田中文子の世界50年展

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

by yoko1939 | 2012-09-20 15:38 | 盛岡を楽しむ

暑い!盛岡秋祭り

盛岡秋祭りがはじまった。16日まで行われるがなんと暑~い秋祭りとなった。記録を塗り替えるような夏の暑さが9月も続き14日間のうち12日が真夏日だったという。

今日の最高気温は33.3度。この暑いなか9台の山車が八幡宮から参道を練り歩く「八幡下り」が行われた。
e0122199_12112288.jpg

今年は仙北町の第1分団「は組」も平清盛の山車を奉納。町内会にも半纏が届き昨日から参加しているが、「暑い!暑い!」と言いながら元気に楽しそうに歩いている。お祭り好きが集まっていると思った。
e0122199_1211477.jpg

わが故郷の南大通り2丁目町内会も「四条畷(しじょうなわて)」の山車を奉納。今年はご縁の深い秋祭りになってうれしい。

盛岡山車大絵巻パレードは、15日午後6時歴史文化館前出発し大通りをパレード

16日午後1時からは、八幡宮境内で流鏑馬が行われる。
by yoko1939 | 2012-09-14 11:41 | 盛岡を楽しむ | Comments(0)

用事で仙台を訪れた。被害が大きかった名取閖上を案内してもらった。

小高い日和山では午後2時46分にあわせて法要が営まれていた。今日は東日本大震災から1年半だ。次々と人々が訪れ手を合わせていた。案内してもらった妹は「この辺一帯住宅地だったんだよー」
e0122199_1665043.jpg

海が間近に見える一帯が平野で一面が住宅地だったという。住宅の土台石だけがあちこちに見えているが高く伸びた雑草で隠れている。

今はきれいな海に白い波が押し寄せているのが見える。海がこんな間近なところに・・・どうして膨大な住宅地ができたのか?と不思議に思った。しかも高い建物は何もない。いまは、白い波が地震の後黒い壁のような波になって町も人ものみ見込んでいったんだー。高いところに逃げろといわれても逃げるところがない!!怖い!と思った。逃げ切れない人が多かっただろうな・・・と思いつつ手を合わせた。

しばらく車を走らせて高い建物が閖上中学校だった。14人の生徒が犠牲になったと石碑が建てられていた。多くの市民が押し寄せたが、車で待機していた人たちはぎせいになってしまったという。

多くの方々がまだ行方不明になっている。復興に足を踏み出している人たちもおられるが、多くの方々が先の見えない生活を送っているようだ。

それなのにーNHKで取り上げられた復興予算の行方を見て本当に腹が立った!!
復興予算の名目で沖縄の国道工事、岐阜のコンタクト工場の設備、霞が関の官庁の耐震工事に回っていたという。「本当?!」

こんなでたらめ許されるのか!!被災地の人たちをそっちのけで政権争いをしている政治を変えなきゃ!!
by yoko1939 | 2012-09-11 15:11 | 東日本大震災関連 | Comments(0)

朝から昨日のお祭りの跡片付けし、ぶっ続けの行事続きに疲れ気味・・・

少し休めばいいのに・・・と思いながら原敬記念館のイベントの子どもスケッチ教室に参加。「生家で寺子屋ー手習いスケッチ編」の催事予定を見て、今朝電話したら大人もOKと言われ駆け付けた。

どんなことになるのかな・・・と思ってたら、いきなり生家と原さんの顔を描けという。子どもたちは手慣れたもので場所を決めてさっさと書き始めている。
e0122199_13405226.jpg

追い立てられるように描き始め、何とか子どもたちに追いついた・・・講師は紫波町立片寄小学校長の細川稔先生。先生の助言で子どもたちの絵の変化していく様子を見て、指導の大切さを感じて面白かった。

自己流の私はというと助言されて少しは良くなったかな~?

子どもたちと一緒のスケッチは、しばし疲れを忘れストレス解消の楽しい時間だった。
by yoko1939 | 2012-09-09 09:15 | 絵日記 | Comments(0)

駒形神社お祭り

駒形自治会と青物町内会が協賛会を作って実施している駒形神社祭典は8日大宮神社から神主さんがいらして例大祭を行い、
e0122199_14585540.jpg

夜は両町内の役員が作った舞台で子ども演芸大会や
e0122199_150543.jpg

踊りや歌手による歌が披露された。
e0122199_1504740.jpg

舞台が始まる前、こども神輿が両町内を練り歩く。最初は「わっしょい ワッショイ」も小さな声だが、帰ってくるころには大きな声になっている。
e0122199_1515690.jpg

出店も両町内の手作り、焼きそばは町内の女性役員、やたこ焼きは老人クラブがそれぞれ腕を振るい、子どもたちに人気の綿あめは男性役員が腕を振るう。売り方になった役員と子ども演芸大会に出演した子どもが「お前うまがったぞー」と会話。屋台は子どもたちとの交流になっている。

