<   2009年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ちょっと寂しいお別れの会


女性の船の会が昨年の総会で「県の事業が廃止になり新会員は増えない、高齢化でブロックのお世話役の引き受けてがなくなった」などの理由で、女性の船の会は解散し、全員の意思を1人1人にはがきで確認し新たな組織を立ち上げることを決めた。

 この1年間で再度ブロックの意見集約し女性の船の会として存続することになったが、仙北ブロックでは解散を決め、個人参加とした。
e0122199_2354910.jpg
 最後のお別れ会を大通りでお食事会となった。

 それぞれ違う団体から女性の船に乗って地域のリーダーとして活躍している個性豊かなメンバーとの出会いは楽しいものだった。ちょっと寂しいがこれからも地域でいろんな場での出会いは続くことだろう・・・
by yoko1939 | 2009-04-30 23:51 | 木木レポート | Comments(2)

キンダーホーム開園当時からの久保先生が退職・・・

e0122199_23453771.jpg
 40年前子どもたちがお世話になったキンダーホーム。開園当時から勤務して
いた久保園長先生が退任され、勤務していた保育士OBの皆さんが中心になっ
て「久保先生ご苦労さん会」が開かれた。一緒に保育所運動した父母として参加。

 40年間の保育園の歴史を知り尽くしている久保先生だが・・・

e0122199_23473390.jpg
 思い出されるのは保育料値下げ運動。



e0122199_23485632.jpg
 「産休明けから預かります」「働くおかあさんの勤務時間にあった長時間保育をし
ます」と東北初の乳児保育所・・・保母さんの負担が大きすぎ次々倒れて行きます。



e0122199_2349394.jpg
 これは大変と父母の会が立ち上がり「長時間保育分は父母が負担」することに
なった。
 「保育料が高いうえに負担が大きすぎる」との声に、「保育士さんを守ることは子
どもたちを守ることだ」と保育料値下げ運動を始めた。


e0122199_2350997.jpg
 何度も話し合いを繰り返し保育料を不払いし積み立て1年間の大闘争となり、
ついに第三子保育料の無料などの値下げを勝ち取った。




e0122199_235147.jpg
 この運動は久保先生をはじめ保育士さんたちにとっても大きな財産となってい
るが、 いま保育所行政から国が責任を投げ出そうとしている時、あの運動の
教訓を降り返ってみるのもいいなー。



e0122199_23515625.jpg
 当時病院の古い建物を使ってのキンダーホームはいま新しく、明るい建物となっ
ている。

 各部屋ごとのこいのぼりが何とも可愛らしい。
by yoko1939 | 2009-04-29 23:37 | 木木レポート | Comments(2)

びっくりです・・・町内会長になりました


e0122199_21413199.jpg びっくりです・・・町内会長になっちゃいました。

 西仙北1丁目と本宮1丁目の一部の町内駒形自治会で、500世帯を超える町内です。

 町内会の総会で自治会長に選出されました。前鈴木定平会長は21年間務めたベテランですが、腰痛の悪化で辞任された。

 長年議員として町内のみなさんにお世話になって恩返ししなければの気持ちはあったが、大役だ。幸いにも役員のみなさんが支えてくださると言うので大船に乗った気持ちでお引き受けした。

 それにしても・・・「女は度胸!」かナー

 町内の女性の先輩に「楽しんでおやりなさい」と言われた。なるほどさすがに人生の先輩だ・・・肩の荷が軽くなった。
by yoko1939 | 2009-04-25 21:37 | 木木レポート | Comments(2)

いわて派遣村が開かれた

e0122199_2173289.jpg
「いわて派遣村」が22,23日の2日間岩手公園にテントを張り、炊き出しも行い
開催されました。

 いわて労連、民商、生健会、医療生協など労働、民主団体が実行委員会を作
って実施しました。

 2日間で33件の相談があり、5人が生活保護の申請をしたと言うことですが、
1年半もホームレスで橋の下で生活していた方や、派遣切りでふるさとに戻った
が、10日間も駅で生活していた方もあり深刻な情勢が反映されていたと主催者
は話しています。
by yoko1939 | 2009-04-23 21:04 | 木木レポート | Comments(0)

