ついに大型店に足を踏み込んだ・・・高橋まゆみ人形展へ

e0122199_15312794.jpg

ついに封印をこじ開けてしまった。前潟のイオンモール盛岡に足を踏み込んでしまったのだ。評判の「故郷からのおくりものー高橋まゆみ創作人形展」を観るため、孫2二人連れてイオンモール盛岡に出かけた。最初からひどく駐車場に入るのに渋滞・・・初めて入ったから会場を探すのに一苦労。会場は狭いところに人人人・・・ゆっくり観れる雰囲気ではない。
 昭和期前半の農村の生活ぶりや畑仕事などおじいさんおばあさんを中心にした人形で、農家や畑、駅のホームなど故郷に帰ってきたような大々的なセットだ。感想を書き込んだノートを覗き見したら新聞報道されているように「亡き父母を思い出し涙がでた」「今は空き家になっている故郷に帰ってみたいと思った」などなど感動の声が寄せられていた。
 とってもすばらしい人形だがどうも感動できなかったのは、場所のせいかも知れない。なにせ大型店反対した立場で頑固に1回も訪れたことが無かった。それになんと疲れる。すぐに座りたくなる。椅子に座りながら考えたがどうやら空気が悪いような気がする。酸素が足りないのではないのかナー。こんなところによくもこんなに沢山の人が入っている。これでは商店街が寂れるのも当たり前だナー。
by yoko1939 | 2007-12-24 15:28 | 木木レポート | Comments(0)

盛岡のまちと暮らし、岩手の自然を楽しむレポート


by yoko1939
プロフィールを見る
画像一覧