<   2013年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

吉田松陰追っかけ③松陰盛岡に入る

嘉永5年3月11日吉田松陰と宮部鼎蔵は中津川をわたって盛岡城下に入った。

松陰たちも旅の途中見かけただろうか?岩手公園に咲くまんさく(3月27日撮影)は春一番の花で、3月初めから咲き始める。
e0122199_22334042.jpg

織田久著「嘉永5年東北」によれば・・・
翌日12日山影村に江端梧楼の兄江端春庵の遺族を訪ねた。春庵の母と妻、2人の子どもが息をひそめて暮らしていた。母は「あなたたちを見ていると梧楼が目の前にいるようだ」と涙を流した。山蔭村はどこだろう?

その足で2人は春庵の墓参りしようと香殿寺(『内史略』には天福院とあるらしい)へ行ったが、春庵の仮葬所は処刑人の咎によって板塀で囲われていた。憤慨した2人は板塀に筆を走らせた。松陰の日記には「拝哭の余り、忼慨に堪えず、鼎蔵国風二首を題す。予も数句を題す」とあり日記にも記載されているが、誰かに目撃されていたらしく横川良助の「内史略」にも記録されているという。

板塀に書き記されていたものは織田久著「嘉永5年東北」を写させてもらう
「嘉永五年三月十二日、旅の士両人、(中略)板塀に直々、矢立墨坪を出し書きつけ置く、春庵は、江戸学者東条文蔵の門下にて文学世に鳴る者なりしが、さだめてその同門にして特に入魂(じっこん)にせし者なるべし云々、昼九ツ参拝す。
人衆勝天亦阿久 人衆(おお)ければ天に勝も亦何ぞ久からん
請俟他年天定時 請う他年天定まるの時を俟(ま)て。
男児報国一死足 男児国に報いば一死も足る。
黄泉之下君瞑目 黄泉のした君瞑目せよ。
  長門国松平大膳太夫家中 吉田大二郎(年齢三十一、二)
なき人をよその袂をしぼりつつ なみだのしづく手向けこそすれ
あはれいかに草葉の陰にて思うらん 同じこの葉の行末いかにと
  肥後熊本藩中 宮部鼎蔵増実(年齢二十一、二)」

宮部と松陰の年齢は取り違えているが、意識的であろう。仇討を志す江端梧楼と遺族への悲憤の思いがあふれている。

そんな気持ちを抑えきれずに北上川の舟橋を渡り奥州街道を南へ一時間ほど行くと津志田
で、道の両側に妓楼が立ち並んでいた。
松陰は日記に「津志田村を過ぐるに、方(まさ)に道樹を仆(たお)し、良田を廃して新たに妓楼数十家を起(た)てんとす。南部の国事、実に悼むべきかな」と記されていた。
by yoko1939 | 2013-03-31 22:32 | 盛岡を楽しむ | Comments(0)

吉田松陰の追っかけ②なぜ脱藩して東北の旅に出たのか?

2月10日に学んだ吉田松陰と盛岡がきっかけですっかりとりこになり、吉田松陰の追っかけをしている。

仙北活動センターの図書室で取り寄せてもらい織田久著「嘉永五年東北」-吉田松陰『東北遊日記』抄ーを借りて読んだ。とにかく面白かった!!
e0122199_21293861.jpg

なぜ脱藩までして旅に出たのかわかった
吉田松陰が東北の旅に出たのは嘉永5年(1851年)12月15日だった。同行者は親友の熊本藩士宮部鼎蔵と、浪人で亡兄の仇討に盛岡の戻るという南部盛岡藩士安芸五臓(本名江端五郎)だった。

 出発の日を安芸五蔵のことを思いやって赤穂四十七士の討ち入りの日を決めていた。ところが長州藩から旅行の許可は早々に下りていたものが、通行手形が手間取り出発の日に間に合わなかった。他藩の者に長州人は約束を守らない輩と思われるより亡命し一身に罪を負う道を選んだという。

 参勤交代を待って仇討をやるという安芸と白河で別れて、松陰と宮部は会津に向かったと。仇討を助勢するために旅に出たと思っていたのは間違いで、度重なる外国船の侵入に立ち向かえる国になっているのかを確かめる遊学だったらしい。
by yoko1939 | 2013-03-30 21:12 | 盛岡を楽しむ | Comments(0)

