カテゴリ:花・山だより( 195 )

素晴らしい!上坊の一本桜

友人たちと八幡平を目指す途中、上坊牧野を通過した。道路わきに車が並んでた。目指すは一本桜。「ワー満開だ!きれいだー」一斉に声が上がる。三脚でカメラを構えている。
e0122199_22221863.jpg

青空にくっきり裏岩手山・・・そしてその前に一本桜が咲き誇っている。昨日降った新雪が岩手山を一層美しく見せている。
e0122199_22224398.jpg

NHKの朝ドラ「どんとはれ」で小岩井の一本桜が有名になり、観光バスが押し寄せているが、こちらの一本桜も負けないくらい素晴らしい。今日の日に出会えて良かった。
by yoko1939 | 2012-05-13 21:08 | 花・山だより | Comments(0)

万寿山はミスミソウ、イワウチワが満開

川久保病院に隣接している盛岡医療生協の健康施設のメディカルフィットネス La・La(ラ・ラ)の利用者の方々にご一緒させていたき花巻市の万寿山に行ってきた。
e0122199_22182823.jpg

大温泉のバス停の向かいの民家の間を抜けていくと1本道。いきなり急登になるが、登山道に途切れなくカタクリ、オウレン、イワウチワ、ショウジョウバカマ、ミスミソウと山野草ロードが続き楽しい山だった。案内してくれたDさんの話では、1週間前はカタクリが咲いてなかったという。良い時に来たんだーラッキー!
e0122199_22194884.jpg

ミスミソウは岩手の山で自生しているのは万寿山だけという。初めて出会えた愛らしい花。白とピンクがあり、
e0122199_22201380.jpg

ピンクは良い香りがするが、白は匂わなかった。どうしてなのかな?
e0122199_22203613.jpg

いたるところにあるミスミソウロードには感激!
e0122199_2221186.jpg

ショウジョウバカマロードも見事!
e0122199_22212774.jpg

色も濃くて元気をもらう。
e0122199_22215551.jpg

電力の鉄塔まで約30分。ここから周りの山々を見渡せる。目の前にクロモジの花が咲いていた。
e0122199_22221846.jpg

足元にシュンランも咲いていた。
e0122199_22224164.jpg

5分くらいで頂上に到着するが木で囲まれ展望が悪い。

別のコースをとって下山。のぼりより緩やかだったが相変わらず花が見送ってくれる。

温泉街のやまゆりの宿の裏に下山し玄関前を通過し道路に出る。登山口も下山口もちょっとビックリ・・・

急登を上るが登山道は歩きやすくて好きになった。また行こうーと。
by yoko1939 | 2012-04-29 21:24 | 花・山だより | Comments(0)

21.1度で百花爛漫

今年は三寒四温が何回も繰り返され、春がやってきた。今日の最高気温が21.1度で、あちこちの桜が咲き始めた。
e0122199_15444736.jpg

真っ白のモクレンが青い空に映えている。すぐに黄ばむので一瞬の美だ。
e0122199_15455297.jpg

我が家のミニミニ花畑に今年も忘れずカタクリの花が1輪咲いてくれた。
e0122199_15462741.jpg

色が濃くてきれいなスミレも去年よりも少ない気がするが咲いた。スミレ寒天作れるかなー。
毎年のことながらうれしい春だ。
by yoko1939 | 2012-04-25 15:26 | 花・山だより | Comments(0)

やっと春の花が次々と・・・

春の陽射しがやってきた。岩手山も柔らかな春色になってきた。

陽気につられて1日中用事を見つけて走り回った。その途中春の花を見つけては車を降りてデジカメでパチリ058.gif気持ちまで春気分になっている。
e0122199_2116144.jpg

向中野で広大な敷地の中でお住まいのNさん宅ではシダレカツラの花が咲いていた。
e0122199_21164481.jpg

仙北2丁目の長松寺ではきれいな紅梅が3分咲きだった。
e0122199_21171574.jpg

岩手公園の菜園側の石垣前にはサンシュウユの並木が黄色の花が満開だった。
e0122199_21303768.jpg

その向かいにはトサミズキの花が咲いていた。
e0122199_2118245.jpg

このトサミズキは、南部藩の米蔵「彦お蔵」があった場所に植えられたもの。蔵が道路拡幅で岩手公園内に移築されたとき、跡地に記念碑建立とともに植樹されたものだ。
e0122199_21192889.jpg

このトサミズキの垣根は、この時期黄色の花をつけた時にだけ目立つ場所になっている。花と一緒に実がはじけたからとがぶら下がっているのも面白い。
by yoko1939 | 2012-04-21 20:43 | 花・山だより | Comments(2)

小さな春見つけた!