珍しい夫婦桂・・めずらしいかつらにおんぶする桜の木

e0122199_20275296.jpg
「川原町の円光寺の桜が綺麗だよ」と聞き駆けつける。





e0122199_20181519.jpg
 枝垂桜が満開・・本堂前の夫婦かつらは新緑が映える。右が雌木、左が雄木で樹齢
310年という。夫婦かつらは珍しいと、市天然記念物となっている。

 さらに珍しいのはこの雌木のてっぺんに桜の木がおんぶしている。毎年花を咲かせ
るのだが、残念!もう咲き終わったようだ。


e0122199_20321353.jpg
 でも雌木の下には種を飛ばした殻がいっぱい落ちていた。よく見ると花の形にも見え
る・・・何か出来そうーーいつものクセでポケットいっぱいに詰め込んだ。





e0122199_20205592.jpg
 山門の補修をしておりしゃちほこが降りていた。間近に見れたのもラッキーだった。
by yoko1939 | 2009-04-23 20:11 | 鉈屋・大慈寺町界隈 | Comments(0)

すばらしい盛岡町家にぴったりのお雛様

すばらしい盛岡町家にぴったりのお雛様、感激・感動だった。
e0122199_10392070.jpg
 座敷いっぱいに飾られたお雛様、その向こうには坪庭があり、蔵が見えている。





e0122199_10401726.jpg
 見事な雛飾りだ。






e0122199_10413343.jpg
 お内裏様もすばらしいが、五人囃子がそれぞれ愛嬌があって面白い。その時代にどんな役割を果たしていたものだろうか・・・と思いが馳せる。





e0122199_10422517.jpg
 お道具もしっかりしている。






e0122199_10472323.jpg
 ひな壇の裏も見せていただいた。しっかりした木板で組み立てられている。その木が座敷の端から端まで1本で組み立てられているという。びっくりだ。組み立てが至難の業
ということでめったに飾らないという。

 奥様が「嫁に来てから飾ったのを1回も見たことがなかった」というのも納得。

 でも保存状態はすごく良い。蔵に保存してあるからなのだ。

 今年最後のお雛様。本当に出会えてよかった。雛祭りの疲れが抜けていくようでとても癒された。

 こんなに大事に保存し、苦労して飾っていただいて町家の主に心から感謝・感謝だった。同時に蔵にも感謝。

 やっぱりお雛様は雰囲気が大事なんだナ・・・
by yoko1939 | 2009-04-21 10:34 | 盛岡を楽しむ | Comments(0)

仙台からの旅人案内・・盛岡散歩


仙台の妹が、押し花教室で講師をしているサークルの方々が12人盛岡の観光にこられ私が案内をかって出た。
e0122199_1626351.jpg
 「でんでんむし」で中央通2丁目で下車、観光客がいっぱいの満開の石割桜を見て、岩手公園へ・・・





e0122199_1629128.jpg
 百貨爛漫・・早咲きのサンシュユやこぶしの花もまだ元気。梅に桜も満開。盛岡桜も綺麗「いい時にいらっしゃいました」と花好きの方々に上を見ながら案内したら、どうやら足元の草花のほうが興味をそそられて居る様子・・・さすがだ!




e0122199_1632022.jpg
 でもしっかりと岩手公園の見所・・石垣を組んだ奉行の名前が刻まれている石垣、石川啄木の歌碑、岩手山がビルの谷間から見える場所など案内。