今年特筆すべきは、神主さんが駒形神社の由来を書いたものを持ってきてくれた。おじいさんにあたる先先代の神主さんが書き留めていたものだという。

村社駒形神社由緒
 岩手県盛岡市仙北町西浦地鎮座
 村社駒形神社

祭神  保食神

  贈従三位 南部光行(県社桜山神社主祭神)源頼朝の軍に属し、藤原泰衡征伐の功に依り、陸奥国糠部の地を与えられ、建久二年其の封土に赴くや、專ら産馬事業に着目奨励し、依って其の祖神たる保食神を祀りて、蒼前駒形明神と称え、旧領地甲斐国より従え来りし加藤京吉なる者を御駒太夫として奉仕せしめ、領内諸民にも広く崇敬為さしめたりしを、廿七代の後裔南部利直盛岡城を築き、慶長四年三月、居を転ずに際し、駒形の神霊をも奉移し、現鎮座地仙北町西浦地に荘厳の社殿を建設し、同じく加藤京吉の子孫をして奉仕せしめたり、而て御駒太夫には、盛岡藩領内に於ける小芝居以下諸種興行物等の支配権を与うるの外駒形祭神の守札其の他各種諸神の絵像を藩内広く頒布するの権を特許せり。

 慶長四年駒形神社落成するや、乗馬の真影を模造せる木馬を利直寄進し、其の以降吉例として毎年正月三日盛岡城内に於いて、御駒太夫自ら諷謡其の木馬を扱い、飛馬(とび馬)と称する巧妙の舞伎を演じ次ひて太神楽の曲を畢へ、其れより連枝族諸家並各称する巧妙の舞伎を演じ次ひて太神楽の曲を畢へ、其れより連枝族諸家並各重臣外市の内外を回り、太神楽を演じたるものなりしと。
 三十三世南部利視、延享五年正月、岩手郡向中野鷹野場へ赴く途次駒形社へ参詣し否や大鳥居を献納せるなど崇敬最も篤かりしと。
 四十世南部利綱の時代即ち嘉永三年十月九日、土御門殿より陰陽道免許状並びに吉田殿より蒼前駒形明神御神位拝受として、御駒太夫加藤源次郎上京の件許可せらる。
又農民家に於いて厩舎新築せば、必ず御駒太夫を招請して馬匹安全繁殖の祈祷を為さしめ、且つ毎年農村各戸に絵馬を頒布し、厩舎出入口に必ず是を掲揚せしめたりと。
 御駒太夫に髄属し太神楽等を奏する股肱部下の戸数七軒ありて往古は該社殿に隣接住居せしめたるよりして俗に彼らを呼びて7軒丁と詳伝するにいたれりと。
 藩政時代の社殿を現存せざるのみならず境内社地四分の一に減少せりと。
 明治維新に際し、村社に列し駒形神社と称す。

右由緒は、南部伯爵家所蔵の旧記並口碑の所伝に基づくものとす。
                                                
                             
by yoko1939 | 2012-09-08 14:23 | 盛岡を楽しむ | Comments(0)

みなさんはとっくにジャガイモ掘って大根植えているのだが・・・とにかく暑くて雨が降らない。畑は砂漠状態で歩けば土埃があがる。
e0122199_1485040.jpg

昨日一瞬雨が降り、明日が雨降る予報を信じて大急ぎでジャガイモ堀をした。全く手伝わない夫がめずらしく1畝と半分くらい掘ってくれた。おかげでなんとか大根までまくことができた。暑くて雨が降らない今年の夏野菜は家庭菜園やっている人たちから聞いても様々だったが、ジャガイモは小さかった・・・

畑の先輩たちからは「大根は八幡さんのお祭り前には蒔かなきゃないんだよ」と言われた・・・昨年は9月16日だった。どうりで小さい大根だったなー
by yoko1939 | 2012-09-06 13:57 | 食と農 | Comments(0)

盛岡市手代森で繭人形の工房を開いている松本祐子さんが大通りのリリオで作品展を行っている。今日が最終日なので駆け付けた。
e0122199_15305258.jpg

いつもながら繭の良さが活かされやわらかい感じがでている。今回はこの可愛い浴衣姿の女の子の作品を製作できるコーナーがあった。時間がないので材料だけいただいてきた。

たぶん浴衣姿の女の子にはならないだろう・・・山ガールにでもしようかなー?と考えていることが楽しい。いつできるかわからないが・・・・
by yoko1939 | 2012-09-02 15:17 | 盛岡を楽しむ | Comments(0)

防災訓練と葛の花

今日は防災の日。全国各地での防災訓練がテレビで流れていた。仙北地区でも社会教育福祉推進会主催で防災訓練が行われた。

わが自治会でも役員が9時に公民館に集合し一人暮らしや高齢世帯などの安否確認を行った。代表が仙北地区活動センターへ出かけ防災機器の使い方や消火訓練などが行われた。

いつも思うのだが・・・沿岸とちがって何からの防災訓練なのか良く理解できないのだがとにかくやることに意義ありかな?
e0122199_15165828.jpg

母の施設の周りには葛のつるがいっぱいに伸びている。いま花盛り、とってきては根を焼いて玄関に飾っておくがすぐしおれてしまうのが難点。

あま~い匂いが玄関いっぱいに広がり疲れが抜けていく気分になる。3日くらいでダメになるので、何回もとってきては葛の花の生け花を楽しんだ。  
by yoko1939 | 2012-09-01 14:53 | 花・山だより | Comments(0)