<   2008年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧


 紫波町の村上充議員から携帯電話の鉄塔が建ってから体の調子がおかしくなって深刻な状態の人がいるという知らせが届いた。
 
 盛岡市で鉄塔建設反対運動に取り組んだWさん、電磁波障害をもっているMさんと一緒に村上議員と共に被害を受けている方のお宅を訪ねた。

 連絡の行き違いがあり、ご本人は不在だったがお母さんにお会いしお話を聞いてきた。
e0122199_1172965.jpg
 現地に行って驚いたが、なんと鉄塔と家が4~5㍍しか離れていない。目の前に40㍍の鉄塔だ。ものすごく圧迫感を感じる。

 お母さんのはなしによると、息子さんは玄関出れば鉄塔に圧迫感を感じて出れないため勝手口に屋根をかけて見えないようにして出入りしているという。「胸が苦しい、耳鳴りがする、頭が痛い、眠れない」と訴えているという。

 同行したお2人は「電磁波障害と同じ症状だ」という。

 お母さんには症状が現れていないという。人によって違いがでるので難しいが、ご本人は深刻なのだ。

 盛岡市では住民運動の成果で、第1種住宅地には建てられないという条例を作らせた。本宮や西仙北では鉄塔建設をやめさせた経験も持っている。  

e0122199_1181714.jpg  
 携帯電話の機能が良くなればそれだけ電磁波が強くなり、被害者も増えてしまう。政府は身体への障害は明らかになっていないことを理由に何の規制もないが、世界的には発がんの原因だと指摘する流れが大きくなっている。
 イギリスなどは法律で15歳以下の子どもには携帯電話を持たせないと決めているという。

 紫波町の場合も300㍍先に中学校がある。影響を受けている人が居るのだから真剣に考えてほしいものだ。

 それにしても建ってしまったものをどうしたらいいのかなーーー。
by yoko1939 | 2008-07-30 11:03 | 木木レポート | Comments(0)

左と右巻きのネジリ花


「咲いてるよ」と近所の方から電話いただき、盛南公園の小山へ・・・ネジリ花が小山いっぱい咲いている。住宅地の中の近隣公園だが野原にいるような錯覚を起こす。ここは子どもたちの虫取りの場所にもなる。
e0122199_10485372.jpg
 ネジバナに左回りと右回りがあると聞いていたが・・・あった!!
by yoko1939 | 2008-07-30 10:31 | 花・山だより | Comments(0)


今年は梅に凝ってしまった。
e0122199_15475952.jpg
 青梅を電気釜で10時間かけて作るシロップ煮。
 朝起きたら、途中で保温が切れてしまってて、また保温のスイッチを入れて作りなおし・・・
青いはずの梅が黒くなってしまい山に持っていってご馳走したら「玉こんにゃくかと思った・・・
おいしい」と変なほめられ方・・・・









e0122199_15494393.jpg
梅味噌
 事務所から杏を欲張っていっぱいもらい過ぎて梅酒にしても余り、橙色に変わってしまい友
人に梅味噌を教わって作ってみたら美味しい・・・絶品だ。






 e0122199_15542991.jpg
梅ジャム。
 梅干に挑戦しようとあく抜きのため水につけておいたら傷みが激しく梅干をあきらめてジャム
にしてしまった。





  

e0122199_15502888.jpg
梅干
 ついに梅干を作る羽目になってしまった。生まれて初めての挑戦!
 夜仕事を終えてやっと梅漬けに取り掛かり、塩、5倍酢、焼酎入れて付け終
わったとたんグラグラ~~横揺れと縦ゆれ・・24日12時過ぎだ。
 先日の地震のゆれと同じくらいだ、それーと外に飛び出したが誰もいない・・・
ゆれが収まってすぐにテレビ・・・震源地は岩手県の北部。津波の心配はない
という。洋野町が震度6強というがゆれがひどい割合には被害が少なかったの
が幸いだった。ゆれも被害も広範囲だ。被害者のみなさんにお見舞い申し上げ
ます。

 梅漬けしようなどと・・・珍しいことやったモンだからナーーーなどと反省しなが
ら3日3晩の天日干しを2日間に省略して白梅酢に戻した。どんな梅干になる
やら~~~。

それにしても1ヶ月あまりで2度も大きな地震///「地震の岩手は困ります」
by yoko1939 | 2008-07-28 15:59 | 食と農 | Comments(0)

實川さんが富士山登頂

e0122199_11255293.jpg
山の先生、実川欣伸さんからはがきが届いた。
「富士山登頂400回」という。本当におめでとうございます!!

