 鈴木議員ー釜石市で始まっている「ランチサービス」を視察し、1食360円のう
ち食材費は180円で地場産品も使えず、生徒は「おいしくない」と喫食率は2割
に過ぎないことを示して、盛岡市の1食340円は、都南や玉山給食センターと比
較し妥当なのか、喫食率の目標、食育をどのように進めるのか。また、牛乳の
保冷庫の設置について質問。
 教育長は、340円のうち運営費に5円当てるが335円は食材費となる。喫食
率は目標は持たないが60~70%を期待している。牛乳保管庫は平成20年に
小学校が完了、21年には中学校が完了するなど答弁した。

介護施設の増設を!
 鈴木議員ー介護福祉施設入所待機者は1211人(07年3月31日現在)、う
ち在宅待機者が309人。政府が2011年までに介護療養病床全廃を決めて
いるが、市の介護療養型病床は10施設、334床あり、廃止されたら深刻だが
どう解決するのか。
 特別養護老人ホームは高負担となるユニット型が増えるが負担が軽い多床
室の施設から移行する場合低所得者対策はどうなっているか。
 グループホームにおいて介護ベットや福祉用具貸与に保険が適用されない
が、施設に入所している間に必要になった人に市で助成できないか
 老人虐待が増えているがその対応は?
 市長は、介護療養病床への対応は20年に作成する第4期介護保険計画で
対応する。
 保健福祉部長は、負担が増えて退所した人2人、継続入所できるよう施設で
相談に応じている。グループホームでの福祉用具等の助成は考えていない。
虐待問題の関係機関と連携して対応している。と答弁。

青年の雇用、正規雇用に努力を!

 鈴木議員ー市の雇用推進計画と実績を見ると全体では計画を上回っている
が、若者の雇用は17年20人、18年19人、19年12人と少ないが推進の方
向を示せ。
 ある誘致企業では266人の従業員中正規職員はたった1人という状況。正
規雇用を増やすよう雇用計画をださせるべき。市内に進出した企業の雇用形
態も調査すべきと質問
 市長は、青年の雇用を増やすため産学官の連携、企業誘致など雇用基盤
の強化と正規雇用を増やすため、企業団体だけでなく直接企業にも行く。
 商工観光部長は、10月実施の調査で市内の事業所の正規雇用が64.5
%で6年前より6・2%低くなっている。と答弁。

南仙北3丁目堤防整備を!
 鈴木議員ー南仙北3丁目の新川と北上川の合流地点は危険箇所となって
おり、9月の大雨の際にも避難勧告が出されたがどのような対策を講じるの
か。と質問
 総務部長は、堤防は未整備だが国土交通省河川事務所によると整備の予
定は無いという。市としては国、消防署や消防団と連携し対応図る。と答弁。

 傍聴者は20人近かった。努議員の活躍を注視している。がんばれ!
by yoko1939 | 2007-12-12 23:14 | 木木レポート | Comments(0)

盛岡のまちと暮らし、岩手の自然を楽しむレポート


by yoko1939
プロフィールを見る
画像一覧