盛岡市先人記念館が毎年開催し11回目を数えた企画展「盛岡の古町名展」は今年「内丸かいわい」だった。
内丸地区は、藩政時代盛岡藩の政治の中心地で武家屋敷が並ぶ一帯だったが、現在ほとんど面影が亡くなってしまっている。展示の中で目に留まったのが「鶴が池」の側にある「時鍾」だった。
四代藩主南部重信公の子行信の提案で、盛岡城下に時を知らせるために2つ時鐘をつくり、1つは,城下外郭南東部にあたる河南地区の十三日町(現在の南大通2丁目付近),もう1つは,北西部にあたる河北地区の三戸町(現在の中央通3丁目付近)に鍾撞堂を1679年(延宝7年)11月に設置した。
鐘銘は,聖寿禅寺大道和尚の作で,鋳物師小泉五郎八が鋳造したものと伝えられている。鐘の大きさは,竜頭まで2.03メートル(6尺7寸),惣廻り3.79メートル(1丈2尺5寸),指し渡し1.21メートル(4尺),輪口の厚さ0.15メートル(5寸),重重3.597キログラム(959貫100匁)あります。
三戸町にあった時鍾は、明治維新後に,盛岡城跡の内堀,鶴ヶ池わき下曲輪(したくるわ)の土塁上の現在地に移転された。その後,1955年(昭和30年)頃まで鐘楼守がいて毎日盛岡の人々に時刻を知らせ,親しまれてきた。
e0122199_17595286.jpg

1967年盛岡市指定有形文化財に、2015年には県指定有形文化財となった。
現在は,6月10日の「時の記念日」と,元旦の除夜の鐘として年2回,鐘の音が復活している。時鍾の近所の方が「除夜の鐘を突きたいと思って並んだが、前の前の人が108人目でそれ以上は打たせてくれないんだよ!」と怒ってた。
最も注目したのは、もう一つの時鍾は東京都台東区谷中の全生庵にあるという。臨済宗国泰寺派寺院で山岡鉄舟が明治16年に建立したお寺だという。無事でよかった!でもどうして東京に行っちゃったのかなー?。(浦川陽子)
by yoko1939 | 2017-01-30 17:59 | 歴史てくてく | Comments(0)

聞けの里優勝で、19年ぶりに日本人横綱誕生らしい。相撲音痴でもなんかうれしい初場所となった。

新聞記事によれば稀勢の里は、ほぼ毎日家から稽古場までウオーキングをしており、天気の良い日は遠回りして1時間もやるときがあるという。「下半身に重みと粘りが出てきた」という。

こうしてはおられないと雪が降ってから眼鏡山に登ってなかったのだ!さっそく出かけた。子ども達がそり遊びをし、ウオーキングの人たちも数人。
e0122199_23483113.jpg

山らか地吹雪が走るのが見えた。

稀勢の里から元気をもらった日だった。
by yoko1939 | 2017-01-23 23:34 | 木木レポート | Comments(0)

少し早起きして朝市へ・・駐車場についてから「財布がない!」引き返しまた朝市へ向かう途中夜が明けた。きれいな日の出だ。2度歩きしたご褒美をもらった気分。
e0122199_231622100.jpg

また気になる景色が・・・お風呂屋さんの煙突からモクモクと煙が・・・これ以上寄り道したら朝市が終わってしまう・・・
e0122199_2317397.jpg

日曜日だから、いつもの日より人は出ているが売る人たちは「少ないよ・・・」という。人気のひっつみ屋さんコーヒー屋さん、おもち屋さんには行列ができる。

今日のお目当ては滝沢の農園で作っている「ぺぽかぶちゃの種」。栄養たっぷりで「排尿障害、骨粗しょう症や老化予防、コレステロールを下げる」効能があるという。
e0122199_23172131.jpg

