<   2008年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

女性の船の会25周年記念祝賀会がのホテルニューカリーナで開かれ参加。

来賓も歴代の青少年女性課長や女性センター所長など懐かしい顔ぶれだった。
e0122199_1173743.jpg

仙北ブロックの佐々木チヤ子さんがお祝いの舞い「鶴亀」を踊られた。
e0122199_1181163.jpg
 「盛岡女性の船の会25周年記念誌」が配られた。編集委員長は仙北ブロック
から事務局長として6年間活躍されてきた藤原テイ子さん。解りやすく素敵な
記念誌だ。

 1981年女性のリーダー養成を目的に横浜から宮古港まで豪華客船に乗って
研修する事業を岩手県が行った。当時新日本婦人の会岩手県本部事務局長だっ
た私もこの第1回目の船で研修し、他の婦人団体の皆さんとの交流を深めた。

 2年後の1983年に「盛岡女性の船の会」が結成され、女性団体のリーダー
級のみなさんが一つになって活動してきた。県の事業が財政難を理由に
2002年を最後に廃止となった。

 同時に会員は年を重ねて活動が困難となったなどの理由で船の会としては
今年度で解散し、自主的な組織に生まれ変わることになった。

 女性のパワーいっぱいの会で女性の船の会としての祝賀会は今回で最後
になる。いろんな方々とのご縁が出来、多くの事を学んだ会だった。ここまで
引っ張ってきたリーダーのみなさんに感謝!!!
by yoko1939 | 2008-11-28 10:59 | 木木レポート | Comments(2)

e0122199_1615429.jpg
サイカチの木がすっかり葉が落ちてこんな姿になっていました。サイカチ、サイカチ・・・・・ 落ちているサイカチを拾っているうちに「何か活用できないかナー?」などと欲が出てお休み処へ持っていった。



e0122199_16155527.jpg

 Sさんが枯れ木に結び付けたり、綺麗に飾り付けてくれた。

 何か小品に出来ないかなーアイデア募集!!!
by yoko1939 | 2008-11-26 16:11 | 花・山だより | Comments(0)

e0122199_1617039.jpg
天気予報がばっちり当たった。昨日1日で盛岡が14センチも積もったと言う。大根畑もこんなになっていた。大根とねぎを掘っておいて良かった・・・。

 今朝藤澤セツ子さんの娘さんから昨日午後11時53分に亡くなったの知らせがあった。
 1ヶ月間意識不明で入院していたが、ついに目を覚ますことがなかった。

 藤澤セツ子さんは、市議会議員を1971年から3期務め、その後私が引き継いだ。立候補した時は、「おなご(女)に何できる」と言われたとよく言っていた。女性の地位向上の役割を果たしてくれた。

 かぎっ子対策として自分の家を開放して仙北小学校の子どもたちのかぎっ子が放課後を過ごす施設、学童保育クラブ「バンビの家」を作った。その後、市がかぎっ子対策として児童館建設を始めた。青山地域は学童保育クラブをのこしたが藤澤さんは父母と話し合って「児童館に学童クラブを引き継いでもらう」という条件で「バンビの家」を廃止した。

 その歴史を受け継いでいる仙北児童館はいまだに子どもたちが学校からランドセルをしょったまま「ただいま」と帰れる施設になっている。100人を超す子どもたちが放課後を過ごしている。

 藤澤セツ子さんが築いてくれた基盤に乗らせてもらって1983年バトンを受け取って、一からいろんなことを教えてもらい、選挙の度に熱い支援をしてもらった。

 昨年の選挙で鈴木努議員にバトンを渡したとき孫議員の誕生を喜んでくれていた。

 日本共産党や女性運動の先頭に立って奮闘し続けた藤澤セツ子さん本当にご苦労様でした。
by yoko1939 | 2008-11-21 16:14 | 木木レポート | Comments(0)

100本の大根収穫♪♪

今日午後から雪降りの予報。あさっての最低気温は-6度。
e0122199_16132378.jpg
 待ったなし。午前中大根掘り・・・親切な畑の主のご好意でハウスの中で大根洗い。
 84本もあった・・・この間時々抜いていたので合計すれば100本余りの大根を収穫したことになる。さすがにクタクタ・・・でもうれしさの方が上回る。

 採りがけは何にしても美味しい、柔らかい!

