e0122199_1254784.jpg

 ハンカチノキを見たいと思って岩大植物園へ出かける。今年も会えた!!しかも丁度満開だった。絹の白いハンカチをひらひら揺らしているようなロマンチックな木だ。
e0122199_1262870.jpg

白い部分は額で花は根元の丸い部分だという。
e0122199_1271733.jpg

ポポーの花が満開。秋にアケビのような形をした、マンゴーとバナナを掛け合わせたような甘い実がつくが、その実とは結びつかないような可愛い花だ。
e0122199_1281944.jpg

植物園をひとまわり・・・カラタチの花がまだ残っていた。
e0122199_129159.jpg

蓮池には2つ3つ花が咲き始めている。
e0122199_1294685.jpg

キングサリも咲き始め・・・
e0122199_12103118.jpg

ハクウンボクはまだ蕾だった。ハクウンボクの花は山の女王様のような雰囲気が漂う。山の中で出会いたい木だ。

岩大植物園は、いろんな木や植物と出会える町中のオアシスだ。
by yoko1939 | 2011-05-24 12:03 | 花・山だより | Comments(0)

e0122199_11513491.jpg

明日雨の予報を聞いて畑へ出勤。先日種を植えたスナップエンドウと、
e0122199_1152634.jpg

アカバナエンドウが芽がでてきた。種を蒔くのが遅いと言われ心配していたが一安心だが、無事に花を咲かせてーー一方心配してなかった人参が一本も芽が出てない・・・もう少し様子を見よう。
e0122199_11524948.jpge0122199_11533685.jpg













カボチャとピーマンの苗を植える。
e0122199_11542353.jpg

あらたに落花生に挑戦。花が咲くと地面にもぐっていくという・・・面白そう・・・
昨年の種の残りのサラダカブと大根を植える。今年は市議選が8月28日投票日。8月収穫時期の大好きなエダマメは残念だが植えない!10月頃取れる秘伝にすることにしてもう少し畑を空けておく。
e0122199_11551717.jpg

年を越した菊は根分けして植えた。苗が欲しい方にあげるのだがそれでも沢山の苗を捨ててしまう。もったいない・・・・
e0122199_1156148.jpg

これも年を越したルバーブは元気に育っている。3本ほど採ってジャムにした。酸味が強くてジャムにすると美味しい。
by yoko1939 | 2011-05-20 11:46 | 食と農 | Comments(0)

新婦人しそのみ班の鉈屋町界隈めぐりの案内役を引き受けた。

下町資料館 南部藩の米蔵
e0122199_22244624.jpg

明治橋際にある南部藩の江戸時代の米蔵へ・・・
下町資料館として毎月第1から第3までの土日が開館日となっているが事前申込して開けていただいた。管理委員会会長の千葉さんが説明してくださったが、南大通3丁目の町内会長も務める女性会長の先輩だ。
e0122199_21333390.jpg

米蔵は土台を高く、天井は二重構造にし湿気対策が施され常に15から20度に保たれており、漆喰壁は防火対策と同時に、北上川の洪水時にも半分くらい水をかぶっても中には一滴も入らなかったという防水対策にもなり、すぐれた建築だ。

「大地震でどうだったのですか?」と聞くと「壁にちょっと亀裂が入ったが、中の展示品は紙人形がドミノみたいに倒れていただけで大丈夫だった。当日旧暦の雛祭りの準備でお雛様を飾り、帰ろうと外に出たときに地震だったが蔵はゆらゆらと舟が揺れてるようだった」

新山河岸 
この周辺は新山川岸として、ここから石巻までの200キロの南部藩の船着場で、番所、舟宿、蔵が建ち並んでいた。帆掛け舟で黒沢尻で大きな舟に積み替えて石巻まで荷物を運び、石巻までは3日半だが、石巻からは14日かかったという。明治23年鉄道が開通するまで活気あふれる河岸だったらしい。

新山舟橋
e0122199_21345880.jpg

新山舟橋の絵図のコピーが展示されていた。奥州街道の出入り口として栄えた地域で、北上川の中洲に中島を築き柱を建て、そこに鎖で川原町に12隻、仙北町に12隻つなぎ板を渡して橋を作っての行き来だった。
e0122199_21355315.jpg

当時の舟柱が展示してあった。
昔使っていた生活用品が展示されており、丁寧に見れば1日いても飽きないほどだが先があるので失礼していた。

円光寺
e0122199_22252993.jpg

円光寺による。本堂が市保存建造物となっており、山門は左甚五郎の作だと伝えられている。ここの見ものは本堂の前にある夫婦かつらの木、左が男株、右が女株で市天然記念物となっている。女株には桜の木が住み着き花を咲かせてくれる。
e0122199_22263862.jpg

もう一つが首塚がたっているが、1675年南部藩の奥女中が、切支丹で首を切られた父親の首をもって円光寺に駆け込みお願いし供養をしてもらった。自首したが、30代の行信公が親孝行を愛でて側室にしたといういわれが伝わっている。