野菜や果物漬物を買い込んでリュックに入りきれない。料理の方法を聞いたり、世間話をしたりしながらつい買いすぎるがこれがまた楽しい。

気になったお風呂屋さんに寄り道。河南中学校の正門前にある「菊の湯」だった。
e0122199_2318154.jpg

日曜日は8時から朝風呂をやっているという。こんな銭湯はほとんどなくなっているのに頑張っている。
e0122199_2318303.jpg

応援しなきゃ!!と心から思い「今度必ず来ます」とお風呂屋さんの人に約束してきた。
駐車場も5,6台はいれる。
by yoko1939 | 2017-01-22 23:20 | 盛岡を楽しむ | Comments(0)

今年は雪が少なく寒さもゆるく過ごしやすいのだが・・・・寒干し大根つくりの農家にとっては厳しい冬だったようだ。
e0122199_23295237.jpg

毎年2列の寒干し大根の風景が今年は1列しか無い!しかもつもより短い。

お聞きしたら昨年の夏の暑さで大根も不作だったようだ。寒干し大根づくりもいつもより遅く始めたという。そんな中で作っていただいたことに感謝!

地球がおかしくなって、いろんなところに影響してきている。こんな風物詩もいつまで見られるのかと心配になってくる。
by yoko1939 | 2017-01-20 23:17 | 盛岡を楽しむ | Comments(0)

高松の池をウオーキング

盛岡ウオーキングクラブ今年初のウオーキングは高松の池を一周。雪が少なく土の上を歩くことになるのかな~と思ってたら雪が降ってくれ、新雪を踏みしめながら気持ち良いウオーキングとなった。
e0122199_2316725.jpg

今年は鳥インフルが県内でも多発し、この高松の池でも2羽の白鳥が見つかって陽性だと報道されておりおそるおそる・・・
e0122199_23103042.jpg

でもやっぱり可愛い白鳥・・・
e0122199_23113116.jpg

時々散歩してきた白鳥が舞い降りてくる。
e0122199_23121266.jpg

オオバン・キンクロハジロが去年より多くなったような気がします。オシドリも1羽見れました。

ちょっと歩き足りないけれど、新年会の会場へ。事務局長さんが毎年作ってくれる麹の甘酒やお寿司をいただきながら、こもごも1年の抱負などを語り合った。今年も元気に歩きたいものだ。
by yoko1939 | 2017-01-17 22:49 | 花・山だより | Comments(0)

仙北地区社会教育福祉推進会と仙北活動センター利用団体の方々20人近くが、16日谷藤盛岡市長を訪ね「大規模改修と合わせて、仙北地区活動センターにエレベーターを設置してほしい」と要望しました。
e0122199_21392679.jpg

市長は「どこに設置するか、新年度調査することにした。実現できるよう動き出したい」とエレベーター設置するつもりだと答えました。

これは、昨年11月末に開かれた仙北活動センターの大規模改修説明会の際、多くの参加者から「エレベーター設置してほしい」の要望が出されていました。

それを受けて仙北社会教育福祉推進会が利用団体との協議を重ね、要望書を取りまとめ市長へ要請したものです・
by yoko1939 | 2017-01-16 21:13 | 木木レポート | Comments(0)

虚空蔵さんのお年越祭に行われる盛岡消防団第1分団の裸参りが24人が参加し、午後4時仙北町駅を出発し虚空蔵さんまで「諸願成就」「無病息災」を祈願し仙北町の通りを練り歩いた。
e0122199_22135142.jpg

今年は雪はないものの最低気温-8度、最高気温-2度と凍り付くような寒さだった。女性が1人初参加。3年連続の満願が2人だった。

地域の人には、「虚空蔵さん」と親しまれているが、本尊を阿弥陀如とした浄土宗のお寺で、不退院虚空蔵堂。

 不退院のおこりは、元禄7年(1694)、円光寺の良観和尚が凶作による餓死者供養のための草庵を建立した。
 「虚空蔵さん」と呼ばれるようになったのは、文化年間(1804~1817)に農夫が草刈り中に見つけた虚空蔵菩薩を不退院に奉安したところ、参詣者が多く「虚空蔵さん」の名で知られるようになったという。盛岡三十三観音の十三番として聖観世音が安置されている。
by yoko1939 | 2017-01-12 21:40 | 盛岡を楽しむ | Comments(0)