 大根と豚肉の煮つけや、サラダに油いため、大根の皮のキンピラ、ビール漬け・・・しばらく大根ばかり食べることになるのかナー
by yoko1939 | 2008-11-19 16:10 | 食と農 | Comments(0)

マンサクが満開!?


晩秋、上の橋際の中央病院跡地の公園へ・・・正式名称は何だろう?素敵な
名前が欲しいナー。
e0122199_15151053.jpg
 秋なのに春一番の花「マンサク」が満開。

つつじやれんぎょうなど春の花がチラホラ咲くことは目にするが、樹丸ごと咲い
ているのを見たのはこのマンサクが初めてだ。数年前に初めて見たときどうし
て?と聞きまわったが解らなかった。

 それ以来、この樹は秋に咲くマンサクと納得して楽しむことにしている。

 今年の紅葉はちょっと変だが、不思議にどんな天候でもすばらしく紅葉する
樹がある。中央公民館のもみじが綺麗だといわれたが、行けないでしまった。
e0122199_15161965.jpg
 中央病院跡地公園の横の道路の中央に立つ市民運動で残ったイチョウの
木がもう一歩でまっ黄色になりそう・・・通りすがりの紅葉でがまん。
by yoko1939 | 2008-11-18 15:22 | 花・山だより | Comments(0)


やった!!世論が岩手県後期高齢者広域連合議会を動かした!!!

 岩手県後期高齢者広域連合議会が開かれ傍聴した。一般質問二人、決算
認定など審議は型通り・・・。最後に議員発議が提案、議員の定数を現行の
20から35にして、県内の全市町村から1名選べるよう規約の一部変更する
要請書を全員一致で可決された。

 と言っても12月議会で全市町村で賛成されなければならないが・・・

 国民から廃止せよの声が強い後期高齢者医療制度、日本共産党は市町村議会で議員の増員を求めると共に広域連合議会選挙のたびに候補者をたて奮闘。各団体からからも、県民の声を反映させるために「広域連合議会議員を全市町村から出すべき」と改善をせまり県民運動を繰り広げてきた。

 後期高齢者広域連合議会を傍聴した、岩手県社会保障協議会事務局長の
村上和雄さんは「全国的に行革で議員定数を減らす動きの中で、定数を増や
すことは画期的なことだ。県内全市町村議会に請願を提出し三十議会で採択
されるなど県民運動の成果だ」と話していました。
by yoko1939 | 2008-11-17 14:27 | 木木レポート | Comments(0)

e0122199_14474217.jpg
山の達人、實川欣伸さんが富士山登頂600回を成し遂げ全国のトップに立った。

 11日に携帯電話にかけたら「いま富士山の8合目です」と601回目の登山中だった。

 600回は11月1日に達成したという。 5合目の車の中に寝泊りして1日2往復75日間連続、1日1~2回連続88日、今年2往復は通算で109日、11月1日までの通算は245回だという。俗人では考えられない・・・・そこまでやるか?と思うが、やっぱり實川さんだ・・・と納得できる不思議な人・・・・

 横浜での養成講座の帰りに、鶴見のIBS石井スポーツ横浜本店で開催中の「富士山写真家と素人登山家の2人展」に立ち寄った。

 實川さんと会場で会えた!何と別人かと思うほどやせていた。「12キロやせたんです」という。そうまでして登らなくても・・・と心でつぶやいてしまった。
e0122199_14485489.jpg
 写真は富士山ではなく、7大陸のうち6大陸の最高峰キリマンジャロ、エルブルース、コジウスコ、アコンカグア、マッキンリー、ビンソンマシフを制覇した写真だ。デジカメで写したというが大きくしてもちっともぶれていない。空気が澄んでいるからかな?
単独登頂もあるというすごい人だ。


e0122199_14502913.jpg
 もう1人の方は富士山以外はシャッターを押さないという写真家の山賀一男さん。實川さんの後輩なそうだ。富士山の写真を撮りたいばかりに52歳で会社を辞めたという。實川さんと同類の変人なのかも・・・写真は富士山を好きでたまらないという作品ばかり。