 石川啄木と宮沢賢治が青春時代を過ごした足跡を顕彰している青春館ではビデオを見ながら一休み。



e0122199_16352747.jpg
 国重要文化財の岩手銀行中の橋支店や市保存建造物の信用金庫本店を見ながら、これも市指定の保存建造物の茣蓙九さんでは御庭や蔵の中まで見せていただく。




e0122199_16364966.jpg
 市指定の建造物の旧第5分団屯所の望楼を眺めてお蕎麦屋さんへ。お勧めしたオニオン蕎麦が好評だった。良かった・・・

 歩きっぱなしなのでどうかな?と思ったが「大丈夫」というので歩いて鉈屋町方面へ・・・
江戸時代の商家、木津屋さんを見て、川村さんにお願いし明治の町家を見せていただく。

e0122199_16381448.jpg
 細重さんのお母さんの盛岡弁をたっぷり聞かせていただき、人生の楽園の主人公の吉田真理子さんにお会いして




e0122199_16401365.jpg
大慈清水御休み処で100円珈琲を飲みながら町家を楽しんだ。

 上野豆腐屋さんの寄せ豆腐をお土産にし旅の終わり・・・

 陽子流の盛岡の旅案内でした。1人の方が「盛岡のイメージが変わりました」と感想を述べてくれた。

 夜に妹からメールが届き、みなさん興奮冷めやらず仙台についてから喫茶店によって「盛岡が良かったからまた、来年行こう」ということになり毎月積み立てをすることにし、係りまで決めたそうだ。

 何よりも町家が気に入ってくれたという。盛岡のファンになってくださったようだ。うれしい・・・またどうぞ・・・
by yoko1939 | 2009-04-20 16:22 | 盛岡を楽しむ | Comments(2)

演説会の後、鉈屋町に足を運んだ穀田恵二さん


いつ選挙になってもおかしくない情勢・・・

 日本共産党演説会が教育会館ホールで開かれ、椅子を出したり階段に座る人がでる

など会場ぎっしり・・・

  穀田恵二衆院議員が政府の追加経済対策は大企業を助けるものばかりで、深刻な

雇用や社会保障を解決できない。おまけにそのつけを消費税増税で穴埋めする計画と

国民に冷たい政治を批判。真の経済対策は国民のふところを豊かにする政治の転換が

必要と訴えました。
e0122199_1283265.jpg
 日本共産党の躍進を訴え、東北ブロック比例予定候補の瀬川貞清氏、1区選挙区予定

候補の吉田候補と共に観衆の声援にこたえました。


 ところで・・・
 演説会が終わって、穀田さんの同級生からの届け物を渡すと「行きましょう・・」と電車を

遅らせ鉈屋町へ・・・

 ご一緒に鉈屋町でまちづくりに取り組んでいるYさんの経営する喫茶店へ駆けつける。

付属中学校の同級生・・クラスメートの話に花が咲いていて楽しそう・・・。

 付属中、盛岡一高で同級の方も駆けつけた。

 ほんのひと時昔の思い出話に穀田さんは、闘士の顔がいつもと違ったやさしい顔になって帰って

行った。
by yoko1939 | 2009-04-19 12:06 | 木木レポート | Comments(0)

コダックフォトクラブ「鉈屋町界隈」写真展・・大慈清水御休み処で・・

雛祭りの後の静かな御休み処・・・

 コダックフォトクラブの「鉈屋町界隈」写真展が5月12日までおこなわれる。

 12月に鉈屋町界隈の撮影会を行ったときの作品を中心に鉈屋町界隈の豆冨屋さん、雑貨屋さんの店先や旧岩手川の町家などなど鉈屋町らしさがあふれている。
e0122199_12251454.jpg
 藤村家の前を若い二人が歩く光景は微笑ましい。






e0122199_12255110.jpg
 2人の子どものお地蔵さんがお母さんの足元に抱きついている写真には「千手院」という題名が付いている。「えーこんなお地蔵さんがあったっけ?」と・・・いつもみなれた光景が違う風景に見える。さっそく千手院へ見に行った方もあった。
by yoko1939 | 2009-04-16 12:20 | Comments(0)

すばらしかったよ!盛岡町家とお雛さま

e0122199_17281681.jpg
盛岡町家旧暦の雛祭り11,12日の2日間、鉈屋町と仙北町を中心に36軒の町家と店舗
等にお雛様を飾っていただき、県内外からの見学の方々に楽しんでいただいた。

