ででむしまつり
e0122199_23521979.jpg

 新明町の障害者共同作業所ででむし夢工房で「ででむし祭り」が行われた。
障害者や家族、ボランテアさんたちが作った作品などが即売されていた。
 輪投げゲームも手作りのものだ。学生時代にボランテアをやっていた方が青
森の教員になっても毎年この祭りに駆けつけてくれるという。温かいものが伝
わる祭りなのです。

盛岡医療生協第28回「健康まつり」
e0122199_23524651.jpg

 津志田小学校で行われた「健康まつり」に参加した。子どもから高齢者、車
椅子の方まで参加し終日にぎやかでした。校庭の周囲いっぱいにテントが張ら
れ、食べもの屋さんが多く出店。留学生によるネパールや中国など各国の珍し
い料理に誘われ買いこんでお腹いっぱい。フリーマーケット、こどもの広場や
ゲームコーナーなどあった。、中央舞台も、盛岡四高ブラスバンド、アルパ演
奏、フラメンコ、さんさ踊りや組合員の出し物が次々と披露され多彩な催しだ
が横目で眺めてきた。参加者も多かったが、出店、出演者も多かったナー。

 
by yoko1939 | 2007-09-30 23:53 | 木木レポート | Comments(0)

いわて 子どもの森

e0122199_23561720.jpg

娘が夜勤明けでチビギャングがいては寝むれるような家環境ではない。予定を返上して一戸町の県立子どもの森まで足を伸ばす。何でこんな遠くに建てたのか?と言いたくなるほど山の中だ。そういえばここは奥中山・・・突如立派な建物が現れた。建物の中でも楽しめるが、屋外の施設がまたすごい。全部回りきれないうちに時間になってしまった。さすがのチビギャングも、おもいっきり体を動かせて充分楽しんだようだが、老体は山や階段の上がり下がりはつらいものがあり、孫に「ばあちゃん遅すぎ、何のために山に行ってるのー」と叫ばれた。
e0122199_23564693.jpg 
 歩いているうちに珍しいものを見つけた。ほうの木に赤い実がついていた。花も大きいが実も大きく、こぶしの実を大きくした感じだ。いつも地面に落ちてグロテスクな姿でしか見られなかった。
 このごろ孫にお付き合いして、滝沢森林公園、森林ふれあい学習館など県立の施設を利用させてもらっているが立派でよく完備されている施設が多い。せっかくの施設大いに利用したほうがいいなー。
 
by yoko1939 | 2007-09-29 23:53 | 花・山だより | Comments(0)

e0122199_12293059.jpg
 我が家の裏のミョウガが花を咲かせた。蘭の花のような黄色の花が好きで花を楽しんでいますが、食用としては花を咲かせてはだめなようです。
 畑のオクラとミョウガ、キュウリは頂き物で全部畑直のもので、みじん切りにしつゆの素か醤油ゴマで味付けしてふりかけにして食べました。夏ばてに効き目がありそうと思ってやっていますが今年のものは特別おいしいです。
 いつもの「食べものはくすり」を開いてみたら
ミョウガの薬効ー熱を解く。夏に熱が体にこもったときその症状をおさえる。おできも症状を抑え解読する。かぜのときは刻みミョウガに醤油か味噌で味付けし熱湯をそそいで飲むと効果あり。不眠にも効果あり、鎮静作用もあり、心が落ち着き、ぐっすり眠れるといいます。
 刻んで冷凍しておけばいいというのでやってみました。
by yoko1939 | 2007-09-26 12:30 | 食と農 | Comments(0)

e0122199_22182795.jpg
鈴木努議員の一般質問を傍聴した。傍聴者は、6月の初質問よりだいぶ少なくなったが、それでも十数人。大きな励ましになるだろう。
 内容は、後期高齢者医療制度について、問題点を細かく質問していた。●後期高齢者の診療報酬を別立てにし差別を付けようとしているが、病院追い出しが一層強まってしまうが、国に意見を。●前期高齢者の国保税の年金からの天引きは生存権を侵すものだ。市としても対応を。●各県に「在院日数の短縮」「在宅看取り率向上」などベット数を減らす計画策定を押し付けようとしているが見直しを国へ要請を。●現役世代の給料明細に「支援金」分を明示し、高齢者との分断政策を行おうとしているが見直しを。
 また、介護保険については介護従事者がまともに働けるように待遇改善を求めました。
 傍聴者は「後期高齢者医療制度は止めてほしいよね」と感想を話していました。
by yoko1939 | 2007-09-25 22:15 | 木木レポート | Comments(0)

草紅葉の八幡平

e0122199_2211475.jpg

午後から娘とチビギャング2人連れて草紅葉が報道された八幡平に出かけた。黒谷地から頂上をめざし、途中源太森で360度の山並みをみて満足。岩手山や青空の雲が綺麗だ。湿原の草紅葉は新聞報道の通りで青空との調和がなんともいえない。残念ながら紅葉は草だけで樹の紅葉はもう少し後になるらしいが、約2時間の気持ちの良いハイキングだった。天気もよかったせいかとてもにぎわっていた。
e0122199_22121327.jpg
 帰りの車の中からの岩手山の夕焼けは感動ものだった。写真の無いのが残念!
by yoko1939 | 2007-09-24 22:13 | 花・山だより | Comments(0)