母がお世話になっている施設へ昼食時に食事介護へー話もできないので食事介護と車いすでの散歩が会話の代わりになる。時々食事を詰まらせては職員の方々にご迷惑をかけているが、食べるのだけが楽しみなので、負担になるだろうなーと思いながら口からの食事を継続していただいている。
e0122199_18505135.jpg

施設の帰り道、施設の法面に小さな春を見つけた!キクザキイチゲ
e0122199_1851161.jpg

タンポポ
e0122199_18514092.jpg

オオイヌフグリ
e0122199_185278.jpg

カッコウ(ノカンゾウ)
e0122199_18523468.jpg

ふと後ろを見たらーー先日職員の方から聞いた強風で屋根が吹き飛ばされたアパートが目の前だった。地震も怖いけど、風も怖ーい。

夜、摘んできたノカンゾウを湯がいて酢味噌あえで食べた。しゃきしゃきしておいしかった。摘み草は元気をくれる貴重な食物だ。どうやら膀胱炎に良いらしいが、若芽でないとおいしくないから春だけの楽しみだ。
by yoko1939 | 2012-04-14 16:47 | 花・山だより | Comments(0)

やっと春が来た?

やっと春が来た!今日の最低気温0.4度、最高気温が14度で体感温度もやっと寒ーいから脱出できた。
e0122199_22134543.jpg

北向きで春が遅い我が家のミニミニ庭にもやっとフクジュソウが咲き、
e0122199_22142335.jpg

ショウジョウバカマがピンクの花が頭を出した。

早く薄着して軽くなって歩きたいなー
by yoko1939 | 2012-04-10 22:03 | 花・山だより | Comments(0)

明治橋から早池峰山が!

寒~い・・・総合福祉センターで市町内会連合会主催の防災についての研修会が終わって外に出たらまさに冬!!最高気温が4.1度だったという。
e0122199_14202233.jpg

娘に迎えに来てもらい車で帰る途中明治橋から南のほうを見たら「早池峰山だ!」手前の山はもう日陰っているのに早池峰山だけが夕日をうけてピンク色に染まり浮きでたように輝いている。神々しいというのかな・・・・

明治橋から見える早池峰山は、手前の山がまだ雪が積もらない初冬と、雪が解けた早春にとてもはっきりと現れる。1年中同じ場所にあるはずなのだが・・・。

だけど・・・今日の早池峰山は特別だった。今日も神様からの贈り物をもらった・・・
by yoko1939 | 2011-11-25 13:59 | 花・山だより | Comments(0)

彩雲が岩手山を横切った・・・

雫石からの帰り道のこと・・・虹だ!!と思ったら動いている?
e0122199_23544371.jpg

岩手山の中腹を、確かに西から東の方向へ動いている。あっという間に東に消えていった。
e0122199_23551175.jpg

彩雲だったんだー。一瞬のことだったがとっても良いものに出会えた。
by yoko1939 | 2011-10-23 23:58 | 花・山だより | Comments(0)

実りの秋 その3 カリン・クヌギ・マンサク

e0122199_23342784.jpg

町内の児童公園の木に実がついた。カリンだった・・・。いままで全然気がつかなかったナー。どんな花が咲くのか来春が楽しみだ。

近所の広域公園はいつも子どもたちの声がするにぎやかな公園だ。遊具もあり、広場が結構広い。小山があり、そこにはいろんな木があり年々大きくなってきている。
e0122199_23351798.jpg

クヌギがどんぐりをつけていた。岩手公園にあるクヌギは大木で見られない、枝についているどんぐりが見ることができる。クヌギのどんぐりはまん丸でかわいらしい。このどんぐりに目をつけて、手足をつけて、帽子をかぶせたら・・・面白いなー。
e0122199_23354941.jpg

春一番に咲くまんさくにも実がついていた。この実が口をあけると黒い種が2つ出てくる。口をあけるときパーンと音がするそうだ。聞いてみたいものだ。
by yoko1939 | 2011-10-18 23:32 | 花・山だより | Comments(0)

富士山に1142回登って盛岡に来てくれたー実川欣伸さん!

富士山登頂日本一の実川欣伸さんを久しぶりに盛岡へお招きできた。2泊3日の日程で実川さんと一緒に岩手の山を楽しもうという、とっても贅沢な計画なのだ。

突然「盛岡に来てください」とこちらで日程を決めてお願いしたら、快く受けてくださった。何回か携帯で連絡を取り合ったが、いつも富士山にいた。それもそのはず・・・1年間に200回登頂を5年間継続目標をもって今年は4年目。今年は天候不順と多忙で11月23日までにあと80回登らなければならないというきつい日程をさいてきてくれたのだ。
e0122199_1637215.jpg

