<   2017年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

面白かった!美味しかった!亀戸と築地

娘のプレゼントで気軽な旅ー千葉の娘と合流し女3人の「見て・食べて」を楽しんできた。

東京駅から真っ直ぐ谷中の全生庵へ盛岡のもう一つの時鍾を見に行った。(13日分)
全生庵の近くにいせ辰があり魅力的な千代紙がいっぱいだったが、千代紙の柄の手ぬぐいを手に入れた。谷中銀座も素通りし、急いで亀戸へ。

ランチ時間が終わってしまいそう・・・急いで升本本店へ。
亀戸大根を復活させ大根を使ったランチを出してくれるという。
e0122199_23165391.jpg

あさりめしはあさり鍋(あさり、亀戸大根、旬の野菜にうどん煮込んである)ご飯に掛けて食べる。サミい時期に最高!大根ステックやたまり付けも美味しかった。
e0122199_23172654.jpg

あさりせいろ飯には大根ステーキがつく。大根づくしのランチだった。満足!!

お店の前には亀戸大根があった。パンフレットを見たら、江戸時代から栽培されるようになった日本一小さな大根で昭和の全国が開発された時代に途絶えてしまったが、升本本店が復活させたという。種をまくのは12月、寒い冬をよしずを立てて越冬し、間引きを繰り返し寒さが残る早春が収穫時期だという。色白できめが細かく、甘みが強く、ビタミンCも豊富だという。
e0122199_2318756.jpg

店の前に飾ってあった亀戸大根。う~~んと思い出した!!まだ畑をやっていた頃、植えるのが遅くなって大きくなれず、雪が降ってから掘り出した大根に似ていた。たしかあの大根も甘かったナー
e0122199_23183686.jpg

350年の歴史を持つ亀戸天神社へ、学問の神様として有名だ。ちょうど梅まつりの最中で300本の梅が咲き誇り良い香りが漂っていた。梅の花にカメラを向けていたら「私を撮って!」というタイミングでウグイスが飛んできた。傑作が撮れた。と思ったらメジロだった。ウグイスの鳴き声と共に現れたのですっかりだまされた。
e0122199_2319697.jpg

スカイツリーと天神さんがツーショットで撮れるのも人気。
e0122199_23193060.jpg

太鼓橋2つも渡って本堂に着く仕組み。梅の香りに酔いながらゆっくり梅見をしてきた。
e0122199_2320242.jpg

14日、ホテルから歩いて築地市場へ向かう。本堂の扉の上にはステンドグラスがしつらえてあり、中に入ったらパイプオルガンがある。頭が混乱してパンフレットを見直すと、「浄土真宗本願寺派の直轄寺院で西本願寺の別院として建てられた」と書いてある。やっぱりお寺だよね。
e0122199_23204063.jpg

本堂の中で案内の女性ボランティアさんが「盛岡から来た」というと「大震災の時支援へ行って盛岡にも言った。今どうですか?」と訊ねられた。いろんな方々から支援を頂いていたんだよね。ありがとうという思いがあふれた。
e0122199_23212560.jpg

築地市場へ・・・前回は魚市場に入り込んで思わず魚を買ってしまい失敗したので、今回は捜し歩いて野菜の方へーー10時もとっくに過ぎているが、まだ開けている店があり珍しい果物を買ったり、目が釘づけになったのは菅原文太の無農薬野菜水菜とサラダ小松菜どちらも50円。持って帰れないので2把づつそれでもどちらのお店でも伝票切ってくれた。文太さんの遺志を継いでがんばっているんだーー
市場のおじさんに「場外市場はどこ?」と聞くと丁寧に教えてくれ「そこに魚がしもあるよ」と教えられ「魚河岸」によったら、生のトロのお寿司4巻で500円。しかも3階で食べれるところがあるという。確かに!美味しかった!!

場外市場は人・人・人・・・疲れ切った。
また、市場のおじさんに「東京駅に行くにはどこへ行けばいいですか?」と聞く。「大きな道路に出てバスで行けばいいよ」と教えてもらった。

どのおじさんも若者も市場の人たちは親切だった。下町の雰囲気がある。これが市場の人たちが言う築地の雰囲気なのかな?豊洲市場移転の紛争などちらりとも感じない。今を生きるという粋を感じてきた。来てよかった。

せっかくおじさんが教えてくれたバス停と反対へ行って勝鬨橋を渡った。橋の上から築地市場を眺め、
e0122199_23221954.jpg

こんな景色も眺め、バス停を一つ先から乗り、無事に東京駅南口へ到着。

2日目は千葉の娘は風邪でダウン・・・予定があってないようなのんびりした、東京の下町を歩きつくした旅だった。
by yoko1939 | 2017-02-15 21:06 | 温泉・旅 | Comments(0)

谷中の全生庵へ・・盛岡のもう一つの鐘に会いに行ってきました

盛岡のもう一つの時鍾に会いに東京駅からまっしぐらに谷中の全生庵へ・・・
あった!会えた!懐かしい友人に会えた気分!
e0122199_115724100.jpg

さっそくご住職さんからお話を聞いたが「盛岡から何人かの方が訪ねていらしたが、何も分からない」「でも、鐘に明治に銘文を刻んでるんです」と。
e0122199_11581542.jpg

お許しを得て鐘楼に登って見たが字が書いてある程度しかわからない。ご住職さんが出ていらして「これです」と教えてくれたが、目視では無理!カメラで写してパソコンで見られるかな?と一生懸命撮っていたら住職さんが「銘文がありますからメールで送ってあげます」という。うれしい!