歴史てくてく①内陸に珍しい明治の大津波の碑

三月十一日、東日本大震災から二年目。震災後、犠牲者を悼み多くの方々が手を合わせている碑が盛岡にある。
e0122199_177644.jpg

 盛岡市愛宕町の正伝寺の境内に建つ明治二十九年の「三陸大海嘯(つなみ)難死者供養」碑だ。
 結構大きい碑で真ん中に「三陸大海嘯(つなみ)難死者供養」と刻まれ、その両脇に「明治二十九年丙日六月十五日{旧暦}五月五日午後八時海嘯(つなみ) 岩手県死亡者二五、四一三人宮城県同三、三一四人青森県同三四六人総計二九、〇七三人当山二十四世帯心水代」とあった。
 
 碑の後ろに周って見たら、発起人と賛成者の名前が刻まれており、七回忌にあたる明治三十五年に建立されたものらしい。
 正伝寺の大黒さんに聞いたら「うちの寺の檀家は商売家さんが多い。沿岸に商売に行って犠牲になった方の関係者が建てたと思う」と話していた。
津波研究家の故山下文男さんによれば「青森県から宮城県にかけて沿岸には約二〇〇基あるが、内陸に津波の碑は珍しい」「岩手県の犠牲者は山奈宗真が調べた一八、一五八人が最も近い」という。正確な人数が把握できないほどの大津波だったことを実感させられた。
 今日も多くの方が花を手向けていた。「忘れないよ・・・」と手を合わせてきた。( 浦川陽子)
by yoko1939 | 2013-03-30 16:48 | 歴史てくてく | Comments(2)

盛岡城を造った人々を思う散歩・・また楽し

いつももっと早く出かけていたが寒さがやっと和らぎ出かけた。岩手公園のまんさくは満開だった。
e0122199_20213530.jpg

吉田松陰の追っかけしているうちに、南部藩の歴史をちょっぴりかじり盛岡城の歴史にぶつかった。

 盛岡城は、南部信直、利直、重直の三代の城主にわたる難事業で四十年を費やし一六三三年(寛永十年)に完成している。
 築城工事に動員された人夫は日々2000人以上だったというから想像を超える。

 雪博士の高橋喜平さんは著書「岩手公園の四季」で「わたくしの頭を去来するものは、数多くの人々への思いである」とひどい苦役を強いられた人々へ思いを馳せ、「石垣にはそんな人たちの怨念がひそんでいただろう。長い年月がそれを流し夢とロマンをかきたてる」と見事な石垣を造った石工の技術をほめたたえている。

 良質な花崗岩を使った美しい石垣は高い評価を受け、盛岡城は、白河城、弘前城と並び東北の三大城跡といわれている。

 桜山神社の右側と菜園側のトイレの後ろの石垣に、築城の奉行の名前が刻まれているのも興味深い。下の橋教会の後ろには南部盛岡藩の彦お蔵がある。

 明治維新で政府に建物は壊されたが、国から南部家が4000円で払い下げられたものを、県が譲り受け、明治三九年に岩手公園が完成し、盛岡市に昭和九年移管となった。

盛岡城を造った人々を思いながら歩くのもまた楽しい散歩だ。 
 
by yoko1939 | 2013-03-26 19:52 | 盛岡を楽しむ | Comments(0)

被災地を元気にする鵜住居虎舞

第2回岩手の民俗芸能祭の第2部は「東日本大震災と沿岸芸能のこれから」とのテーマでシンポジウムが行われた。

パネリストに鵜住居虎舞代表の土澤豪紀さんが加わり話していた。メンバーのほとんどが被災し虎舞の道具も流されてしまったが、全国からの支援を受けて復活させることができた。被災したみなさんが少しでも元気になってもらいたいと活動し喜ばれているという。

メンバーのほとんどが仮設住宅暮らしだという。虎舞は見ているほうがパワーをもらったが、いろんな困難を乗り越えながらの活動だろう。

パネリストの方々からは、民俗芸能でみんなの気持ちが一つにまとまり復興に向かってもらいたいという熱い気持ちが伝わってきた。
e0122199_22385174.jpg

鵜住居虎舞は昨年の民俗芸能祭にも出演しており、シンポジウムで岩鼻さんは津波で娘さんとお母さんを失くしたこと。お父さんの笛のよき理解者だった娘の美沙紀さんに笛を聞かせたいとの思いで、お祭り囃の笛を供養の笛に変えて虎舞の笛を吹き始めたことが紹介された。

