今日は東日本大震災から3年3か月。復興の遅い現地の様子が報道されている。住むところが欲しいというのが今の被災地の強い要望だが・・・
復興住宅の建設の遅れ、高台移転も進んでない、自宅を建てようにも建築費の暴騰・・・東京オリンピックの施設建設が資材高騰と人手不足をを招いている。政治の力で復興の速度を速めるべきなのに・・・・安倍首相は「戦争する国つくり」に熱中している。

仮設住宅に身を寄せる被災地の方々の気持ちを思うと胸がチクチク痛むが、日常生活に追われている自分がいる・・・。
e0122199_2234453.jpg

今日は裏庭にある桑の葉干しに挑戦。今年は桑の実がいっぱいついて、子どもの頃を思い出しながら小さな桑の実を美味しく食べた。
e0122199_22344338.jpg

桑の葉は干して桑茶にする。今年はこれで2回目・・・枝を切って葉をとり洗って魚干しの網で干すが、天気が良ければ3日ほどで干せる。友人はミキサーで粉にしてそのまま飲んでいたが、私はビニール袋に入れて手で揉んでお茶にし、お茶パックに入れて飲んでいる。

とにかく体に良いというのでネットで調べてみた・・・糖尿病予防・改善、高血圧改善、中性脂肪値を下げる、コレステロール値(LDLコレステロール)を下げる、腸内環境整え、便秘改善、肝臓・腎臓機能改善と何もかも良いらしい・・・
本当かな?・・・次の人間ドックまで頑張って見ようーっと045.gif
by yoko1939 | 2014-06-11 21:50 | 食と農 | Comments(0)

娘と姫神山へ・・・一本杉から登るのはつらいなーと「後ろの方に楽に登れるコースがあると聞いたから行ってみよう!」と一本杉からさらに奥へ車を走らせた。途中女性一人登る準備をしていた「ここが登山口ですか?」と聞くと「初めは緩やかだけど途中から急登になる」という。標識には「こわ坂登山道入口」とある。怖坂?止めよう・・・「楽なコースがあると聞いてたけど?もう少し行ってみよう」とさらに車を走らせたら、
e0122199_23121792.jpg

あった!田代口登山道入口の標識があった。
e0122199_23104727.jpg

車2台あり、出発!!いきなり夏ゼミの大合唱に迎えられ、鳥の声も消されてしまう。道幅が広くフカフカで歩きやすく、時々急登があるが気にならない程度。とても気持ちが良い。でも・・人がいない。やっと1人の男性に出会った。一本杉登山口から登って田代口まで下りて往復するというから、すごい!
e0122199_23253214.jpg

途中「あと400㍍」の標識の前にお休み処が開けた。大きな岩が「どうぞお休みください」と迎えてくれているみたい。
e0122199_2326368.jpg

アズマキク
e0122199_23263495.jpg

とつつじが咲いていた。
e0122199_233269.jpg

あっという間に頂上に到着した。早めのお昼を食べて・・・
e0122199_23323273.jpg

残念!岩手山が見えない。でも雨が降らないで良かった!

いろんな花に歓迎された。
e0122199_2333790.jpg

アマドコロ
e0122199_23335694.jpg

スズランロード
e0122199_2334597.jpg

見事でした。
e0122199_23362897.jpg

ベニバナイチヤクソウは久しぶりに出会えた。
e0122199_23354366.jpg

マイヅルソウロード
e0122199_23371317.jpg

思い出せない?
e0122199_23395046.jpg

なんだっけ?
足が遅くてゆっくりの私だがのぼりが1時間30分、下りが50分。とってもお気に入りの登山道になりそう。

帰りは反対の道を走った。岩洞湖の出て舗装してない道をしばらく走り、国道4号線に向かっている最中にもう一つの登山道城内口を見つけた。姫神山を一周したようでだ。楽しい冒険のドライブだった。
by yoko1939 | 2014-06-08 22:37 | 花・山だより | Comments(0)

四月十二、十三日に行われた、旧暦の雛祭りは今年初めて仙北町の「森とひなまつり」がデビューし、見学者が殺到した。
 徳清倉庫、平野家、金沢家を見た人たちからは「お家も、庭も、お雛さまも立派だった」と喜びの声が上がり、歴史のまち仙北町に光があたった二日間だった。
 仙北町は、第二十七代南部利直の代(1600年頃)に秋田の仙北郡から移住してきた商人や職人を住まわせたということから生まれた町名だという。
 奥州街道から盛岡の入り口にあたる要所にあったことから城外にありながら特別に城下とされ、城下の二十三町に属して町奉行の管下にあり、検断や肝入りが置かれていた。
 二十九代重信公時代には、北上川に舟を並べてその上に板を渡した「新山舟橋」ができた。川岸に沿って舟橋を管理する船頭たちが住んでいた町を「水主町(かこちょう)」と呼んでいた。川の中心で管理が分かれており、鉈屋町側にも水主町があった。
 三十六代利敬公時代に二十万石に加増され、城下二十三町から二十八町になり仙北町から青物町が枝分かれした。
 米商人、種物屋、造り酒屋、藁物屋など軒を連ねた商人の町で賑わいのある町だったという。
e0122199_2250334.jpg

 2007年までは仙北もこんなまちなみが残っていた。
 道路拡幅でまちなみは消えつつあるが、今回改築公開された徳清倉庫などの建物から当時の繁栄が偲ばれる。(浦川陽子)
by yoko1939 | 2014-06-06 22:52 | 歴史てくてく | Comments(0)

初夏の岩手山

毎日30度の真夏日が続く。あつ~い058.gif

岩手山の雪もだいぶ消えてきた。この時期に「盛岡に生まれて良かった」と思う景色がこれ!038.gif田植えが終わった田んぼに岩手山が逆さに映し出されている。
e0122199_221288.jpg

幸せ気分になる。
TPPを巡る情勢が気になる、これ以上輸入が増えたらこの風景も見られなくなるかも・・・・

昨日の朝9時ころの岩手山。春霞でうっすら・・・・
e0122199_2293734.jpg

夕焼けに浮かび上がる岩手山
e0122199_2233852.jpg

毎日眺めて飽きない岩手山だ。
by yoko1939 | 2014-06-01 21:44 | 盛岡を楽しむ | Comments(0)