 盛岡はほとんどの家で旧暦でお雛様を飾っていたところから、6年前から盛岡まち並み
塾の毎月のイベントの一つとして旧暦の雛祭りを行ってきた。1回目は大坪家と岩手川鉈
屋町工場の2軒だったものが年々飾っていただく町家・店舗が増えてきた。

 この雛祭りはお雛様も見てほしいのだが、普段住んでいる町家を開放していただくので
町家とお雛様の調和する雰囲気と町家の良さを味わって欲しい。そして多くの町家が残
っており保存建造物や寺院、共同井戸など見ながら町を楽しんで欲しいという趣旨で開
催している。
 だから、お雛様は古いのも多いが新しいものもあり、創作お雛様あり、展示もその家の方
々が工夫してくださっている。

e0122199_1729194.jpg
 今回で2回目の仙北町の徳清さんは道路拡幅のため、今年が最後の展示となるという
ことで、2000部作った資料もなくなってしまうという盛況ぶりで、すばらしいお屋敷と江戸
時代のお雛様や南部家家老のお姫様の打ち掛けなどをみて見学者は感嘆の声を上げ
ていた。





e0122199_17271696.jpg
 江戸時代の米蔵、現下町史料館は、小原館長の詳しいお雛様や1000点にのぼる庶
民の生活用具の説明に感服。






e0122199_1651399.jpg
 原敬も帰郷のたびに寄ったと言う旧料亭かわてつは今回二階座敷を初公開。






e0122199_1651528.jpg
2階からたたら山が見えたというが大慈時小学校が3階になって見えなくなってしまっていた。残
念!!昔の建物は風景を庭園に取り入れて建てられていたんですね・・・1階はイベント
のたびに開放し「鰻ご膳」は好評だ。






 今回初参加が4軒。
e0122199_1725923.jpg
 工藤薬局。創業80年。薬屋さんの店先に明治期のお雛様と奥様の妹さんの吊るし飾り







e0122199_17242623.jpg
 斉藤家は玄関先に花巻人形。門を入った瞬間「気持ちいいねー」と言われるお庭が癒
しの空間となっている。





e0122199_17153032.jpg
 明治期の町家。金物屋さんの店先をゆっくりと見るとそこかしこに面影が見られる。金物
屋さんのあるものを活かしての面白い展示。錦絵も色が綺麗。







 鎌田薬局は昭和初期の看板建築でおしゃれな3階の建物。台所もタイルの竈が残って
おり、店には昔の薬やポスターがそのまま・・薬屋さんの博物館だ。3階や地下も公開し「
すばらしい」の声が上がっていた。常居にお雛様を飾り座敷ではお茶会をやって下さった
。こちらは今後のまち並み塾イベントに協力してお茶会を続けてくださる。うれしい!!




 今年は子ども連れも多かった。まちづくりの運動を次世代に引き継ぎたいと、けやき学
童クラブと大慈寺児童センターにお願いし、子どもたちが作ったお雛様が今年初めて参加
。展示場所も子どもたちに町家を体験して欲しいと2軒の町家に展示した。どちらも見学
者の目を引き「可愛い・・・」の声。
e0122199_1650165.jpg
 けやき学童保育クラブの作品は明治の町家坂本家に展示。
坂本家は鍛冶屋さんだった明治の町家を活かして昨年改築し、格子戸を復活させた。そ
のまま残した常居に享保雛の五段飾りを展示。



e0122199_1636115.jpg
 大慈寺児童センターの子どもたちの作品は、明治の町家川村家に。川村家は常居とお
座敷いっぱいにいろんなお雛様が飾ってあった。





e0122199_16435758.jpg
 それぞれのお宅で回を重ねていろんな工夫がされるようになってきた。石岡呉服店で
は雛飾りの他にこんな展示も・・・






e0122199_17334996.jpg
 昭和期のおしゃれな町家、吉田タバコ屋さんでは小さなチリメン人形。残念ながら網の
入ったガラス戸でよく見えないのが残念!玄関先のものを見せていただいた小さなご馳
走なのだ・・・