大震災2年目の次の日、12日のNHKニュースウオッチ9で岩鼻さんのことが詳しく報道された。高校1年生だった高校の卒業式に招かれた岩鼻さんご夫妻の姿が映り、その前で美沙紀さんの名前が呼ばれクラスメイト全員が「ハイ」と返事。クラスメイトたちがそろって美沙紀さん卒業させてくれたんだ・・・感動的な卒業式だった。

思い出しながら力強く舞う虎舞を見せてもらった。昨年の舞と違って見えた・・・
by yoko1939 | 2013-03-17 20:53 | 東日本大震災関連 | Comments(2)

見ごたえあった岩手の民俗芸能祭

第2回岩手の民俗芸能祭が盛岡市都南文化会館キャラホールで行われた。
e0122199_20505889.jpg

布佐神楽・・・岩手県指定無形民俗文化財で一関市川崎区門崎字布佐に伝承するもので今回の演目は神舞といわれる御神楽の「岩戸開き」。
50戸足らずの布佐集落で伝承され、南部神楽の演目など復活させているという。5月末の熊野神社のお祭りをはじめ門崎地区のお祭りに奉納されているという。 宮城県内にも南部神楽が伝承されているというが・・・はて南部神楽とは?興味を持った。
e0122199_18103331.jpg

臼澤鹿子踊・・・大槌町小槌字臼澤に伝承されているもので、カンナガラのししで、子どもたちが活躍していてなんとも可愛い。演目は43種類が伝わっているという。上演演目は祝い入れ、車、小切り、柱掛り、大引端
e0122199_1811023.jpg

黒内田植え踊り・・・岩手町一方井に伝わる座敷田植え踊りだという。南部藩お抱え芸能集団「七軒丁」の影響も考えられるというが・・・・ここも注目!今は影も形もないが、七軒丁はわが町内に存在した芸能集団なのだ。才蔵と弥十郎の掛け合いや漫才がなんとも面白い。漫才はまれにしか見られなくなっているという。
e0122199_18112791.jpg

二戸ナニャトヤラ・・・二戸全駅に伝承されている。盆踊りだが大きな太鼓を左肩にかけ、左手の小指で支えながら両手で太鼓を打つという勇壮だが技が必要だ。
e0122199_18122156.jpg

高江柄念仏剣舞・・・盛岡市指定無形民俗文化財 盛岡市大ケ生に伝承・
 五重塔が載った大笠を3人で運んだ中に1人が入りくるくる回るという大念仏はすごいものだった。踊りは7種類で33回忌までの年忌供養の形があるという。
e0122199_18124786.jpg

鵜住居虎舞・・・釜石市鵜住居に伝承する。鵜住居神社のお祭りに奉納するもので、盛岡から釜石へに伝わったという説もあるが、盛岡に虎舞がなく、釜石には七軒丁が伝えたという太神楽があり、何か関連があるだろうという。釜石に七軒丁神楽が生きてるんだーいつか見に行こう!
e0122199_1813941.jpg

岳神楽・・・国指定重要無形民俗文化財、ユネスコ無形文化遺産となっており、花巻市大迫町外川目岳に伝承する山伏神楽。7月31日の早池峰神楽宵宮祭、8月朔日の例大祭に奉納。12月17日年越し祭に舞い納め、1月3日舞いはじめが行われるという。

民俗芸能に七軒丁の果たした役割の大きさを認識させらた。お祭りに奉納されるものを見て歩きたいなー
by yoko1939 | 2013-03-17 16:16 | 東日本大震災関連 | Comments(0)

反戦川柳家「鶴彬」春の墓前祭・・・治安維持法大弾圧から85年

治安維持法による大弾圧ががはじまった1928年3月15日から85年となる今日、盛岡市の光照寺墓地にある鶴彬の墓前で春のつどいが行われた。
e0122199_180263.jpg

鶴彬を語る盛岡の会会長の牛山靖夫さんが「治安維持法の犠牲者である鶴彬の墓前での春のつどいは鶴彬を偲ぶとともに治安維持法の犠牲者を偲び、二度と暗黒の時代を繰り返してはならないという決意を固めあう日として8年目を迎えた。昨年句碑が光照寺境内に移設され県内外からの訪問者も増えている」と挨拶。

小林多喜二は「三月十五日をわすれるな」と呼びかけており、鶴彬も川柳で「三・一五のうらみに涸れた乳をのみ」の句を詠んでいるいるという。

長年小学生に授業で鶴彬のことを語り川柳を教えている宇部功さんは、小学生の感動的な感想文を紹介。秋田から駆け付けた茶谷十六さんは、「小林多喜二の全集が韓国で翻訳されているが鶴彬の川柳も働きかけたい」と話した。
e0122199_1802211.jpg

