カテゴリ:未分類( 114 )

鈴木努活動地域後援会が月1回発行のニュース「ひまわり」に、「歴史てくてく」を寄稿し1年たった。これまで掲載されたものを紹介する。今後は、発行された都度転載する。

3月11日、東日本大震災から二年目。震災後、犠牲者を悼み多くの方々が手を合わせている碑が盛岡にある。
 盛岡市愛宕町の正伝寺の境内に建つ明治二十九年の「三陸大海嘯(つなみ)難死者供養」碑だ。
 結構大きい碑で真ん中に「三陸大海嘯(つなみ)難死者供養」と刻まれ、その両脇に「明治二十九年丙日六月十五日{旧暦}五月五日午後八時海嘯(つなみ) 岩手県死亡者二五、四一三人宮城県同三、三一四人青森県同三四六人総計二九、〇七三人当山二十四世帯心水代」とあった。
 
e0122199_20404519.jpg

 碑の後ろに周って見たら、発起人と賛成者の名前が刻まれており、七回忌にあたる明治三十五年に建立されたものらしい。
 正伝寺の大黒さんに聞いたら「うちの寺の檀家は商売家さんが多い。沿岸に商売に行って犠牲になった方の関係者が建てたと思う」と話していた。
津波研究家の故山下文男さんによれば「青森県から宮城県にかけて沿岸には約二〇〇基あるが、内陸に津波の碑は珍しい」「岩手県の犠牲者は山奈宗真が調べた一八、一五八人が最も近い」という。正確な人数が把握できないほどの大津波だったことを実感させられた。
 今日も多くの方が花を手向けていた。「忘れないよ・・・」と手を合わせてきた。( 浦川陽子)
by yoko1939 | 2014-04-06 20:45 | Comments(0)


井戸と町家 7月11日(土)10:00~17:00
 平成の水100選・大慈清水御休み処1周年記念

大慈清水・青龍水の2つの井戸で
 鉈屋町流のトコロテン、上野豆冨店の寄せ豆腐をどうぞ・・・会費200円

●町家特別開放
 ★昭和の薬屋さん 鎌田薬局  3階建て地下もあるおしゃれな昭和初期の町家。
             抹茶&お菓子 500円
 ★町家カフェ 島村家   昭和の町家 
          ハーブティー又は珈琲&ケーキ 500円
 ★明治の旧料亭 川鉄 2階のお座敷が公開
             鰻御膳 1000円ほか
●町家常時開放
 ★明治の町家サロン ピッピ 木曜定休 珈琲、抹茶、お菓子 店頭価格
 ★明治の町家カフェギャラリー 大慈清水御休み処 水曜定休
 ★明治の町家もっきり 細重酒店 店頭価格
 ★町家改修サロン 旧八百倉家 毎週土曜日公開・改修相談
 ★惣門ギャラリー 日曜定休、珈琲・ココア等 店頭価格
    
記念イベント
●ハワイアンコンサート
  マウナハワイアンズ&ナタヤチョウフラガールズ
  場所:あさ開き 源三屋
  2回公演①12:00 ②14:00
  会費:500円
●まわり灯ろうつくり 要予約 626-2280
 場所:スペース鉈屋町
 日時:7/11(土)、12(日)両日2回講習:①10:00~ ②13:00
 会費1200円
●海野一枝・町家の人形展
 場所:旧八百倉家町家
 日時:7/11(土)~14(火)10:00~17:00
●前田千香子・しゃおしゃんの小さなお茶会
 日時:7/10(金)~12(日) 10:00~17:00(最終日15:00)
 会費:一席500円(お菓子付)
 内容:10・12日気仙茶、11日プーアール茶
 場所:大慈清水御休み処
●夏の陽ざしを楽しむ6人展 
 日時:7/10(金)~12 (日)10:00~17:00(最終日15:00)
 内容:豆っ子人形、創作布袋、革、木のおもちゃ、陶器、手づくり日傘
 場所:大慈清水御休み処
●海野経 挿絵原画展 日時:7/2(木)~31(金) 10:00~17:00 水曜定休日
 場所:大慈清水御休み処ギャラリー