昨日の自治会の行事を終えてほっとして眼鏡山へ・・・今日は本当に良い天気
e0122199_23253217.jpg

岩手山は勿論・・・
e0122199_23255619.jpg

駒ヶ岳もきれいだ。
e0122199_23262658.jpg

そしてその南には和賀連峰が・・・

歩いていると振袖を着た人に2人も会った。今日は成人式だという。「おめでとうございます」と声をかけた。はち切れそうな新成人。こちらまでうれしくなってくる。

でも・・・春のような澄み切った青空を見ながら思い浮かんだ。2,3日前のラジオで「昨年11月末で、東日本大震災により仮設住宅暮らしをしている人が、岩手・宮城・福島の3県で39,909人いるという。まもなく6年になろうとしているのに・・・

神戸の地震では5年目には仮設住宅暮らしは0人だったという。

いまだに不自由な暮らしを強いられている人たちがこんなにいるのだ。

それにしてもおかしいと思う。沖縄では日本政府が思いやり予算で米兵のための住宅を建ててやっている。基地内のプールまでついた立派な住宅を空き家にして基地外の立派な住宅に移住している。その理由が基地は門限があるから・・・だという。基地外の住宅も思いやり予算で建てやっている。

こんなこと許せる?!家があるのに・・・

被災地にこそ住宅を早く!新成人にもしっかりと目を向けてほしい。
by yoko1939 | 2017-01-10 23:30 | 東日本大震災関連 | Comments(0)

昨日7日駒形自治会で三世代交流餅つき大会が行われた。
e0122199_22392041.jpg

まず、子ども会がお獅子を持って町内を門付けして歩く。400年の歴史を持つ町内にある駒形神社の前に神馬を守る人が7軒の長屋に住んでいた。南部藩主の命を受け江戸で芸を身に着け南部藩内を回り披露して歩いた。七軒丁神楽と言われていた。後には、お正月は地域を門付けをして歩いた歴史を受けて21年前から子ども会が町内の獅子頭の門付けに歩いている。
e0122199_22401089.jpg

今年も中国の留学生が器用な手つきで餃子を皮から作ってくれた。中学生が弟子入りした。こんな形で毎年外国人との交流も図っている。
e0122199_22403781.jpg

餅つき、
e0122199_2241225.jpg

水木団子つくり・・・1年間健康で穏やかな年でありますように・・・

おでん、焼き鳥、フランクフルト、甘酒、餃子・・・おもちも小豆やごま、きな粉、くるみ・・・
老人クラブ、子ども会、町内会の女性のみなさんが昨日から準備してくれていた。

子ども達からお年寄りまで交流して顔見知りになるとっても良い機会なのだ。
e0122199_2242533.jpg

今日8日の岩手日報に大きく掲載された。良かった。003.gif
by yoko1939 | 2017-01-08 22:09 | 木木レポート | Comments(0)

今日も眼鏡山へ

今年もいろいろやりたいことがいっぱいある。それにつけても疲れない体を作ることが最大の目標。箱根駅伝の復路も圧倒的に青山学院大学が強かった。今日も元気をもらって眼鏡山へ・・・
e0122199_23243681.jpg

この山の下を眼鏡のような形をしたトンネルがあり、盛南地区と市街地が結ばれている。盛南開発でわざわざつくられた山なのだ。その周辺が中央公園となっており、その中に、県立美術館、先人記念館、こども科学館、遺跡の学び館があり、全部回ったら1日中、自然と、文化に浸れるとても恵まれた一体となっている。

ちょっと歩けば原敬記念館があり、アイスアリーナ、アイスリンク、室内プールもあり公共施設が集中している。大いに公共施設を利用してほしいなーといつも思うのだが・・・
e0122199_23152161.jpg

せめて眼鏡山を登ったり、下りたり、中央公園の中をウオーキングすることにしよう。ちなみに「眼鏡山」は私が勝手につけた名前だ。

今日は残念!岩手山は雲の中だった。
by yoko1939 | 2017-01-03 22:55 | 盛岡を楽しむ | Comments(0)