昨年8月28日生まれて初めての富士山登山にお付き合いしていただいた。
そのときが315回だから・・・それから週2回くらいのペースだ。ものすごい人なのだ。

世界7大陸の最高峰登頂を後1つ(エベレスト)残すだけで、訓練もあるとはいえ、富士山の魅了にとりつかれてるのかも・・・
来年エベレスト登頂をめざしているという。
by yoko1939 | 2008-07-28 11:38 | 花・山だより | Comments(0)

花・花・花・・・駒ケ岳

友人と4人で駒ケ岳へ・・・

 8時半アイスアリーナへ集合。どんよりとした曇り空、秋田へ向かって出発。峠を越して秋田県に入ったとたん青空・・・ラッキー

 自然保護のため自家用車は乗り入れ禁止。バスに乗り換えて8合目の登山口へ・・10時40分出発。しばらくぶりだがずいぶん登山道が整備されていた。そのせいか若い女性がスカートでの下山にであった。
e0122199_14412063.jpg

 視界が利いて眺めよし・・・しかも切れ目なく花が咲いている。シャッターきりまくった。駒ケ岳一山花畑だった。「来てよかったね・・・良いときに来たね・・・」と感動の連続。
e0122199_14433981.jpg
 特にニッコウキスゲがすごい・・・アミダ池の手前の平地の登山道の両面に咲いていた。





e0122199_14445577.jpg

 さらにアミダ池から男岳の中腹までニッコウキスゲ・・・何回か登っているが、こんなすばらしい風景は初めてだ。12時ちょっとすぎに着いたが、この風景を味わった人の多いこと。
e0122199_1446825.jpg
 1時過ぎ山小屋の後ろのチングルマを見て、横岳を経て





e0122199_14471160.jpg
 笹森岳へ・・この周辺にはコマクサが・・・まだ若い株なのか?とても可憐だ。





e0122199_14525810.jpg
 8合目を目指して下りのコースは視界は悪いがシャクナゲロード・・・

 3時前に8合目に着いたがバスが出たばかり・・・30分待たなければならないのか?と思っていたら、まもなく臨時バスが発車という。またまたラッキー~~~






e0122199_14554916.jpg
 数え切れない花の数々・・・
 花火のよう・・・エゾニュー






e0122199_14582044.jpg
華やかな・・エゾツツジ





e0122199_150967.jpg
黄白色の・・・エゾシオガマ

















e0122199_152448.jpg
見逃してしまいそうな・・・オノエラン













e0122199_1533839.jpg
一足早く小柄な・・・ミヤマリンドウ






e0122199_1571235.jpg
伸びやかに・・・ハクサンシャジン







e0122199_1584856.jpg
若草色の花がステキ・・・タカネアオヤギソウ






e0122199_15113824.jpg
トウゲブキ・・・名前がわかるだけでも30種類くらいの花に出会ってきた満足~~~
by yoko1939 | 2008-07-21 14:36 | 花・山だより | Comments(0)


連休の日曜日。鉈屋町・大慈清水お休み処の当番。日曜日なので期待していたら午前中まったくヒマ・・・。

 ところが午後から大忙し・・・北海道から来たという若者3人に「何で知ったのですか?」と聞くと「るるぶに大慈清水が載っていたので見に来た」という。岩大生が仙台の母親を連れて訪れるなど、今日は大慈清水を見に来た観光客や帰省客が多かった。結局15人のお客さん。