●松尾町 海野経美術館鑑賞会 日時:7月18日(土)10時 大慈清水御休み処集合
 お話:海野 伸さん 「父を語る」 その後美術館へ移動(徒歩8分)
 会費:500円
by yoko1939 | 2009-07-06 20:28 | Comments(0)

松本源蔵蔵出し写真展ーその五-も残すところあと4日となった。
e0122199_22525942.jpg
 91年1月~1年間「街もりおか」の表紙を飾った写真展だ。キクヤカメラで蔵出し写真展を継続しているが、このシリーズがとっても素敵でお借りし展示させていただいた。

 町中の彫刻がこんなに素敵なものだったのか?と疑いたくなるような写真なのだ。それについている文章が写真を何倍にも生かしている。

 12枚のなかで一番好きな作品が、「笛吹き少年」舟越保武作ーだ。市役所の裏庭にひっそりと建っている。

 それを後ろから写し、しかも笛を吹いている像は雨にぬれ腕には雨のしずくが点点と・・


 文章が写真とすばらしく調和しメロディが流れるようだ・・・「彫塑をうしろから見ると 何か新鮮な感触がある。昔からの面影を伝える茣蓙九の塀が煙るような秋雨の中に 静かなただずまいをみせて それに少年の吹く笛の音が更に中津川の流れを美しく聞かせてくれる。・・・(後略
)・・・」本当に音色が聞こえて来るような気がしてくる。
e0122199_22555178.jpg

 これは祇陀寺の門前に立つ像に付けられた文章だ。違和感があった石造も見直してしまった。
 じっくり見たい写真展だ。
by yoko1939 | 2009-06-26 22:45 | Comments(0)

6日と13日まち並み塾御休み処のイベント「水彩スケッチ教室」を行い、鉈屋町界隈の町家やお寺のある風景をスケッチした。
e0122199_23311930.jpg

 経験者から初心者まで、親子3代で参加したかたもあり、狩野直子先生からデッサンの仕方や色の塗り方を学び、思い思いの場所でスケッチ。

 建物を画くのははじめて・・・とにかく鉈屋町を画いてみたいの思いで参加。岩手川第2工場跡地を画いて落ち込んでいる、小学生の女の子2人がのぞいて見て「私たちより上手いよ」とほめてくれ、元気を出して未完成だが色までたどり着いた。

 先生は旅んのスケッチ、食べものだけのスケッチなど沢山のスケッチブックを紹介してくれたが、それが何とも面白い。創作欲を湧かせてくれる。
e0122199_23321013.jpg

 最後にそれぞれ画いた思いを話し合い、作品の出来はともかく楽しいスケッチ教室だった。
by yoko1939 | 2009-06-13 23:20 | Comments(0)

盛岡まち並み塾のイベント「町家のおもてなし」は、盛岡の風物詩となっている6月13日(土)チャグチャグ馬っこの日と重なり心配したが、終日賑わいホッとした。
観光客も足を運んでくれたようだ。 

イベントは、大慈清水御休み処で松本源蔵さんの蔵出し写真展ーその五-と
e0122199_0453356.jpg
磁・木うつわ展










「水彩スケッチ@鉈屋町・町家」

旧八百倉では町家等整備助成制度説明会&相談会 

e0122199_0463153.jpg 
惣門ギャラリーでは「惣門糸の部屋」展









e0122199_047287.jpg

町家・特別開放では今回から参加した 鎌田薬局を目指す人が見られ町家開放が市民のみなさんに知られるようになって来たかナー お店は昭和の薬屋さんそっくりそのまま残っており、地下や3階など見学者が次々訪れていた。

e0122199_0513090.jpg
町家カフェ 島村家では盛岡のまち並みを描き続けた真壁次郎さんの絵が飾られた。







e0122199_0541823.jpg
明治期の旧料亭 川鉄ではすばらしいお庭を見ながらの鰻御膳が人気だ。
また、京都から取り寄せの御菓子は毎月違うもので楽しみ・・・今月は抹茶あんの葛餅で初夏の味で美味しかった。



 
e0122199_0553545.jpg
町家常時公開の 町家サロン ピッピさんにはチャグチャグ馬っこを見た観光客が大阪からも訪れるなど賑った。
by yoko1939 | 2009-06-13 00:42 | Comments(0)

