<   2008年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧

 盛岡山友会員となって長いのだが山も例会もサボってばかり・・・せめて1年に1回の表紙絵を描くことで会員の面目を保っている。

 今年は10月号にハクウンボクの実を描いたものを載せてもらった。地味な絵なのでどうかなー?と思ったが・・・
 表紙絵の言葉も添えることになっている。
e0122199_15183232.jpg


        「ハクウンボク」

 ハクウンボク(白雲木)-「優美さと気品を兼ね備え、数ある樹木の中でも
トップクラスの美しい花」―山と渓谷社発行の「樹に咲く花」で紹介されていま
すが、初めてみた時はその美しさに打たれてしまいました。

 春、一房に白い花を20個ほどつけ枝先から垂れ下がって咲き、藤の花を思
わせますが、5つの花びらが開いた姿は「優美さと気品」です。

 秋、今度はぶどうを思わせます。黄緑の実をつけ熟すと果皮が楯に裂け茶色
の種を1個出します。友人は「昔これをお手玉にいれた」と言ってます。小豆より
もひと回り小さいのですが・・・。

 秋の楽しみ・・・今年もまた我が家は、ハクウンボクのほか、コブシ、エゴノキ、
ナンジャモンジャ、つばきの実、カシワやクヌギのどんぐり、サイカチまで加わり
賑やかになっているのです。夫には「また、ゴミを拾ってきた」と言われるのです
が、私には宝石に思えるのです。
by yoko1939 | 2008-10-30 15:03 | 花・山だより | Comments(0)

もう一週間たってしまった。先週の木曜日のこと・・・
お料理上手な高校の同級生のお宅で、毎年開いてきた同級会を今年の幹事から来年の幹事への引継ぎをやった。

 美味しい手づくりのお昼のいただきながら・・・
e0122199_14565273.jpg
 レンコンの煮付け・・・お酒で煮たというが、油を使ったようなコクがあって美味しい。
 キムチ和え・・・何を和えたかと思ったら平たい干し大根だった。
 芋の子をから揚げしたものにえびなど入れたあんかけ。
 綺麗に煮あげたほうれん草のおひたし。
 けんちん汁もいろんなものがはいってた。
 ひじきご飯はおかわりしてしまった


e0122199_14574320.jpg
 漬物は山葡萄ジュースを絞った後に大根漬けにしたもので色も鮮やか・・・


 デザートは栗の渋皮煮、栗絞り、プリンと3種類もーもちろん手づくり。

 という今日のメニュー。どれもこれも美味しくて・・・幸せ気分♪♪♪
by yoko1939 | 2008-10-29 14:50 | 食と農 | Comments(0)

町のなかの秋♪♪♪

町の中の秋♪♪♪ 久しぶりの好天に誘われて岩手公園へ・・・

 秋・あき・・・
e0122199_12152432.jpg
 ケンポナシの葉がきれいに落ち葉に・・・






e0122199_1216480.jpg
 ざらんざらんと赤い真珠のようなサンシュユの実がついていた。足元には落ちた実が綺麗。拾っていたら広島から来たというご夫婦に声をかけられ、「鉈屋町に行ってください」と宣伝。





e0122199_12212057.jpg

 まんさくには実がぎっしりついていた。これが口をあくときパーンと音がするそうだ。いつかは聞きたい・・・




e0122199_12171829.jpg
 鶴が池に紅葉した木々が映し出されおしゃれな空間・・・

 町中でこんなに自然を楽しめる岩手公園大好き!!!


# by yoko1939 | 2008-10-28 11:58 | 花・山だより | Trackback | Comments
by yoko1939 | 2008-10-28 12:10 | 花・山だより | Comments(0)

志位和夫委員長の街頭演説会。あいにくの雨・・・でも盛岡駅前には1500人の
聴衆でぎっしり。前に行って写真撮らなきゃと思ってグイグイ人をよけていったが
ムリ、ついにあきらめた。
e0122199_16121162.jpg

 後ろの方から傘の花を写すしかない。志位さんが小さく写っていた・・・

志位さんは雇用の問題で、トヨタや日産は利益を上げ、膨大な内部留保を抱え
ながら2000人の期間工や派遣労働者の雇い止めをしている。企業の
責任を追求出来る日本共産党を大きくしていただき雇用を安定させよう
と呼びかけた。