8日はお昼近くに到着。八幡平のEさんの別荘で歓迎会の計画。それでは実川さん物足りないだろうと、午後2時ころから健脚のEさんと茶臼から八幡沼まで登ってもらった。私は茶臼口まで見送りだけ・・・紅葉が始まっていた。
帰ってからの話によるとー「この下は沼なんですよ」という説明にも、何も見えないミルク色の世界の中の八幡平だったと笑っていた。

夜は、料理上手なSさんに腕を振るってもらい、栗ご飯と芋の子汁。もちろんおいしい!芋の子と栗は突然参加できなくなったKさん自家製の差し入れ。そろぞれ持ち寄りの珍しいおつまみなど沢山!私の畑で午前中採った枝豆は好評だった。

実川さんの話より食べ物の話の方が多かったかナー。それでも久しぶりに会えて、それぞれ実川さんとつながったときの話や初めての出会いの方2人をふくめ大いに盛り上がった。「7日も富士山を2往復して1142回になった」との話に「スゴーイ」と歓声があがる。日本山岳会から12月に「富士山1111回登頂」で表彰されるとのこと。
e0122199_16404071.jpg

「富士山に1000回登りました」という本を発行。背負ってきてもらい、みんなサインしてもらって買い求めた。日経プレミアシリーズとして日本経済新聞出版社発行、定価850円だ。うれしいことに岩手の人たちとの交流のことに触れられ、私のブログのことも紹介していただいている。

9日は七時雨山へ。

すばらしい晴天。しばらくぶりに来たら変わっていた。七時雨山荘の上のほうに、立派な駐車場とトイレができていた。柵が廻された牧場の中を牛の糞を踏まないように気をつけながらしばらく歩いく。
e0122199_16425685.jpg

青い空と緑の牧草はストレスも飛んでしまうような良い気分。こんな気持イイー牧草地の中を歩いて登山口に向かう。実川さんも「良いところですねー」と。

この山は落ち葉で山道がふかふかで弾力があり身体にやさしい山で大好きな山だ。途中1合目~9合目まで標識があって励ましてくれる。尾根があったり下りがあったりの変化も楽しい。かえでの紅葉が始まっていたが、時々出会う花や木の実が疲れを癒してくれる。
e0122199_1644247.jpg

アザミがまだ咲いていた。
e0122199_1646516.jpg

まだ子供の木なのにマユミの実が1個ついていた。可愛い・・・

ゆっくり私の足に合わせてもらって実川さんの話を聞きながらの山登りは楽しい。富士山でのさまざまな出会いについて聞かせてもらった。30代の男性2人が途中で苦しくて下山しようとしていたところに出会い、呼吸法や歩き方を教えながら歩きついに頂上に到着。2人とも涙をポロポロこぼして感激していたという。
e0122199_16492846.jpg

七時雨山の頂上に到着!ばんざーい!1060㍍。頂上はにぎやかだった。気持ち良い山登り。夕べの栗ご飯のおにぎりがおいしかったナー。
e0122199_16502449.jpg

帰りは牛が放牧されてのどかな風景。牛さんと牧場の持ち主に感謝しながら歩く。
下山して七時雨山荘へ。売り切れては困ると思って予約してもらっていた洋ナシケーキをコーヒーつきで・・・シアワセ・・・

実川さんと富士山と盛岡を結び付けてくれたSさんに会いに行った。今回の実川さん来盛で、病気で元気がないSさんが少しは元気を取り戻してくれるかなー思って計画した。Sさんは「次に来るまで元気になってるから・・・」と話していた。

夜は、矢巾のKさん宅で、Kさんの息子さんが作ってくれたおいしい芋の子汁をご馳走になりながら、実川さんと山のお付き合いをしてきたM子さんも加わり懐かしい話がたくさん飛び出した。



10日  実川さん石井スポーツの「焼山ツアー」に参加

3日目は石井スポーツ募集の「焼山ツアー」に参加してもらった。とても体力に自信がないので、富士山に一緒に登ったFさんに案内役をお願いした。

夜行バスに見送りにいった。
なんということだー後生掛温泉から玉川温泉に抜けるコースだが、3分の2ほどいったところで「落石で通行禁止になっている」という情報で引き返してきたという。どうなってんの?せっかく沼津から来てもらったのに・・・
でも実川さんは、バスの中で主催者が実川さんを紹介してくれ、挨拶させてもらったと喜んでいた。

10時半発の東京行きのバスに乗り込んだ実川さん、明日は午後からまた富士山に登るという。すごい人だ。3日間のロスを取り戻せますように・・・と願った。

「もう一度富士山に登ってみたいなー」と言ったら実川さんは「登ろうと言う気があれば大丈夫だよ、来年来てください」といわれた。来年の楽しみがひとつ増えた!
by yoko1939 | 2011-10-10 16:26 | 花・山だより | Comments(0)

盛岡のまちと暮らし、岩手の自然を楽しむレポート


by yoko1939
プロフィールを見る
画像一覧