 日本経済新聞に昭和の水100選、平成の水100選それぞれベスト5が掲載され、大慈清水・青龍水が平成の水の5番目に入っていた。2つの共同井戸が全国版になってきた。そんな効果もお休み処に波及しているようだ。
e0122199_1538713.jpg
 15人の一人が「昨日スグリをご馳走になったので・・・」とお土産をいただいた。盛岡名物「のぶちょうほまんじゅう」だ。
 昨日の当番はEさん。ごちそうさま・・・当番って面白い!!
by yoko1939 | 2008-07-20 15:18 | Comments(0)


大慈清水お休み処の2回目の当番。都合悪くなった人のピンチヒッター。
 朝から忙しくひっきりなしに来客が絶えない。井戸と町家の会計整理をしようとSさんが来たがそれどころではなく、「ブランドの視察に来た」という岸和田市議のみなさんに100円珈琲を出してもらうなど手伝ってもらっての一日だった。
e0122199_15404516.jpg
 大阪から引っ越してきた方は「もっと盛岡を知りたい」とゆっくり見て、「孫に・・・」と南部桐下駄を買ってくださった。幸せなお孫さん・・・




e0122199_15423980.jpg
 盛岡で1軒となった手作りの桐下駄を作っている吉国下駄屋さんの下駄を展示即売させていただいている。夏は素足に下駄は気持ちが良く私も愛用している。





e0122199_15445794.jpg
 お隣の大慈清水では、紐でつないであるジョウゴがなくなったと井戸組合の会長さんがこぼしていた。わざわざ紐をほどいて持ち去ったという不届きな者がいるようだ。井戸を守っている方々の善意を汲んで、水を汲んでほしい・・・





e0122199_15464241.jpg

 夕方、外を見たら、野菜の引き売りのおばさんが通っている。お客さんがいるのに「ちょっとお願い・・・」と飛び出してご本人にご了解を得て写真を写させてもらう。

 神子田に住む方だというが年を聞いてびっくり「80だよ・・・子どもたちにやめろ!と言われでるけど、やれるうちはやりたいど思ってる・・・」

 リヤカーの引き売りもほとんど見られなくなってしまったが、鉈屋町には似合う風景だ。
 
by yoko1939 | 2008-07-17 15:31 | Comments(0)

時を忘れさせる癒しの家


念願かなって東和町のKさん宅を訪問。友人におねだりして連れて行ってもらった。
e0122199_10261182.jpg

 Kさんが退職後明治期の農家を購入し埃だらけの家を数年かけてご夫婦で
、床下にもぐりこんでは土台を直し、はりの埃を落とし綺麗にしたという。並々
ならぬご努力の結果の癒しの家が誕生・・・
 冬を除けば8割を過ごしているという素敵な家だ。

 昔のままの土間があり、囲炉裏があり、梁もすごい!!機織機械の側には
麻糸が吊るしてあったり、糸車を飾るなどそれを活かしきっているセンスが
すばらしい!

 土壁の土蔵は母屋より古いという。中も素敵にしてアトリエになっていた。
e0122199_10273080.jpg
 この日は家の前の胡桃の木を切って皮を剥いで籠作りに挑戦。やって
みるとっても面白い。はまってしまいそー。籠を作るには細切りにするが、
大きく切ってもお皿や状差し、花かごなど何でもできる。何とか一つ作って
きた。細切りの皮は1ヶ月位陰干しにしてから、また水につけて籠を作るの
だそうだ。材料をいただいてきた。完成品に夢を膨らませて・・・



e0122199_10293882.jpg
 お昼や夕方の食事は奥様のてづくり・・・野菜カレー、キャラブキ、ピーマン
の佃煮・・・。夕方のこびるはヨモギもち、トマト入りの寒天など・・・うまい!!!
 しかも囲炉裏を囲んでお膳でいただく・・・この雰囲気がご馳走になる。

 昨日までの忙しさから開放された、時を忘れた癒しの一日だった・・・・しあわせ~~~
by yoko1939 | 2008-07-14 10:16 | Comments(0)