岩手山麓工芸会のメンバーの佐藤勲さんと大沢和義さんの「ぶらり町家 ふらり
町家~磁・木のうつわ展~」が今日から(14日まではじまった。昨年に続き2回
目となる。
e0122199_1125517.jpg

 展示の仕方がとてもセンスが良くって町家も器も引き立つ・・・





e0122199_11282781.jpg

 このアングルは御2人の案内はがきに載っていたものをまねした。

e0122199_1129817.jpg
 タンスの引き出しも活用された。

 盛岡まち並み塾6月のイベントが少なかったのでイベントにあわせて急きょの
うつわ展となった。

 御休み処や鉈屋町がもっとにぎやかさになってほしいと協力していただいている。
感謝・・・。いろんな方々に支えられて 運営している
 
by yoko1939 | 2009-06-12 11:16 | Comments(0)

盛岡まち並み塾の6月イベントお知らせ

">「町家のおもてなし」  
6月13日(土)
 10:00~17:00

町家・特別開放
 
 昭和の薬屋さん 鎌田薬局 昭和の町家
            抹茶&お菓子 会費500円

            昭和初期のおしゃれな3階建ての看板建築を見学できます


 町家カフェ 島村家 昭和期の町家
         ハーブティ、珈琲&手づくりケーキ 会費500円

 旧料亭 川鉄 明治期
       うなぎ御膳1000円ほか
 
      2階のお座敷が公開されます
      予約も受け付けます 019-626-2259


町家常時公開
 町家サロン ピッピ 明治の町家 
         木曜定休 ℡019‐626-2280
         珈琲、抹茶&お菓子 会費500円

 町家カフェギャラリー 大慈清水御休み処 明治の町家
         水曜定休 ℡019-622-8989
珈琲、紅茶など 会費200円

 町家もっきり 細重商店 明治の町家
          各種店頭時価

 町家改修サロン 旧八百倉家 明治の町家
            毎週土曜日公開

 カフェギャラリー 惣門ギャラリー 日曜定休
            珈琲、ココア等 店頭時価
   
 

イベント 
水彩スケッチ@鉈屋町・町家  10:00 大慈清水御休み処集合

 狩野直子先生の指導で町家の風景を。雨天の場合は町家の中をスケッチ・・
 初心者大歓迎。1日で完成させます。できばえはともかく 楽しいです!

   会費 2500円 (昼食・飲物付)  
   詳しくは 大慈清水御休み処℡019-622-8989


~ぶらり町家 ふらり町家~ 「磁・木のうつわ展
 大沢和義(磁器) 佐藤勲(木・漆)

 岩手山麓工芸会のメンバーの2人展

 6月12日(金)~14日(日) 10:00~17:00

 大慈清水御休み処


町家等整備助成制度説明会&相談会 
 6月13日(土) 13:30~
 旧八百倉家


「惣門糸の部屋」展
 6月8日~13日(土)
 ギャラリー惣門

松本源蔵「蔵出し写真展~その五~056.gif 
 91年1年間「街もりおか」の表紙を飾った作品。
 説明文が好評です。 

 6月1日(月)~30日(金)
 大慈清水御休み処ギャラリー


7月のお知らせ

 7月11日(土) 「井戸と町家」  
 7月1日2日(木)~31日(金) 海野径絵画展
by yoko1939 | 2009-06-11 11:43 | Comments(0)