 農業・食料を守ること、後期高齢者医療制度の廃止、憲法9条守ることなど訴
え、財源問題については、米軍の思いやり予算2500億円止めれば社会保障
費の削減しなくても良い。政党助成金320億円の政党助成金を止めれば障が
い者自立支援法で増えた自己負担分をなくすることが出来る。

 自民党から民主党になっても政治の中味は変わらない。アメリカべったり、大
企業優先の政治を変えることが出来るのは、献金をもらわないではっきりものが
言える日本共産党が大きくなってこそ変えることができる。この東北で高橋千鶴
子さんの議席を守って欲しい。瀬川貞清さん、吉田恭子さんを国会に送ってほし
い。

 と力強く訴えた。

 志位さんは青森から盛岡へそして山形へ。1日で三県をまわるという強行軍
こなす元気!

 若者の雇用問題で青年に人気上昇中の志位さん、たのもしい・・・
by yoko1939 | 2008-10-26 16:08 | 木木レポート | Comments(0)

大慈清水お休み処で「ひょうたんらんぷ展」が開かれている。
e0122199_23334112.jpg
 2年の前からはじめたというハガタイチさんの初めての個展です。よくぞ会場に町家を選んで
くれたと思える町家とらんぷの調和がすばらしい。町家が生きいきしている。



e0122199_23385998.jpg

 優しい灯りが細かい細工からもれ、壁や鏡戸、たたみに写しだされる灯りが
とても綺麗なのだ。12月クリスマスにむけての飾にしたらおしゃれかも・・・

 ひょうたんも自分で作っているという。

 ハガタイチさんは、5年前のまち並み塾のはじめてのイベント、蔵でジャズコン
サートに出演してくれたバンドのメンバー。

 ジャズにひょうたんらんぷに多彩な青年に拍手。多くの方に見ていただきた
いナー。さっそく友人たちに電話したら、うれしい!すぐ駆けつけてくれた人も・・・

 26日(日)まで 11時~18時まで  大慈清水お休み処  ℡622-8989
by yoko1939 | 2008-10-25 23:58 | Comments(2)

e0122199_11262361.jpg
志位和夫委員長を迎えての日本街頭演説会が行われます。

 「戦争はいやだ」「農業・食料を大事にする政治にして欲しい」「後期高齢者医療制度は絶対反対!」「若者の雇用を何とかして欲しい」沢山の怒り、要望が出されています。

 日本共産党の「政治の中味を変える」ということはどんな政治にするのか?
志位和夫委員長がわかりやすくお話します。ぜひお出かけください。

●日時:10月26日(日) 12時40分~
●場所:盛岡駅前

●お話:志位和夫委員長
     高橋千鶴子衆院議員
     瀬川貞清党県書記長
     吉田恭子一区青年雇用相談室長 
by yoko1939 | 2008-10-24 11:27 | 木木レポート | Comments(0)


宮城県村田町「蔵の陶器市」へ大慈清水お休み処のボランティアさんたちと
勉強をかねて出かけた。
e0122199_1349508.jpg

 仙台の妹に、普段開放していない蔵に陶器の展示されるので、この日だけは
蔵の中を見られると教わって、陶器はそっちのけで、蔵を見て、蔵の中の活用
の仕方、展示方法、食事の提供方法、売り物の内容、地元の方々のおもてな
しなどなど、鉈屋町のまちづくりに活かせるものをいっぱい吸収してきた。
e0122199_1350359.jpg
 それにしても立派なまち並み・・・地元の村田商人の紅花の取引で栄えたと
いうだけに店蔵がどこも立派。それが残っているのがすばらしい。




e0122199_13542373.jpg
 店蔵ー住居ー内蔵ー中庭と続くらしい。路地は家の外側にあり、立派な門付きなのだ。しか
も、その門がまた立派。いろんな細工がしてある。





e0122199_13552362.jpg
 町が買って管理しているという「やましょう資料館」には店蔵、内蔵のほかに醤油蔵、塩蔵な
ど4つも蔵があった。裏門も立派だ。






e0122199_13562875.jpg
 門がついてない家は路地には使い込んだ綺麗な敷石が組み敷かれ、店蔵、住居、内蔵と
続いている。






e0122199_13581155.jpg
 春にお邪魔してお話聞いた「かねしょう商店」さんに立ち寄り、居間を見せていただいた。盛
岡町家の常居だが、天井高く、路地側に窓があり明りを取っていた。階段の取っ手が鉄でとて
もおしゃれだった。そこをいまだに居間にしていらっしゃると言うのが驚きだった。寒さの違いかなー。

