日本共産党が秋田で「日本農業の再生を考えるシンポジウム」

 大仙市大曲で開かれた「日本農業の再生を考えるシンポジウム」に参加。
身近に畑の先生や農業委員の方々から聞く農業の実態は年々深刻になっていく。特に昨年から実施した小規模農家の支援を打ち切る「経営所得安定対策」「品目横断対策」は米価の暴落が追い討ちとなって、すでに1年で破綻し、農家経営が立ち行かなくなっている。そして食糧自給率は39%に落ち込んだ。消費者にとっても重大な問題なのだ。

e0122199_0353458.jpg


 来賓に地元大仙市の栗林市長が挨拶「日本共産党の農業再生プランは農業の実態を正確につかみ良い提案だ。これをどう実行するかだ」とのべた。プランをじっくり読んだそうだ。会場には日本共産党員市長としてがんばっている鈴木湯沢市長も来賓として紹介された。お2人は最後まで参加していたのが印象的だった。おかげで鈴木市長と記念撮影できた!

e0122199_042640.jpg

 パネリストは秋田おばこ農協営農課長の小田島博さん、横手市の関合有機営農組合長の高橋康夫さん、岩手県生協連会長の加藤善正さん、日本共産党委員長志位和夫さん、司会者が高橋千鶴子さん。


 高橋さんからは「集落営農作ってやった結果が赤字だった」ということが話され、あらためて日本共産党の「プラン」の重要さすばらしさが浮き彫りにされた。
 志位委員長がその内容を発言。「①価格保障、所得保障の充実②農業やりたい人すべてに支援を行う③食糧主権を保障する貿易のルールの追求。④農業者と消費者の連携・




共産党は全国各地でシンポジウムを開くという。農業再生の大きな波を作りだせるよう期待したい。
by yoko1939 | 2008-04-20 23:24 | 木木レポート | Comments(0)

盛岡のまちと暮らし、岩手の自然を楽しむレポート


by yoko1939
プロフィールを見る
画像一覧