木の実がたわわに・・・


実りの秋・・・

 上の橋際の中央病院跡地の公園を通ると、木々には実がたわわ・・・
e0122199_15431992.jpg
 こぶしの実・・・こぶしのような形から名前がついたという丸みをおびたところが裂けて赤い実が顔を出す。それが白い糸を引いて下がり鳥にアピールし、子孫を残すそうだ。その赤い実を剥くとハート型の黒い種が出てくるから面白い。



e0122199_15435989.jpg
 ハクウンボク・・・春、実と同じようにぶどうの房のように白い花が咲く。薄緑の服を着ているがこの中から茶色の種が出てくる。










e0122199_1545472.jpg
 エゴノキ・・・春、やはり白い花が下向きに咲く姿は最初見たときは不思議に思えた。花と同じように実が下がる。実の服も中の種もハクウンボクと同じだが、大きさは半分くらいだろうか?

 秋は実を拾う楽しみがあるのだが・・・今年は選挙になりそう。
by yoko1939 | 2008-09-20 15:31 | 花・山だより | Comments(0)

盛岡のまちと暮らし、岩手の自然を楽しむレポート


by yoko1939
プロフィールを見る
画像一覧