子ども会が稲刈り

e0122199_22522100.jpg

南仙北2・3丁目子ども会が5月 日に田植えしたもち米の稲刈りが行われた。「稲刈り用の鎌で根元を切るのだよ」と町内会の役員のみなさんから教えてもらいながら、最初はぎこちない手つきの子どもたちもすぐ上手になり、あっという間に稲刈りが終わった。町内会・子ども会の役員は稲の束ね方を引き受けていた。教えてもらってはじめての挑戦したが、なかなか難しい・・・
 はせがけも良く干せるようにコツがある。何となく眺めていた風景も体験してみて初めてわかることばかりだ。
by yoko1939 | 2007-09-24 22:05 | 食と農 | Comments(0)

e0122199_221861.jpg

高橋千鶴子衆院議員がJR盛岡駅前で国会報告を聞きにいった。高橋議員は国会代表質問の開会直前の安倍首相の辞任についてあまりにも無責任な辞任だと批判。それに続く自民党総裁選についても「自民党の中のたらい回しでは、国民は置き去りにされる。解散・総選挙めざしがんばりたい」と決意を述べました。消えた年金問題の解決、あまりにもひどい障害者の自立支援法の見直しなど参院選で日本共産党が取り上げた問題が与党を動かしている。野党共闘を進めて実現の展望を切り開いていくと訴えました。
 安倍首相の辞任にはあきれるばかり・・・「こどもよりひどい」の声もでるほど。総裁選も国民不在。参院選で国民が下した審判は自民党の政治ではもうダメ!です。共産党大きくなーれ。
by yoko1939 | 2007-09-21 21:58 | 木木レポート | Comments(0)

新婦人麦の会班で「後期高齢者医療制度」について話してというので、にわか勉強をし出かけた。知れば知るほど腹が立つ内容で、元厚労省局長で大阪大学教授の堤修三氏が「うば捨て山」と批判したというが、そんな声がおおきくなって止めさせたい制度だ。
 簡単にいうと,75歳以上の方は今加入している保険を脱退させられ、家族の扶養になっている方も切り離され「後期高齢者医療制度」に強制加入させられ、保険料を徴収されるもの。保険料は、介護保険料と同じく月1万5千円以上の年金受給者からは年金から差し引くという。差し引かれない人は自分で納入するが、滞納すれば保険証を取り上げられる仕組みが作られた。
 この制度に便乗して前期高齢者(65歳~74歳)の保険料まで年金から天引きするというのです。
 しかも、受けられる医療の制限も検討されている。アメリカと同じ「包括払い」といって1ヶ月の治療費の上限をきめその範囲でしか保険が利かなくなるという差別医療が行われようとしているのです。病院追い出しが今より強まり、必要な医療さえ受けられなくなることになります。
 「年を取ったらさっさと死ね!ということだね」という集まった方々の感想でした。国民がよく理解しないうちに08年4月1日から実施される。
 
e0122199_12212890.jpg

写真は集まりとは関係ない。地場産というので珍しくて買ってみたが、柿に見えるのがトマト。やっぱりトマトの味がしておいしかった。白と緑のナスは焼きナスにしてみたら皮が剥きやすくて味も変わらなかった。
 
 
by yoko1939 | 2007-09-20 12:11 | 木木レポート | Comments(0)

萩が満開

e0122199_22364412.jpg

7月中ころ我が家のチビギャングに家の前の萩を邪魔だと称してばっさりと切られてしまった。今年は花が見れないのかとがっかりしていたら小さな枝が沢山出てきてピンクの綺麗な花が満開となった。孫は枝を切ったことさえ忘れている。
 秋の七草として知られているが、「万葉集」にはハギを詠んだ歌が141首もあり、草木中万葉歌人に好まれた植物で、「徒然草」では家に植えておきたい木の一つに数えられているそうだ。風流な花・木なのだ。
 チビギャングよ邪魔にするでないぞ!
by yoko1939 | 2007-09-19 22:33 | 花・山だより | Comments(0)

e0122199_23265522.jpg

お祭り大好きなのに今年の秋祭りは残念ながら不在になる。せめて・・・と紺屋町の19年ぶりに復活したという丁印を見に出かけた。
 江戸時代盛岡八幡宮祭礼行事に神輿の後に城下23町内から丁印と山車が参加し城下を練り歩いたという。「紙町鍛冶町丁印」は高さ3㍍、幅2.88㍍、奥行き3.04㍍で総黒漆塗り、表面は合掌組みの、唐破風(からはふう)造りで四本柱の御殿様式。飾りは金箔張の高欄をめぐらしている。人形は中国漢の功臣である張良が、黄石公から兵書を授かるという場である(紺屋町丁印保存会の説明書より)。屋台は江戸時代のもので人形は当時のものを復元したというが見事な修復だ。
 今年市に寄贈された川原町鉈屋町の丁印(市指定文化財)は、当時のままの姿で中央公民館の郷土資料館に展示されているが、江戸時代の丁印が2台になったのはうれしい限りだ。
by yoko1939 | 2007-09-12 23:24 | 盛岡を楽しむ | Comments(1)