明治の町家川村家
e0122199_21364036.jpg

川原町は奥州街道の玄関口として栄え問屋、旅籠などが並んでいたようだ。いまだに立派な町家が多く残っている。乾物の問屋だったという明治の町家川村家を見せていただいた。
外側は現代の建物だが中に入ると立派な常居がそのまま・・座敷があり坪庭が残る。その奥には蔵があったという。「神棚は商売によって異なっており、家の神棚は乾物屋のもの」と川村さんが話してくれた。

木津屋本店
県指定文化財で、1834年築。京都の武士だった初代は「国書改ざん事件」で幕府に追われ南部藩に預けられた江戸の和尚「方長老」さんをしたい盛岡に来て、商人となった。大火から守るため土蔵造り、うだつをつくり、火事になったときは、商品を全部地下に入れ戸を閉めると自動的に戸の上に防火砂が覆うという建物を作った。防火用具もそろえ、昆布むしろ、大ウチワ、手動ポンプ、水掛柄杓など備えており、これで明治17年の盛岡大火を免れたという。その上もし焼失した時のために今の神子田にすぐ建てられる木材を準備していたという防火対策がなされていることで有名だ。

お蔵にしろ木津屋さんにしろ、その時代あらゆる災害を考えて建てられていることに驚いてしまう。大災害の見まわれた後だけに考えさせられた。もちろんお金の問題もあるが・・・災害に強い建物、町づくりを知恵をしぼってしっかり考えなければならないのでは無いのかな。
by yoko1939 | 2011-05-19 21:22 | 盛岡を楽しむ | Comments(0)

正伝寺へ知人の葬儀へ出かける直前、郵便で治安維持法犠牲者賠償要求同盟のしんぶんが届いた。「盛岡にある三陸大津波供養塔」とiいう記事に驚いた!
e0122199_14165337.jpg

盛岡市愛宕町の正伝寺の境内に明治29年の「三陸大海嘯(つなみ)難死者供養」碑があるという。津波研究家の山下文男さんが「青森県から宮城県にかけて沿岸には約200基あるが、内陸に津波の碑は珍しい」と言っているという。
葬儀の帰り、会葬者の数人の方が気がついて碑の前に足を止めていた。結構大きい碑で真ん中に「三陸大海嘯(つなみ)難死者供養」と刻まれ、その両脇に「明治29年丙日6月15日<旧暦>5月5日午後8時海嘯(つなみ) 岩手県死亡者25413人宮城県同3314人青森県同346人総計29073人当山24世帯心水代とあった。

山下文男さんの研究によれば岩手県の犠牲者は山奈宗真が調べた18158人が最も近いというがあらためて大津波だったことを実感させられる。

碑の後ろに周って見たら、発起人と賛成者の名前が刻まれており、7回忌にあたる明治35年に建立されたものらしい。盛岡でもその日沿岸に行っていたなど犠牲者が出たことでこれらの方々が供養塔を建てたたと言う。今回の東日本大震災後、この供養塔にはいつも花束が供えられているという。 
by yoko1939 | 2011-05-17 14:10 | 盛岡を楽しむ | Comments(0)

今年の桜の開花はいつもより遅かった。例年桜を見ると気持ちが晴れやかになって「春だー」とやる気満々になるのだが、今年はなぜか桜が寂しそうにしか見えなかった。。
e0122199_135653.jpg

一足遅く咲く八重桜は色が鮮やかで美しい。肴町から十三日町に入ると突き当りに祇陀寺の八重桜が見事に満開。ひかれように立ち寄る。例年にまして色が鮮やかに見える。元気を出してがんばれ!!と言ってるようだ。
e0122199_1405926.jpg

祇陀寺には寺鐘がある。先日惣門界隈の103歳の方が亡くなりお悔やみに行ったら、遺族の友人が「和尚さんが言ってたけど・・・この近所の方々は祇陀寺と円光寺の鐘を聞きながら暮らしているから長生きするんだそうよ」とー

生まれた時から30年近く祇陀寺の鐘を聞いて育った。記憶は無いが、鐘は戦前、供出されていたかも知れない・・・ふと子どもの頃を思い出した。1、お寺の恩恵は沢山あった。墓地が遊び場で、かくれんぼには絶好の場所だった。2、杉の木がいっぱいあり、竈の薪の火をつける杉の葉拾いは子どもの仕事だった。風が吹いた次の日の朝早く起こされ杉の葉を拾いに行き、炭すご一杯にするのが楽しみだったが、そんな日はみんな早起きするのだから少ししか取れないことがほとんどだった。

3、もう一つ長生きの恩恵にあづかれるかな・・・
by yoko1939 | 2011-05-16 14:01 | 盛岡を楽しむ | Comments(0)

