西松建設20億円の裏金・・斉藤信県議が達増知事を追及

民主党小沢一郎代表の公設第一秘書が西松建設からの違法献金事件で逮捕
の前日岩手県議会で日本共産党の斉藤信県議が、民主党の達増知事の不可
解な政治資金問題について質問している。残念ながら全国町並み保存連盟理
事会で岐阜に出かけて傍聴出来なかった。

 
斉藤議員のホームページによれば、

 知事の資金管理団体「世界にはばたく岩手の会」の平成19年分の収支報告
書には、主たる事務所の所在地は花巻市材木町の知事秘書宅となっており、
事務所費が433万円余支出されているが、知事秘書宅には看板も電話も人も
いない。事務所の実態はどうなっているのか。

 事務担当者は知事秘書であり、連絡先は県庁の秘書課となっており、公私
混同ではないか。433万円余の事務所費は実際何に使われたのか。使途不明
金ではないのか。

 事務所費が使途不明金だとするなら、政治資金規正法上ではどういう問題と
なるのか。

 知事が民主党県連の会長だった03年から06年の4年間に、20億円の裏金
問題で社長までが逮捕された西松建設のダミー団体、新政治問題研究会から
800万円、未来産業研究会から300万円の政治献金を受けている。西松建設
の裏金からの政治献金は返還すべきものではないか。

 実際、岩手県の公共事業でも西松建設は花巻空港整備事業で65億円余、
簗川ダム建設事業で26億円余など96年度から03年度の間で193億円の
公共事業を請け負っている。透明・公正な県政運営の立場から毅然としたわ
かりやすい対応が求められているがどうか。
e0122199_14418100.jpg


達増知事は、
 「世界にはばたく岩手の会」は、私が知事に就任にした平成19年4月30日
付で、盛岡市中心部のビルから政務秘書宅に事務所を移動した。その後、
経理及び収支報告書作成の事務は政務秘書が行っており、収支報告書の
事務担当者欄には収支報告書の内容に関する問い合わせに応じられる者の
氏名・電話番号を記入することとなっていることから、政務秘書の氏名と便宜上
県庁秘書課の政務秘書の電話番号を記載している。

 事務所の実態については、政治団体の届出上の事務所ということであり、
現在は常駐の人を雇ったりしていることはない。

 「世界にはばたく岩手の会」の平成19年事務所費については、そのほとんど
が私が知事に就任する前の平成19年1月から4月までにおける事務所賃借
料と通信費である。知事就任後はレタックス代や携帯電話料金等の通信費が
主なものとなっている。

 政治献金への対応については、ご指摘のあった両団体からの寄付について
は、民主党岩手県連において対応が考えられるべきものと認識している。

 また平成8年度から15年度までの本県における公共事業の入札及び発注
については、適正に執行されていると承知している。

 との答弁だが、疑惑だらけ・・・

 献金を受けて大企業に物言えぬ政党では雇用問題をはじめ国民のくらしを
守る政治は不可能ですよね・・・
by yoko1939 | 2009-03-10 14:31 | 木木レポート | Comments(0)

盛岡のまちと暮らし、岩手の自然を楽しむレポート


by yoko1939
プロフィールを見る
画像一覧