 「やったー!盛岡市がついに鉈屋町界隈の道路整備をあきらめたー!!」

 商店街も盛岡らしいまち並みもつぶしてしまうと反対の声が大きかった幅
28㍍もの大型道路をつくる盛岡駅南大橋線(盛岡駅~南大橋)。その一部、
南大通~神子田食堂までが廃止となったのです。鉈屋町の町家とまち並み
が残りました。
e0122199_11573662.jpg

 盛岡市がやっと道路計画の見直しを公表し明らかになりました。

 1997年この道路計画に関わる3つの町内の住民団体から反対の陳情書が
出されて以来、住民の皆さんと一緒に「見直し」を主張してきた運動の成果です。

 盛岡らしい鉈屋町の町を残したいの一心で6年前、「道路整備に賛成、反対
の方もいる、まずこの町の良さを地元の方にも市民にもわかってもらおう」と
鉈屋町界隈の方々や市民、建築士等に呼びかけて「盛岡まち並み塾」を立ち
上げ6年間旧暦の雛祭り、井戸と町家など毎月イベントを繰り返し鉈屋町に賑
わいを取り戻し、観光客も増えてきました。
e0122199_1262177.jpg

 住民のみなさんとともに12年ものタタカイでした。いろんな事が思い浮かび
ます。

 でも、でもーーー市は全部あきらめたわけではなく、大沢川原は工事進行中。
中津川に斜めの橋をかけて馬町は計画は消えていません。

 鉈屋町のまちづくりをどうするか、馬町の道路計画をどうするのか、これからも
タタカイが続きます。盛岡らしいまちを求めて・・・
by yoko1939 | 2009-05-13 11:51 | Comments(0)

盛岡まち並み塾の5月のイベントはお雛祭りの疲れが出たか準備不足だったがいつものように楽しくやれた。
e0122199_2152372.jpg
鉈屋町界隈樹木めぐりは岩手植物の会理事の亀山喜作さんのガイド・・・円光寺では夫婦かつらどちらが雄か雌かの解説や雌の木のてっぺんに桜の木があるが多分鳥の仕業だろう。枝垂れ梅には実がなっているよなど楽しい説明。



e0122199_2156496.jpg
 月1回イベントの日だけ開放され鰻ご膳が人気の旧料亭かわてつではお庭の松などの説明





e0122199_21571057.jpg
 大慈寺では八重桜がまだ咲いていた。







e0122199_21575493.jpg
かえでの花、つげなどの説明。






e0122199_21584490.jpg
 大慈寺小学校では市保存樹木になっている「ノニレ」は黄緑の種をつけた花がいっぱい落ちていた。先生は「ハルニレ」だと思うという。次回までに解明してきていただくことになった。

 今回は4ヶ所しか回れなかったが先生は、事前調査して樹木の一覧表を作ってくれた。この4ヶ所だけでも100種類以上の種類があるという。あらたな発見・・・

 それにしても大慈寺小学校のノニレは樹齢70年以上だという・・・ということは小学時代に見ていたはずなのだが?・・・記憶がない。

 この日スペース鉈屋町では「みんなで歌おう盛岡の歌」を細田富士子先生の指導で行われ、旧八百倉家では山口一夫さんの「男の逸品家具展が行われました。
by yoko1939 | 2009-05-09 21:48 | Comments(0)

雛祭りの後の静かな御休み処・・・

 コダックフォトクラブの「鉈屋町界隈」写真展が5月12日までおこなわれる。

 12月に鉈屋町界隈の撮影会を行ったときの作品を中心に鉈屋町界隈の豆冨屋さん、雑貨屋さんの店先や旧岩手川の町家などなど鉈屋町らしさがあふれている。
e0122199_12251454.jpg
 藤村家の前を若い二人が歩く光景は微笑ましい。






e0122199_12255110.jpg
 2人の子どものお地蔵さんがお母さんの足元に抱きついている写真には「千手院」という題名が付いている。「えーこんなお地蔵さんがあったっけ?」と・・・いつもみなれた光景が違う風景に見える。さっそく千手院へ見に行った方もあった。
by yoko1939 | 2009-04-16 12:20 | Comments(0)