サンシュユとアセビ

 三寒四温ですね・・・昨日から雪降り木々が綿帽子を被りました。春雪なので
すぐ解けてしまいましたが咲き始めた春の花は小休止です。
e0122199_15283990.jpg
 市役所までの用事のついでに岩手公園のサンシュユを観に行きました。
咲きかけたところに雪が積もったのでしょう「寒~い」といってるように蕾から
顔を出していました。

 確か2月頃まで赤い実をつけていたように思います。ある日突然鈴なりの
赤い実が一粒も無くなってしまうのです。そして3月末には花を咲かせてくれる
のですから楽しい木です。

 別名:ハルコガネバナ(春黄金花)、アキサンゴ(秋珊瑚)と言うそうですが
納得・・・

e0122199_15291950.jpg
 その隣にアセビ(馬酔木)の花が満開でした。

 馬が食べれば酔ったようになるというところからつけられた名前だと言い
ます。有毒植物で葉を煎じて殺虫剤とするそうです。人が食べたらどうなる
のかな・・・・
Commented by enkow at 2009-04-03 21:02
yokoさん、こんにちわ。お変わりありませんか。
寒さがまだまだ厳しい東北の地でも、このような白や黄色のかわいい花を咲かせるのですから、自然の生命力って素晴らしいですね。

東京ではやっと、桜が満開になりました。
日中は家の中より外に出た方が暖かくて気持ち良いです。
一足先に、春の到来を感じました。
Commented by yoko1939 at 2009-05-01 18:07
北国の春は百貨爛漫といいますが、今年はいつも早いこぶし、梅、桜がいっせいに咲き競いました。4月20日ころ桜が満開でした。
これから小岩井の一本桜が満開になるようです。
by yoko1939 | 2009-03-26 15:26 | 花・山だより | Comments(2)