大根の1本立ち・・

e0122199_15235581.jpg
朝、第3の畑の先生伯母ちゃんから電話。

「大根早く1本立ちさせだホいいよ」・・・?・・・ハハーどうやら間引きのことと解った。

 種を2コづつ植えたが、元気のいいものを残して1本は間引きするという。夕方やっと畑にたどり着いて農作業。葉っぱが美味しそう。

 葉は味噌汁の具にして美味しく食べた。「漬物にすれば良いよ」などいろいろ教えてもらった。
しばらく大根菜っ葉の料理が続きそう・・・ 
by yoko1939 | 2008-09-29 15:18 | 食と農 | Comments(0)

e0122199_1543492.jpg

27日朝起きて寒い寒いと言ってたら、岩手山が初冠雪。
 この日の気温は最低6.8度、最高も15.1度だった。晴れたり曇ったり、雨が降ったりで写真が撮れないでしまった。

 平年より16日早く、昨年より18日早いという。秋を通り過ぎて冬が来たという感
じで、寂しくなってくる・・・ 今年の冬はどうなるかナー

 今朝も寒くてついにストーブをつけた。最低気温がなんと5度だという。秋晴れのいい天気。

 出勤途中に遠回りしてみたらまだ雪が残っていた!
 平地ではそろそろ稲刈りが始まるのかな。
by yoko1939 | 2008-09-29 15:00 | 花・山だより | Comments(0)


 麻生内閣が誕生した。安倍内閣、福田内閣誕生時よりも低い支持率だ。首相が変わっても行き詰った政治は変わらない。国民はだまされないぞ!という意思表示かも・・・
e0122199_12261081.jpg

 早速、宣伝カー出動。
 後援会のみなさんも一緒になって、衆院1区予定候補の吉田恭子さんが仙北、本宮地域や川徳前で街頭演説。「共産党が伸びれば政治が変わると思い決意した」「青年の雇用は深刻。友人たちが仕事がなくて苦労している姿をも見て来た。労働法の改悪を進め非正規雇用を増やしてきた政治に原因がある。正規雇用を増やすためがんばりたい」と・・・
e0122199_1227461.jpg
 この日は岩手山が初冠雪。しかも強風が吹き荒れる中さわやかに、力強く、熱く、訴え、車から「がんばって!」の声援も・・・



 行き詰った政治の原因は、アメリカべったり、大企業優遇の政治だ。この2つの政治悪を変えなければ国民の暮らしは良くならない。「こんどこそ共産党さんがんばってくれ!」の声が寄せられている。この声を大波にして東北のかけがえのない高橋千鶴子衆院議員の三選を!
by yoko1939 | 2008-09-27 12:22 | 木木レポート | Comments(0)


山車番付展も残り少なくなってきた。
e0122199_13482387.jpg

 同時に展示している古い山車の写真をみなさんに貸していただくようにお願い
しているが、先日の大正5年の写真に続いて、昭和5年と9年の青物町(現
仙北1丁目)の写真をお借りし展示している。

 昭和5年の写真を見ると、大正5年の写真と同様衣装が浴衣のように長い。
 人形も今より大きい。しかも、青物町のまち並みが写っている。茅葺き屋根
が結構見える。貴重な写真だ。

 お休み処のボランティアのSさんが「家にも古い写真があるよ」との申し出が
あり、有難いご協力をいただいた。

 大正5年のめ組、昭和25年の魚市場、昭和25年の新穀町の山車写真と懐
かしい写真が増えてきた。
 
 展示は、9月30日までとなっている。
by yoko1939 | 2008-09-23 13:45 | Comments(0)

悪政正す吉田恭子さん

e0122199_12221560.jpg

日本共産党岩手県委員会は、衆院選東北ブロック比例と重複の第4区選挙区候補瀬川貞清氏の発表に引き続き、今日記者会見し1区の候補者として吉田恭子(27歳)氏を発表した。
略歴:紫波町出身。盛岡二高卒業、和光大学卒業。盛岡市職員労働組合4年半勤務。

 吉田恭子さんは、青年の雇用状態の深刻な実態とこの状況を作り出した労働者派遣法の改悪に日本共産党だけが反対したことを紹介し、「青年に『自分たちが動けば政治が変わり、生活が変わる』ことを訴えたい」と決意をのべました。

 早速、盛岡駅前で斉藤信県議とともに街頭から訴えた。

 暮らし・医療・雇用・食料問題など、どれをとっても深刻。自民・公明の政治を変える日本共産党の議席を増やすため、若さあふれる女性候補としてがんばってくれるだろうとおおいに期待している。
by yoko1939 | 2008-09-22 12:24 | 木木レポート | Comments(27)