 写真展は11月30日(日)までIBS石井スポーツ横浜本店で開催されている。土日は本人が会場にいらっしゃるようだ。山男たちの写真展にどうぞお出かけを・・・

 今年は残念ながら山をご一緒できなかった。帰り際に「来年はぜひ盛岡にいらしてください」とお誘いしたら「一本桜を見に行きます」という。

 NHK朝ドラ「どんとはれ」が放映されてから「1本桜を見たい」というのが實川さんの願いなのだ。富士山600回と一本桜が結びつかないのだが・・・・

来年の春が楽しみ。
by yoko1939 | 2008-11-15 14:43 | 花・山だより | Comments(0)

e0122199_22244425.jpg
1日から30日まで大慈清水お休み処ギャラリーで、稲川悟写真展「ダムと根田茂の四季」が行われている。(水曜定休日10時~17時)

稲川さんからお話を聞いた。。簗川ダム建設のため根田茂の風景画すっかり変わってしまった。失われてしまった田んぼや木の橋、家など四季の風景。高舘剣毎はお盆の時にお墓の前で踊る墓念仏供養など貴重な写真。

 特に気に入ったのがワラビの向こうに自生のアヤメの群落がうっすらと写っている写真。 自生のアヤメ園を写した写真だ。ダムに沈むということで移植したが、さっぱり咲かなくなってしまったのだ。

 案内状に使ったこの風景は作者が一番気に入っているという。失われてしまった風景だそうだ。

 展示はしているが額には入れたくないという写真が2枚。ダムのため移転する家が壊されている写真と更地になってしまった跡地の写真。

 お墓の前での踊りは、部落以外の人は絶対入れないという。何度もお願いして写させてもらったという。踊り手も集団移転で少なくなっており継承できるかどうか?という。

 稲川さんはこの風景を残したいという思いで写真を撮り続けて来た。何回も岩手日報の声の欄に「ダム建設はやめてほしい」と訴えている。
e0122199_22412363.jpg
06年には「せせらぎの詩」との題で秘められた伝説の記録のサブテーマで根田茂の写真集を出版した。

 根太茂への思いがあふれている写真ばかりだ。多くの人に見てもらいたい
by yoko1939 | 2008-11-13 22:32 | Comments(5)

大慈清水お休み処ギャラリー展示
11月1日~30日 稲川悟写真展「ダムと根田茂の四季」

12月1日~27日 絵馬師佐々木つとむ「サーカスと馬たち」


大慈清水お休み処イベント

●佐々木光恵さん指導の籠作り講習会   定員10人

  会費 2回講座で1万円(材料代、昼食ーおにぎり付き)

  日時 1回目 12月13日(土)  10時~午後3時まで
           1月110日(土)  10時~午後3時まで


  内容 12月は竹籠、1月は木の皮かつるで籠を作ります。1日で完成させます.

●東和町浮田神楽観賞会
  日時 09年1月17日(土)  午後1時~3時 会費2000円 定員50人


申込・お問い合わせは・・・大慈清水お休み処 ℡019-622-8989 
by yoko1939 | 2008-11-13 10:08 | Comments(0)

e0122199_0135137.jpg
85歳になる馬場綾子さんが「和紙ちぎり絵の花々」個展を開いた。「ヒヨドリジョウゴ」など可憐な草花が多い。野草が好きな私は以前から馬場さんの作品にひきつけられていた。

 20年前、小学校同級生の高橋佐都子さんが東京から出張してきて「佐藤せつちぎり絵教室」を開いた。2期目の選挙に失敗しお休みしていたこともあり、油絵のようなちぎり絵に魅せられて生徒になった。馬場さんとはその教室でお知り合いになった。
 私は数年で止めてしまったが、馬場さんは20年間続けておられいまだに月1回の教室に通っておられる。その意欲に感服。

 個展の会場は本宮のカフェ・クリンゲン・バウムだが、馬場さんの息子さんの新樹さん、えみ子さん夫妻が自宅兼喫茶を7年前から開いている。
 85歳の初個展に拍手・・・
by yoko1939 | 2008-11-13 00:06 | 花・山だより | Comments(0)