<   2016年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

八幡平からの鳥海山が近く見えた!

久しぶりに八幡平へ 紅葉を求めて沢山の人たちが来ていたが・・・なんか紅葉はぴんと来ない。いつもきれいに紅葉しているナナカマドは実はついているが葉は紅葉する前に枯れたようだ。

何とか紅葉を見つけた!
e0122199_21481118.jpg

草紅葉で何とか救われた。
e0122199_21483557.jpg

チングルマの紅葉、
e0122199_21511964.jpg

ネバリノランの紅葉
e0122199_21515433.jpg

峠蕗でしょうか?
e0122199_21535454.jpg

周囲の山並みが素敵!でした。満足!!

岩手山と早池峰山
e0122199_21542023.jpg

何と鳥海山が近くに見える。
e0122199_21544987.jpg

モッコ岳の後ろに月山まで見えた。
e0122199_21552521.jpg

頂上からは岩木山が見えた。
e0122199_2155501.jpg

こんなにきれいな山並みは初めてだった。
by yoko1939 | 2016-09-30 20:59 | 花・山だより | Comments(0)

秋!!で~す

駒形神社祭典 残念!雨降りでも賑やかに
e0122199_20104322.jpg

9月8日 駒形神社祭典 舞台も手作り・・・台風の影響で土曜日を3回使って出来上がり。おまけに午後から雨降りで子ども会の御神輿も中止。雨の中舞台は華やかに・・・子ども会の出し物と三浦わたるの歌で盛り上げてもらいました。

盛岡秋祭り 消防団第1分団「は組」が山車奉納
e0122199_2016884.jpg

9月13日 盛岡秋祭り 消防団第1分団「は組」が4年ぶりに山車奉納。出し物は「一の谷鵯越の逆落とし」で義経が馬で駆け降りる姿の人形と馬は勇ましいものだった。残念なことに13日は雨、でも14から16日はお祭り日和だった。

第61回仙北地区大運動会
e0122199_2043268.jpg

9月25日 岩手国体開催の影響で例年より1週間早い開催。12町内対抗の運動会は今年で61回となった。得点競技は各町内応援も盛ん。わが駒形自治会は4位。優勝はいつもの南仙北1丁目町内会。

生菓子も秋バージョン
e0122199_20495191.jpg

9月26日 夏から追いかけられた日々から解放され、秋バージョンの生菓子も目に入るようになった

そして萩にも・・・
e0122199_20525641.jpg

9月26日 我が家の玄関先に今年も見事に萩の花がさきほこった。
by yoko1939 | 2016-09-26 20:55 | 盛岡を楽しむ | Comments(0)

岩洞湖底に沈むミステリー

polepole(ポレポレ)会の第2回盛岡の古道を歩く「岩洞湖底に眠る野田街道を歩く会」に参加。

この時期の数日間だけ岩洞湖の水が少なくなり湖底に沈んでいた野田街道が浮かんでくるという。ワクワクしながら参加した。

案内人は盛岡遺跡の学び館の神原雄一郎さん。湖底を歩くので長靴を履いてくるようにというのでぐちゃぐちゃなのかと思ってたら、しっかり固まった地面にビックリ・・・
e0122199_22401918.jpg

歩いていくとあちこち周囲と色が違う場所がある。縄文時代や平安時代のの竪穴住宅の跡がはっきりとわかる。
e0122199_22404670.jpg

これは狩りをするための仕掛けで穴を掘って落とし穴を作って動物を追い込んで捕らえるものだそうだ。いくつもならんでいる。

途中、縄文土器のかけらも見かけた。

どうして?こんな寒~いところに縄文時代から人が住んでいたの?信じられない!!

神原さんの話によれば、ここで発見されている土器石器は、平安時代(1000年前)縄文時代の4000年前から8500年前のもので、1点だけだが約9000年前に流行した押方文土器も発見されているという。この周辺の遺跡からは13000年前の旧石器時代終末期の石器も発見されているというのだから驚きだった。
e0122199_22413193.jpg

今年は水が少なく例年はここまで見えていないというが、相当大きな家であろうと思われる礎石が見られ、蹄鉄やビール瓶、食器のかけらなどが散乱していた。神原さんの話では宿ではないかという。きっと塩を運んでここで1泊する場所だっただろうという。便所のあともしっかりと残っていた。
e0122199_22423435.jpg


そこに沿うような形で野田街道がはっきりと浮かんでいた。湿気の多い地域だったらしく、道の中に小枝や茅などが束ねて埋め込まれ歩きやすくする工夫がとられていた。

いつもは湖底となっている岩の上で1万年以上も前の人々の暮らしに思いをはせながら、おにぎりをほおばった。どうしても信じられない思いを抱きながら・・・・
e0122199_22441811.jpg

帰りに塚の沢一里塚によった。岩手県指定史跡に指定されている。江戸時代徳川秀忠の命で街道の整備が行われ目安として1里毎に塚を築かせたという。ここも所有者の方が手入れをしてくださって塚とわかる形で保存されていた。2つの山の間が4㍍ありそれが野田街道だという。

見たこのもないものを見て、知らない世界に入り込んだような感動した日だった。でも―やっぱり岩洞湖底に沈むミステリーだ。
by yoko1939 | 2016-09-18 21:03 | 盛岡を楽しむ | Comments(0)

盛岡のまちと暮らし、岩手の自然を楽しむレポート


by yoko1939
プロフィールを見る
画像一覧