面白ーい二輪草

e0122199_1463825.jpg

岩鋳工場前から登る箱が森へのコースは沢沿いにニリンソウの群落が続くとてもうれしいコースだが、しばらく登っていない。もうニリンソウの季節も終わってしまう。登る時間が無いので1時間ほどニリンソウを見に行ってきた。
e0122199_1474731.jpg
e0122199_1481463.jpg








なんと大発見!!ニリンソウは一輪から四輪まであった。しかも花びらの枚数もそれぞれ違う。ニリンソウの花びらは親が6枚だと子どもが5枚、親が7枚だと子どもが6枚・・・とっても面白い花だったんだーもっとゆっくり観察したかったが時間が無いと急いで帰ってきた。緑色のニリンソウもあるけど会えなかったなー来年の楽しみ。
by yoko1939 | 2011-05-15 14:01 | 花・山だより | Comments(0)

昨日釜石に出がけに急いで作った「すみれゼリー」少ないほうは固まって妹に持っていったが、量が多いほうは固まらずわが家で賞味。昨日のことを思いながら・・・
e0122199_1345212.jpg

妹宅も津波は免れたが、ガスの復旧に時間がかかり、煮炊きは反射式のストーブで、お風呂は大きなたらいと言う生活が1ヶ月以上も続き、ついに自衛隊のお風呂が一般人にも開放されて入ったという。近くの小学校の避難所の炊き出しに毎日出かけたりで大変だったらしく、疲れが見えていた。被災地ははやっぱりみんな大変だったんだー。

すみれゼリーはこの時期だけしか作れない。スミレが可哀想・・・なんて思いながら、目で楽しむお菓子として大好き!
by yoko1939 | 2011-05-12 13:42 | 花・山だより | Comments(0)

予定が変更になって1日あいた。かねがね行かなきゃーと思っていた釜石へ。急きょ妹宅目指して夫と2人で車を走らせる。途中、休憩をかねて産直へ寄りながら・・・時間がかかった。

妹宅で大震災の日のことを聞いているうちにサイレンがけたたましく鳴り渡った。午後2時46分。2ヶ月目の11日だーみんなで手を合わせる。

中妻で津波の被災を免れた日本共産党東部地区委員会にささやかに差し入れを持ちながら、知人の消息を聞く。党員の方々が青空市の準備で忙しくしていた。
e0122199_1649513.jpg

妹に釜石の中でも被害がひどかった鵜住居に案内してもらった。テレビで見てはいても、話には聞いていても被災地はひどいものだった。この地で多くの方々が犠牲になったと思うと見ていられない・・・鵜住居で被災したMさんの「何にも無くなった・・・戦争と同じダー」という言葉が思い出された。
e0122199_1651238.jpg

防波堤も役に立った!たたなかった!と論議があるが、ずたずただった。
e0122199_16513813.jpg

市内の商店街も歩道がいまだに瓦礫の山だった。「どこも綺麗になった。道路が広くなった」と妹が言う。

復興は長い期間かかるだろう・・・被災者に気持ちを寄せて、長く続けなければーとあらためて支援について考えさせられた。
by yoko1939 | 2011-05-11 16:40 | 木木レポート | Comments(0)

5月に入って元の歯車が動き出し走り回る生活になってきた総会シーズンで今日は市町連総会。 自転車で歩くといろんなものが目に付いて楽しい。震災以来自転車に乗ることが多くなってだいぶ上手になってきた。

市総合福祉センターからの帰り道清水町でピンクのもくれんの大木。しかも色も綺麗・・・
e0122199_16363164.jpg

もくれんの花のじゅうたんが素敵!
e0122199_1637465.jpg

仙北町にはいると、白、赤、ピンクの3色の桃の花が咲いている。
e0122199_16373040.jpg

灰色だった3月から新緑がさわやかに・・・そして桜からいろんな花が色を添えてくれる・・・少しずつ山や花から元気をもらって日常生活を取り戻してきた。
by yoko1939 | 2011-05-10 16:31 | 花・山だより | Comments(0)

やっと畑へ出勤

今年こそ早めに畑へ出ようと思っていたのに・・・やっと初出動。
e0122199_16272444.jpg

年を越したルバーブが元気に迎えてくれた。

種をまくには時期が遅すぎると注意されたが・・・どうしても植えたかった!
e0122199_1627555.jpg

赤花サヤエンドウと
e0122199_16282564.jpg

スナックエンドウは初挑戦!
e0122199_16284962.jpg

人参はたっぷり食べたい・・・ニンジンジュースは自分の人参で飲みたいんだモン。
e0122199_16291655.jpg

ジャガイモは、種は畑の先生からいただき5畝も植えた。がんばった!!

ところで・・・種の袋をジーッと見れば・・・赤花サヤエンドウの種の生産地はタイ、スナックエンドウはアメリカ、人参はチリ。みんな輸入物ー。ジャガイモの種は北海道産だというが・・・
めったに岩手県産の種に出会うことが無い。どうしてなのかなー?
by yoko1939 | 2011-05-09 16:25 | 食と農 | Comments(0)