おまけに御朱印まで書いていただいた。お出かけになる予定があった中、ご親切な対応に感謝だった。
e0122199_121865.jpg

全生庵は臨済宗国泰寺派。山岡鉄舟が幕末明治維新で国事に殉じた人々の菩提を弔うために明治16年に建立したという。山岡鉄舟との因縁で落語家の三遊亭円朝の墓所があることで有名。現住職は七世平井正修氏。
鉄舟は居士号で明治21年7月19日胃がんで死亡。全生庵での葬儀には5千人も参列したという。

帰ってパソコンを開いたら銘文が入っていた。

う~んーわからない!!
山岡鉄太郎はじめ4人の名前が彫られ、
   落成明治廿三年十一月 當庵二世浩嶽代 
   明治廿三年十一月五日 撞初供養式並刻銘 當庵三世揺洲代
とある。

明治16年山岡鉄舟が全生庵を建立
明治18年集会所新築の資金集めのために売却
明治21年山岡鉄舟が死亡
明治23年山岡鉄舟の名前も含めて刻まれた鐘の落成、初供養されている

明治17年に河南地区1400戸を焼けつくす大火があって、集会所が必要だったことは予測がつくが・・・どんなご縁で全生庵に行きついたのか?鐘に刻まれた4人の方はきっと寄贈者に違いないと思うのだが・・・

きっとどこかで真相を知る人はいるのだろうが・・・私が謎を解くにはまだ時間がかかりそう・・・
なんとなく楽しくなってきた。
by yoko1939 | 2017-02-15 10:35 | 温泉・旅 | Comments(0)

大宮神楽が県文化財に!門付け復活9年目

県文化財審議会が盛岡市の大宮神楽が県文化財指定するよう県教委に答申したと昨日報道された。すでに1971年に盛岡市指定無形民俗文化財となっていたが県指定はとても喜ばしいことだ。

この日、復活9年目の大宮神楽を見せていただくことになっていた。今年の門付けは3軒だそうだ。
e0122199_21435865.jpg

Sさん宅は新築したばかりでそのお祝いを兼ねて大宮神楽の門付けだった。大宮神社管主さんを先頭に神楽の方々が家の周りを一周し出口のお祓いをし、
e0122199_2145915.jpg

家に入って神棚の前でご祈祷した後、権現舞が披露された。。
e0122199_21454358.jpg

9年前復活した年に見せていただいたが、県文化財指定のお祝いと二重のお祝いの神楽に「今年は何か良いことありそうな・・・・」という思いだった。
by yoko1939 | 2017-02-12 21:23 | 盛岡を楽しむ | Comments(0)

冬の盛岡市動物公園を楽しむ

孫と一緒に動物園を楽しんだのはー?いつだったか思い出せないほど足を運んでいなかった。

冬は休園となるが今日と明日の2日間だけ臨時開園する。友人と2人で出かけた。入場料も駐車場も無料で得した気分。なんと子供連れの家族やアベック、一眼レフを持った人々など沢山来ていてうれしくなった。
e0122199_1705588.jpg

人気の動物の前は人だかり。入ってすぐのサル山は大人が見ていても面白くて見入ってしまう。
e0122199_1711911.jpg

ツキノワグマの冬眠中の観察コーナーは長蛇の列。遠慮してきた。
e0122199_1714774.jpg

カナダカワウソも人気。
e0122199_1722076.jpg

ゾウも寒いのに外に出ていた。
e0122199_1724233.jpg

さすがにキリンはお部屋の中だった。

食堂でテーブルが一緒になった幼児に何見てきたの?と聞いたら「ウサギ」と答えた。お母さんの話によれば動物ふれあいコーナーでウサギを抱っこしたという。見たものより触れたものが印象に残るんだ~

友人と私たちの子どもの頃はウサギとニワトリはどこの家でも飼っていたね~と遠い記憶がよみがえった。

なんか久しぶりに動物を見て無心になった。たまにこんな時間が必要かもしれないナー。
by yoko1939 | 2017-02-11 16:34 | 盛岡を楽しむ | Comments(0)

盛岡のまちと暮らし、岩手の自然を楽しむレポート


by yoko1939
プロフィールを見る
画像一覧