 ヘアーサロン吉田さんはペコちゃん勢ぞろい。
e0122199_16385013.jpg
 若さを活かした創作人形で注目の美容室フィグレティはこれ!





e0122199_1642418.jpg
 てづくり麹屋さんの細重さん、ひな壇の位置を変えて新たに創作人形が仲間入り・・当
日は孫さんもお手伝い。盛岡弁で人気のお母さん「次々ど人が来て、きがれるがら(聞か
れるから)説明してだら人に酔ってしまたった」と感想。




e0122199_1730433.jpg
 鉈屋町界隈は80代はまだ現役。寺の下の上野豆冨屋さんのお母さんもお雛様の説明
を2日間務めた。えくぼのお雛様が人気。






 2日間はお店がお雛様で一色・・・


 靴屋さんの宝屋さん


e0122199_17161559.jpg
 石屋さんの中村石材さん

 ふじさわ美容室さん

 松木屋呉服店さん




e0122199_17255752.jpg
 沢口畳屋さん






e0122199_16483081.jpg
 川市さん

 お菓子の松田屋さん




e0122199_17232075.jpg
 毎年人気の高い吊るし雛はピッピさん、スペース鉈屋町では、終日賑っていた。

 

 大慈清水御休み処では10組のお雛様を展示。仙北町五日市家の南部家ゆかりの享
保雛。



e0122199_17184777.jpg
今年ご寄付いただいた駒形町加藤家の昭和初期のお雛様。大家さんの大沢家の
明治期のお雛様。





e0122199_1721629.jpg
兼平家の享保雛、小川家の明治期のお雛様など展示。終日人があふ
れていた。






e0122199_1647335.jpg
 仙北町金沢家では毎年お雛様を変えて展示してくださる。今年のメインは館雛。大きな
館と三人官女の立ち雛とその動作が珍しい・・・義経と弁慶の一行や茶坊主もユーモアが
あってとても面白い。

 本当はゆっくり見れたらいろんな発見があるだろうと思うのだけど・・・・



 一日楽しんでいただきたいと思ってイベントも盛りだくさんだった。

 カフェやお食事処も昨年より大幅に増え12軒となった。
e0122199_17171994.jpg
 大坪家ではお茶席。ボランティアさんたちが当日は見られないでしょうと、事前にボランティア
さんたちをお茶会にご招待していただいた。うれしいひと時だった。
 イベントも盛りだくさん・・・
 




 大慈清水御休み処では、
e0122199_16451115.jpg
籠づくりの佐々木光恵さん







e0122199_1755115.jpg
 繭人形作家の松本裕子さん。「可愛い・・・」の歓声が上がる。







 紫波町に窯を持つ「平栗窯」の関口憲孝・好美さん。憲孝さんは川原町出身。






 92歳のおばあちゃん伊藤テルさんが作った人形の着物展。お話を聞く人が絶えず2日
間の出番にも疲れを見せず「楽しかった」と元気に帰られた。





[#IMAGE|e0122199_17314038.jpg|200904/24/99/|left|200|150# 
旧八百倉家ではおもてなしプラザが盛岡のブランド製品の販売。





e0122199_1725910.jpg
 大慈寺小学校前では、産直「花山野」の販売。朝市の方、おやき、






e0122199_16394849.jpg
岩大の手づくりバザーなど、買う楽しみも味わっていただいた。






e0122199_16521964.jpg
2日間、関係住民の方々のご協力を得て、初めて10時~16時まで鉈屋町のメイン道路を
交通止めをした。訪れた人々はゆったりと見られ好評だった。
by yoko1939 | 2009-04-12 16:30 | Comments(4)

盛岡のまちと暮らし、岩手の自然を楽しむレポート


by yoko1939
プロフィールを見る
画像一覧