<   2014年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

歴史てくてく⑭「中津川三橋」と擬宝珠

今年も中津川に鮭が帰ってきた。中の橋や上の橋から覗き込む市民の姿が秋到来を感じさせてくれる。
e0122199_2125440.jpg

 中心街の清流に架かる「中津川三橋」は、盛岡城の築城に伴い城下町割と架橋が進められ、上の橋が慶長十四(1609)年奥州道中から松前街道に係る一般庶民も通行できる重要な橋として創設。中の橋は、慶長十六(1611)年武士が通行する橋として架橋。下の橋は慶長十七(1612)年対岸の侍町を結ぶ搦め手口(城の裏門)の橋として架けられた。
 この時三戸城の熊原川の黄金橋の青銅擬宝珠を鋳直して上の橋と中の橋に移したと伝えられている。
 現在の下ノ橋の擬宝珠は、明治四十三(1910)年、中の橋が洋式架橋されたことにより移されたものだ。
 洪水で流されたり、架け替えで不明になったりで、橋梁についている擬宝珠は全国的にも数が少ない貴重なものだという。  度重なる大洪水の難を逃れ、戦時中の金属特別回収(戦時協力ということで昭和十八年に取り外された)も逃れて、上ノ橋の青銅擬宝珠十八個は国指定重要美術品、下ノ橋の青銅擬宝珠十八個は盛岡市指定有形文化財となっている。数々の難を乗り越えられたのは、擬宝珠を愛する先人たちの働きがあったのだろう。歴史的な財産として大事にしたいものだ。
                              (上の橋のスケッチと文  浦川陽子)
by yoko1939 | 2014-11-10 21:20 | 歴史てくてく | Comments(0)


盛岡のまちと暮らし、岩手の自然を楽しむレポート


by yoko1939

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
木木レポート
盛岡を楽しむ
食と農
花・山だより
全国の町並み
鉈屋・大慈寺町界隈
温泉・旅
絵日記
くらしの楽しみ
てづくり工房
東日本大震災関連
歴史てくてく
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

フォロー中のブログ

最新のコメント

良かったですね しばらく..
by yoko1939 at 11:30
 初めまして。 もう自..
by エネルギー名無し at 04:06
びっくりしました。今年も..
by yoko1939 at 20:59
コメントありがとうござい..
by yoko1939 at 11:37
東京出身、在住ですが、家..
by hideki oomori at 21:05
ありがとうございます。 ..
by bbex162546 at 04:57
ありがとうございます ..
by yoko1939 at 11:37
初めまして、三友写真部と..
by bbex162546 at 03:42
虎舞笛吹さま 本当に不..
by yoko1939 at 21:45
管理人様 ご無沙汰して..
by 鵜住居虎舞笛吹 at 13:30

メモ帳

最新のトラックバック

くちこみブログ集(国内旅..
from くちこみブログ集(国内旅行)..
秋祭り~PART2
from 縁光の花暦 HANAGOYOMI

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