e0122199_13595538.jpg

 店蔵への陶器の展示。つい建物の方に目が行く。どちらの家も梁がものすごい。

e0122199_14156.jpg
 お店も沢山出ていた。鉈屋町のお雛祭りでは食べるところがないという不満をいただいたが
、お弁当やおにぎり、いも煮を作って販売し、店蔵の横のお庭で食べさせてくれる。




e0122199_14154565.jpg
 無料のお茶接待処は婦人会の方々が白い割烹着で応対。漬物までついてきた。






e0122199_14125320.jpg
 展示も陶器だけでなく染物や手づくり品が展示即売されていてにぎやかだった。それぞれの
お店のしつらえや小学生の川柳が書かれた行灯も良かった。
 今後のまちづくりに大いに参考になりそう・・・
 
by yoko1939 | 2008-10-17 13:46 | 全国の町並み | Comments(0)

e0122199_1535990.jpg



e0122199_15361024.jpg

全国ゼミ卯之大会参加のため10日~13日まで滞在。ゼミの合間を縫って卯之町中町(なかのちょう)界隈歩き。





e0122199_15392626.jpg

 町外れの高台にある米博物館へ・・・テレビなどで有名な昭和3年築の109メートルの長い廊下。
e0122199_15404825.jpg
なんと今日がからぶきの雑巾がけのレースの日という・・・見たかったナー残念・・・
 それにしても廊下と土間の間に柱が1本もないこの仕組みどうなっているの?










e0122199_15594547.jpg
 開明学校は国指定の重要文化財だ。教育を大事にしたまちだったらしい。文化の香りがする・・・








e0122199_15512671.jpg
  3日間泊まった松屋旅館は江戸末期から営業。売り物は200年の歴史を持つ糠床で漬けた漬物。美味しかった・・・と活きた魚をつけこむ「ひゅうが飯」あというd。お遍路さんには宿泊代を安くしてくれるそうだ。
 参加者の方がスケッチの色づけをしていた。まだ完成していないと言うが写させてもらった。いいナー。



e0122199_15523425.jpg
 もう一つの旅館、中村屋旅館も趣きのある建物だった。









e0122199_1553561.jpg
 古民家再生「よんでん和み館」。四国電力が古民家の再生を事業として行っているという。もちろん本業の電気を売ることも入っているようだが、「古民家を再生することで人口減少に歯止めをかけることが必要だ」とゼミの実行委員のメンバーになっている四国電力の方が熱く語っていた。




e0122199_1555766.jpg
 ビックリしたのは高野長英の隠れ家が現存していた。建指定文化財になっている。シーボルトのもとで一緒に蘭学を学んだ二宮敬作を頼って二度にわたって身をよせたという。
二宮敬作という方はシーボルト国外追放の後、その子どものイネさんを育て医者にした人ですごい人だ・・・
 この町を高野長英も密かに歩いたのだ・・・岩手と縁が深い町だった。


e0122199_1556778.jpg
 無料休憩所は古民家を買収して改修したもので、女性のグループが市から補助を受け、小物の販売をしているという。






e0122199_15571494.jpg
 元宮酒店。「開明」という酒がおいしいと聞いたがゼミの期間店が閉まったままだった。
by yoko1939 | 2008-10-13 15:30 | 全国の町並み | Comments(0)

2回目の内子町


松山空港からの飛行機の時間に2時間は取れそう・・・内子で途中下車。
e0122199_1517350.jpg

 昼食をとっている間に時間が過ぎる。時間に追われながら超スピードでまち
並みを歩く。観光客がゾロゾロ・・・前に来たときよりお店の数が増えたような気
がする。地元の方が言うには観光客の増加と共に他所から来て店を出す人が
増えてきたそうだ。
e0122199_15275856.jpg
  まち並みから100メートルほど入ったところに「まち並みせんべい」のお店
があり、立ち寄った。おじいさんとおばあさんがやっているようだ。昔の味を思
い起こすような素朴な味・・・何よりおばあさんのあったかい応対が良い。「遠い
ところからお出でで、ありがとうございます」とおまけが8枚ついた。

