街路樹の剪定 ユリノキが寒そう・・・

e0122199_23354329.jpg

数日前から西仙北1丁目交差点から向中野までの街路樹ユリノキの剪定が行われている。「工作に使うので枝をください」とお願いした。枝きりを見ているうちに驚いた。トラックから人が乗る台が伸びており、その上でユリノキの枝の下のほうからだんだん上の枝きりに向うのだが乗っている人が切りたいと思う場所に的確に動いている。動かしているのは誰かな?とトラックの運転席を見たら誰も居ない?。枝切りしている人が自分で動かしていた。「エー便利なものがあるんだね」と言ったらもう一人の枝を整理していた人がが「そうだよ」とよさそうな枝を選んでくれた。そして上から「これが一番上のだよ」と落としてくれた芯は枝は一番太く小枝もまっすぐに伸びていて木肌も綺麗だった。なるほど・・・芯の枝を中心にその下からはそれを囲むように枝が伸びるので下の枝が曲がっているのだ。まっすぐな枝を両手に一抱えもらってきた。
 枝を抱えて剪定されて寂しくなったユリノキを見ながら思い出した。大慈寺小学校の同級生で元気で腕の良い植木屋の同級生がいる。1年ほど前にはしごから落ちて首の骨を折って首から下が麻痺して入院。見舞った時リハビリしていると言ってたが、いくらかよくなっているかなー
by yoko1939 | 2007-12-19 23:36 | 花・山だより | Comments(0)