ザゼンソウが顔を出した!小岩井の登録文化財

春分の日、彼岸の中日・・・家族でお墓参り。久しぶりの休みとなったのでそのまま小岩井農場経由でゆこたんの森まで足をのばした。

e0122199_2382548.jpg
 、ザゼンソウに会いたいと思い小岩井農場へ途中下車した。思ったとおり20個ほど顔を出していたが、花が咲いていたのは1個だけだった。「春だよ!こんにちわ」と言ってっている
 もうすぐミズバショウも咲きそうだ・

e0122199_2311587.jpg

e0122199_23122517.jpg
e0122199_23133787.jpg






   途中、国の登録有形文化財を3棟見ることが出来た。2つのサイロ・・1号サイロは明治40年竣工。日本国内に現存する最古のレンガ造りのサイロだという。2号サイロは明治41年竣工とあった。


e0122199_2320329.jpg

 2号牛舎は、明治9年のもので、搾乳牛舎は、いまだに現役で使われている。
 小岩井農場には明治36年に建てられた小岩井農場本部事務所の建物など11棟の登録有形文化財があり、どれもステキな建物だ。

 孫と連れ立ってのコースは、松ぽっくりでおいしいアイスを食べて、ゆこたんの森では林で囲まれた温泉につかって心身とも癒されてきた。

 しかもどちらも雛祭りのポスターを貼ってくれるようお願いしたら快く引き受けてくれた。
Commented by enkow at 2008-03-22 22:01
こんばんわ
春ですね~。東京では開花宣言がされました。
さっそく明日は近所の公園で撮影しようと思います。
岩手の春を告げるのはザゼンソウ(座禅僧)ですか~面白い形ですね。筍のように突如突き出てくるのでしょうか。
Commented by yoko1939 at 2008-03-24 12:09
 形や咲き方はミズバショウとよく似てます。和尚さんが衣を着て座っている姿に似ているからついた名前なそうです。色のせいでしょうかミズバショウより力強くみえます。中の黄色の部分が花なのです。ザゼンソウが消えかかるころ同じ場所にミズバショウが満開となります。北国の春は花の開花が一斉ですからうきうきです。・・・
by yoko1939 | 2008-03-20 23:26 | 花・山だより | Comments(2)

盛岡のまちと暮らし、岩手の自然を楽しむレポート


by yoko1939
プロフィールを見る
画像一覧