 ご主人が大江健三郎さんの従弟で、学校時代ここから通ったという。学校で
質問すると先生が答えられなかったという逸話が残っているそうだ。
 そんな話を聞きながら、やっと内子に来たという実感できた。




e0122199_15204236.jpg
 施設は内子座だけしか見れなかった。ここはやっぱりお芝居を見るところだ。
施設だけを見るだけではつまらない・・・






e0122199_15184033.jpg

 本芳我家住宅、上芳我邸は前に見たので飛ばしたが、まち並み形成できるだ
けのすばらしい建物が沢山残っている。なまこかべ、むしこまど、うだつ、こてえ
、けぎょ、出格子、床几、蔀戸など各家の違いなど見て歩けば面白いが、お店が
多くなってその家が隠れてしまっている。
e0122199_15195069.jpg

 以前には地元の住んでいる方の姿もありお話できて良かったが、それが失わ
れてしまったような気がする。観光化するとこんな町になってしまうのかナー。

 鉈屋町のまちづくりに大いに参考になった。
by yoko1939 | 2008-10-13 15:00 | 全国の町並み | Comments(0)

全国町並みゼミ全体会

12日全体会
 地元の方と一緒になって、全体会の会場山の上にある愛媛県歴史文化博物館に歩いて登る。立派な博物館だ。地元の方は「県会議員が引っ張ってきたが県の端っこにあるので入場者が少なくて大変なんです」と説明してくれた。
e0122199_1213569.jpg
オープニングは高校生のお琴の演奏。全国優勝しているという。中学生も文部大臣賞という。ここにも文化の香り・・・

 大気博志実行委員会は茶人ということで着物を着てのご挨拶。主催者挨拶にたった全国町並み保存連盟の前野まさる理事長からは「町並みゼミを文化庁が初めて後援してくれた」ことが報告された。31年かかったことになる。

e0122199_12141237.jpg
 昨日の7つの分科会報告の後、卯之町からの報告。全国大会開くまで紆余曲折があったらしい・・・がまち並み保存の歴史は古い。「宇和・中町を守る会」はすでに昭和58年に全国町並み保存連盟に加盟。小学校の保存、移転や伝建地区への調査、各種シンポジウムなどなど重ねている。19年8月に中町を守る会を解散し、地域ネット研究会UWAを発足し、全国大会の準備に入っている。



e0122199_1222872.jpg
 午後からの、各地からの報告では、盛岡まち並み塾から渡辺敏男さんが報告。その他来年の全国大会開催地の千葉の小野川と佐原の町並みを考える会、長崎県平戸市あづち大島たからもんの会、岐阜県飛騨市飛騨観光協会、石川県加賀市暦町センター大聖寺、栃木市の栃木蔵街暖簾会、長野県南木曽町の妻籠を愛する会、広島県福山市鞆まちづくり工房から報告。

 四国からの報告は、内子町、徳島県脇町、徳島県三好市落合伝建地区、愛媛県宇和島市岩松の町、宇和島市段畑を守ろう会、香川県東かがわ市引田まち並み保存会から報告。


 終了後、ブロック別会議では東北・北海道ブロックはたった5人。盛岡大会の準備状況の報告などだけで早々に終わり。

 その後、松屋旅館で全体交流会。全国の有名な町並みの方々と名刺交換が盛ん。
 それにしてもすごーくきつい日程だ。昼休みもお弁当食べながら部門別交流会。朝から夜までの日程は盛りだくさん。主催者は大変だろうな・・・と2年後が心配になる。
 でも、
e0122199_12232041.jpg
昼休みの草もちの「お接待」はうれしかった・・・







e0122199_12285411.jpg
 13日全体会・・
 9時開会で2時間「地域遺産を考えたまちづくりのこれから」のテーマで西村幸夫東京大学院教授、後藤治工学院大学教授、溝渕博彦高知県教委文化財保護課長補佐の3人によるゼミ討議。




e0122199_12302914.jpg
 千葉県佐原の代表が全国町並み連盟の旗を受け取った。来年は盛岡が受け取る番だ。運営についても何かと気になって、いつもの気楽な参加と違った。






e0122199_12311289.jpg
 今回の参加者はのべ1000人、実質500人という小規模だったが少ないだけに何かと心配りが行き届いた大会だった。若い方々と女性の活躍がめだった。
 ごくろうさん!ありがとう!!
by yoko1939 | 2008-10-13 12:07 | Comments(0)