わらび座の茶谷さんはご夫婦で参加してくれた。光照寺境内句碑の前で・・・・

安倍内閣発足以来、憲法改悪にむけ次々ときな臭い匂いが強くなっている。多くの人たちと力を合わせてストップをかけなければ・・・・との思いを強くしたつどいとなった。

石川啄木を兄のように慕った鶴彬

 今年は石川啄木没後100年。その啄木を鶴彬は兄のように慕っていたという。
 鶴彬は18歳の時、東京にでたものの職探しには苦労し、川柳仲間の友人に「失職すると啄木が兄のように思われます」と啄木の短歌を引き「高きより飛び降りるや、心よく我にの句、わが抱くの思想のみんな金なき因せる如し秋風ぞ吹く、の心境をひしひしと感じます」と手紙を送っているという。
 鶴彬は啄木の「歌集」「評論」「日記」「書簡集」も実によく読み、評論「井上剣花坊と石川啄木」を書いている。(治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟岩手県本部機関紙「不屈」230号より)

 鶴彬と石川啄木がつながった・・・・ますます鶴彬が身近に感じ愛おしくなった。

 鶴彬(本名喜多一二)は石川県高松町で生まれ、上京し19歳で反戦運動に加わり、「手と足を もいだ丸太に してかへし」「胎内の動きを知るころ骨(こつ)がつき 」など数々の反戦川柳を発表し続けた。治安維持法のもとで検挙されたが意志を貫き、2度目の検挙で獄中で赤痢にかかり病死した。29歳だった。

盛岡で染物屋を営んでいた兄が遺骨を引き取り光照寺の喜多家の墓に埋葬した。埋葬するときには特高警察が見張っていたという。

「戦争反対」というだけで捕えられ拷問を受け、殺された時代に、信念を貫き生き抜き、盛岡に眠る鶴彬からパワーをもらった。
by yoko1939 | 2013-03-15 18:01 | 木木レポート | Comments(0)

釜石小学校の校歌からもらった幸せ気分

仙北中学校の卒業式にお招きいただき出席した。仙北中学校の出身の校長先生が今年で定年ということで「みなさんの中で教師になって仙北中学校に戻ってきてください」と熱いメッセージを卒業生に贈っていた。
e0122199_22274056.jpg

卒業式に参加しながら思い出した。

2月に見たテレビ「題名のない音楽会」で、『みんなで歌おう!ユニーク校歌大集合』でゲストの尾木直樹さんが選んだ校歌が釜石小学校の校歌だった。

大震災で避難所になった釜石小学校の体育館に張り出されていた校歌をみた高齢の女性が「この校歌良いですね」と・・・学校が3日目から毎朝放送したという。

尾木ママは「この校歌を見て『釜石の奇跡』はこの校歌から生まれたと思った」と話してた。

ネットで釜石小学校の校歌を探し当てた。井上ひさしさんの作詞だった。きっと被災した方々の心にしみわたるものだったろう。そして生きなきゃと思ったんだろう・・・と思う校歌だった。

この校歌を歌い続けられる子どもたちは幸せだナー震災を乗り越えて生き抜くだろうな・・・幸せを分けてもらった良い気分。

釜石小学校校歌

【作詞】井上 ひさし
【作曲】宇野 誠一郎

いきいき生きる いきいき生きる
ひとりで立って まっすぐ生きる
困ったときは 目をあげて
星を目あてに まっすぐ生きる
息あるうちは いきいき生きる

はっきり話す はっきり話す
びくびくせずに はっきり話す
困ったときは あわてずに
人間について よく考える
考えたなら はっきり話す

しっかりつかむ しっかりつかむ
まことの知恵を しっかりつかむ
困ったときは 手を出して
ともだちの手を しっかりつかむ
手と手をつないで しっかり生きる
by yoko1939 | 2013-03-13 21:09 | 東日本大震災関連 | Comments(0)

3月11日正伝寺の明治の三陸津波供養碑に手を合わせる

三月十一日、東日本大震災から二年目。震災後、犠牲者を悼み多くの方々が手を合わせている碑が盛岡にある。
e0122199_17271110.jpg

 盛岡市愛宕町の正伝寺の境内に建つ明治29年の「三陸大海嘯(つなみ)難死者供養」碑だ。
 結構大きい碑で真ん中に「三陸大海嘯(つなみ)難死者供養」と刻まれ、その両脇に「明治二十九年丙日六月十五日{旧暦}五月五日午後八時海嘯(つなみ) 岩手県死亡者25、413人宮城県同3、314人青森県同346人総計29、073人当山24世帯心水代」とあった。
 