木の実がたわわに・・・


実りの秋・・・

 上の橋際の中央病院跡地の公園を通ると、木々には実がたわわ・・・
e0122199_15431992.jpg
 こぶしの実・・・こぶしのような形から名前がついたという丸みをおびたところが裂けて赤い実が顔を出す。それが白い糸を引いて下がり鳥にアピールし、子孫を残すそうだ。その赤い実を剥くとハート型の黒い種が出てくるから面白い。



e0122199_15435989.jpg
 ハクウンボク・・・春、実と同じようにぶどうの房のように白い花が咲く。薄緑の服を着ているがこの中から茶色の種が出てくる。










e0122199_1545472.jpg
 エゴノキ・・・春、やはり白い花が下向きに咲く姿は最初見たときは不思議に思えた。花と同じように実が下がる。実の服も中の種もハクウンボクと同じだが、大きさは半分くらいだろうか?

 秋は実を拾う楽しみがあるのだが・・・今年は選挙になりそう。
by yoko1939 | 2008-09-20 15:31 | 花・山だより | Comments(0)

珍しい光景・・・

e0122199_168449.jpg

 岩手公園下を通ったら、珍しい光景が・・・通行人がみんな足を止めていた。

 石垣に生えている草取りだ。そういえば、石垣に雑草が生えて、石垣が見えなくなっていた。

 昔はどうやって雑草をとっていたのかナ・・・
by yoko1939 | 2008-09-18 16:07 | 盛岡を楽しむ | Comments(0)

e0122199_15482039.jpg

大慈清水お休み処の当番。開けて間もなく大沢川原「本組」の山車がやってきた。お花を活けて玄関や露路にかけ水をやるのが精一杯。引き手の方々が覗いてくれ、関係者だけに熱心に見てくれる。
e0122199_1549143.jpg

間もなく仙北町の「は組」、知っている方々が多く「は組の番付もあるよ、見てっ
て!」と声かけて沢山見てもらった。
e0122199_15495676.jpg

 昼過ぎ八幡町「い組」、
e0122199_15551975.jpg

 神子田の「さ組」と9台のうち4台が今日に集中した「さ組」は夕方こまめに音頭

上げすっかり暗くなってからだった。夜の大慈清水お休み処が綺麗に見える。
 通るたびに20~30人立ち寄ってくれ、その他、支隊の人たちも寄ってくれ
る。お休み処にもお祭りが来た!にぎやかさだった。

 その他も八幡宮の流鏑馬を見た帰りの方、旅行客の方など、日・祝日より
多かった。座っていたのはお昼ご飯のときだけた感じ・・・お客さんの数も数
えられなかったが、200人近かった。うれしい悲鳴・・・


・・・鉈屋町は山車が似合う町だ。・・・
by yoko1939 | 2008-09-16 15:41 | Comments(0)

e0122199_13482779.jpg

大慈清水お休み処に寄ったら、ご近所の方が写真をもって駆け込んできた。

 写真の裏に書き込んでいるのを見たら「大正5年8月15日、鉈屋町の山車」撮影場所は「八幡坂の上」となっており、所有者の名前も書いてあった。

 みんな白装束、しかも浴衣みたいに長いという衣装が変わっている。手子舞も男の子ばかり。山車人形も今と違う。・・・・

 その場に居る人々で、「8月15日というのは旧暦だろう」「今の山車より高いようだ」「昔は女は出しに出られなかった」などとワイワイと写真を囲んで評論。

 この貴重な写真は、持ち主の和田米屋さんのご好意で9月30日まで飾らせていただくこととなった。
by yoko1939 | 2008-09-15 13:43 | Comments(0)


妹2人、仙台と釜石から母の見舞いに来てくれた。母はうれしかったようだ。いつもより穏やかな顔になっていた。
e0122199_13405360.jpg

 三人そろったのもしばらくぶりなので山車の八幡下りを見に行った。こだわりの場所に陣取っって写した写真がこれ!!!

 八幡の番屋の望楼を残すためにがんばった思いがこもっている。この番屋と山車を一緒にとるにはこの場所しかない。新築する前だったらまち並みに沿って建っていたのでもっと良い写真がとれただろうに、新築で引っ込んでしまって目立たなくなってしまった。まち並みを守ることは大変なことだ。
e0122199_13415191.jpg

 今年は9台の山車が奉納された。わが地元の仙北町第2分団「は組」も、「南部藩二十九代・三代盛岡藩主南部重信公」を出した。

 今年は八幡町い組(第4分団)、み組(第10分団)、本組(第7分団)、の組(愛好会)、城西組(同好会)、青山組(第17分団)、盛山会さ組(愛好会)、盛岡観光・コンベンション協会
そしては組と9台だった。

 本当に久しぶりに見る側にまわってゆっくり見られた・・・
by yoko1939 | 2008-09-15 13:33 | 盛岡を楽しむ | Comments(0)