 町並み塾の12、13日の「井戸と町家」はにぎわった。


 大慈清水・青龍水が平成の水100選選定記念してイベントも沢山。でも・・・主役は井戸。
 2つの井戸の周りでは、橋本こんにゃく屋さんが作ったトコロテン、上野豆冨店の寄せ豆腐が涼しい井戸の周りで食べられ、人気でした。ほとんどの方が鉈屋町界隈の食べ方黄な粉をかけて食べるのは初めて・・・食わず嫌いが多かったようだ。
 でも、いつもはトコロテを食べないはという方も「美味しかった・・・」と好評。

e0122199_239468.jpg

 1歳の男の子トコロテンは初体験、一口めは変な顔をしていたがツルツル食べるほほえましい風景も見られた。12日は2時頃で完売・・・「食べられなかったから」と13日も来てくださった方もあり、うれしい限り・・・
e0122199_2315632.jpg

 大慈清水お休み処では、マウナハワイアンス&゙フラダンスは、2回公演で会場ぎっしり・・・気温上昇と熱気で会場はムンムン・・・マウナハワイアンズの司会者が「バンド結成して46年になるが、町家でやるのは初めて。良いですね・・・ウチワで扇ぎながら聞いて頂くなんてないことです」とー。地元の女性のみなさんのフラダンスも出演し、大きな拍手がおくられた。
e0122199_23164417.jpg
 岩泉てどの蔵人のみなさんの機織、木工、陶器、ワラぞうりなど実演、販売は旧八百倉家の町家で行われ、2日間ともにぎわっていた。



e0122199_23184527.jpg
 市指定保存建造物のかわてつでは、鰻御膳とくずもちが販売。鰻御膳には原敬さんが好きだったというミズの漬物が添えられた。葛餅は「美味しい」と好評だった。京都から取り寄せるというお菓子は毎月変わる。来月が楽しみ・・・




e0122199_23272236.jpg
 島村家では町家カフェ。

 スペース鉈屋町では、まわりとうろうつくりが大盛況だった。

 大慈寺前では朝市が行われた。


e0122199_23304840.jpg
 13日にはお休み処で砂子沢の手打ち蕎麦、トコロテンと寄せ豆腐、町家カフェが行われ大賑わい・・・・さすがの町家も暑さが厳しく、ボランテアさんたちクタクタ・・・

 2日間のイベントにぎやかに楽しく行われた。どこからも補助金もらわずイベントを続けてられるのは、地元のスタッフの方々のがんばりと、ボランテアさんのご協力があってのこと・・・。イベントを通じて町家とまち並みを守り、この町を活性化させ、良い町たいという強い願いが結集されているのだ。
 

 
 
by yoko1939 | 2008-07-13 02:08 | Comments(0)

e0122199_10445530.jpg

南仙北2・3丁目町内会の小鷹公民館で「農業と食料を語り合うつどい」が開かれた。参加者は30余人だったが、地元の農事組合がチラシを回覧してくれたということで農業者が10人を超えた。

 消費者を代表して、前盛南コープ代表委員の伊藤稲子さんは紙芝居と寸劇で食料の自給率の低さや米の値段がいかに安いかなど訴え、農業者と消費者が一緒に運動していくことを強調しました。

 地元の吉田タニ子さんら農業者3人が「安全な食料を提供すると価格は高くなる」「採算が取れないため子どもに農業継げといえない」「産直をやっているが消費者は安いものを求める」など深刻な実態が出されました。

 瀬川貞清衆院比例代表候補は日本共産党の「農業再生プラン」を説明。どのように財源をつくるかについて政府は使わない戦闘機や戦艦をかってムダ使いしていることを指摘し、これを農業にまわせば自給率50%は実現できると訴えました。

 日本共産党仙北支部が初めて農業問題で開いた集い。農業者の率直な声も聞け、農業・食糧問題を考えるた良い集いだった。深刻な緊急な問題解決のためにはこんな集いの積み重ねが大切ですね・・・・
by yoko1939 | 2008-07-12 10:42 | 木木レポート | Comments(0)