 碑の後ろに周って見ると、発起人と賛成者の名前が刻まれており、七回忌にあたる明治三十五年に建立されたものらしい。
 正伝寺の大黒さんに聞いたら「うちの寺の檀家は商売家さんが多い。沿岸に商売に行って犠牲になった方の関係者が建てたと思う」と話していた。

 津波研究家の故山下文男さんによれば「青森県から宮城県にかけて沿岸には約200基あるが、内陸に津波の碑は珍しい」「岩手県の犠牲者は山奈宗真が調べた18、158人が最も近い」という。正確な人数が把握できないほどの大津波だったことを実感させられた。
 今日も多くの方が花を手向けていた。「忘れないよ・・・」と手を合わせてきた。

夜、中学校1年の孫に「去年は大変だったねー暗いところで、寒くて寒くてペットボトルに毛布かけてあったまっていたねー」と言ったら、珍しく新聞を広げて震災2年の記事を見ていた孫は「俺らはたった3日で済んだんだから良いよ。この人たちはまだまだ続いてるんだよ」・・・・おっとー成長したね・・・と思いながら、思いを込めて「そうだねー」
by yoko1939 | 2013-03-11 16:02 | 盛岡を楽しむ | Comments(0)

本宮地区開発を考える会からの被災地支援金を陸前高田市「今泉復興の会」吉田雅英発起人代表へ手渡す

 岩手県立博物館日曜講座「津波で流失した県指定文化財吉田家住宅の復元活動」のテーマで八戸工業大学大学院の月舘敏栄先生の話を聞いた。
e0122199_01351.jpg

吉田家住宅がどんなに素晴らしいものだったのか再認識した。多くのボランティアによって部材が収集されてたこと、地元の方々や大学教授らが「今泉復興の会」をつくって活動していること、陸前高田市&陸前高田・今泉地区 明日へのまちづくり協議会で吉田家住宅復元・活用を復興の最重要課題に位置付けたことなど知った。かねがねなにかお手伝いできないものかと考えていたが話を聞いて意を強くした。
e0122199_23534836.jpg

今日も地元からも参加していた。とりあえず・・・と本宮地区開発を考える会から預かっていた被災地支援金58,107円を「今泉復興の会」発起人代表の吉田雅英さんに手渡した。

収集された部材は、3つのビニールハウスに保管されているが、その一つのビニールハウスの補修のために使うという。

本宮地区開発を考える会は、盛南開発は本宮の美田をつぶすもので人口が増えない盛岡のまちづくりからみても問題があると指摘し、同時進行で進められた圃場整備にも反対するなどまちづくり運動をしてきた住民組織だ。ほとんどの区画整理が終わった段階で解散したが、運動ででた残金を東日本大震災への支援金とすることにし、運動を支援してきた私が預かっていた。

長い運動を支えてきた大事な資金が活かされるところへ支援しようと思っていたが、陸前高田市のまちづくりのためなら納得していただけるだろう・・・
by yoko1939 | 2013-03-10 22:59 | 東日本大震災関連 | Comments(0)


盛岡のまちと暮らし、岩手の自然を楽しむレポート


by yoko1939

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
木木レポート
盛岡を楽しむ
食と農
花・山だより
全国の町並み
鉈屋・大慈寺町界隈
温泉・旅
絵日記
くらしの楽しみ
てづくり工房
東日本大震災関連
歴史てくてく
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

フォロー中のブログ

最新のコメント

良かったですね しばらく..
by yoko1939 at 11:30
 初めまして。 もう自..
by エネルギー名無し at 04:06
びっくりしました。今年も..
by yoko1939 at 20:59
コメントありがとうござい..
by yoko1939 at 11:37
東京出身、在住ですが、家..
by hideki oomori at 21:05
ありがとうございます。 ..
by bbex162546 at 04:57
ありがとうございます ..
by yoko1939 at 11:37
初めまして、三友写真部と..
by bbex162546 at 03:42
虎舞笛吹さま 本当に不..
by yoko1939 at 21:45
管理人様 ご無沙汰して..
by 鵜住居虎舞笛吹 at 13:30

メモ帳

最新のトラックバック

くちこみブログ集(国内旅..
from くちこみブログ集(国内旅行)..
秋祭り~PART2
from 縁光の花暦 HANAGOYOMI

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