<   2017年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

歴史てくてく㉙戦後6年間の盛岡市立不来方中学校

この春、選抜高校野球大会に21世紀枠で出場果たした選手10人の不来方高校野球部が全国から注目を浴びた。「こずかた」と読み方を知ったとの声も多くうれしかった。65年前、大慈寺小学校を卒業し入学したのが不来方中学校だった。岩手公園南側の現在彦御蔵の所に校舎が建っていた。古い校舎の2階が1年生の教室で、窓は辛うじてガラス戸だったがその外側には格子がはめられていた。雨が降れば雨漏りがしてきてバケツがいくつも並んだ。なにせ柾葺きの屋根は古くなってだいぶ傷んでいた。
岩手公園の石垣はまだ整備されておらずでこぼこだった。男子はその石垣を登るのが昼休みの遊びだった。
昭和28年河南中学校が現在の茶畑に完成し、全校生徒が自分の机と椅子を持って公園下から茶畑まで行列つくって引っ越しした。
青春時代の懐かしい思い出の一コマだ。
さて?あの古いぼろ校舎の前身は何だったのか?と調べたらお宝が見つかった!2013年盛岡市立河南中学校創立60周年記念誌に詳しく掲載されていた。
 明治37年6月作人館中学部(前私立岩手医学校附属中学校普通学校)が新築開校。大正10年3月に同校廃校後、昭和15年まで岩手女子高校が使用。昭和17年から昭和22年まで盛岡市立青年学校(昭和21年に盛岡市立実業学校に校名変更)が使用、昭和22年4月に不来方中学校が開校(1年間実業学校と併設)した。
 そういえば・・・向かいにこれまたボロの岩手女子高の寄宿舎があり、使われていた。
不来方中学校は28年3月廃校まで6回生まで受け入れ、6年間で400余人が在籍した。1995年に同窓会の不来方石垣会が跡地にささやかな石碑を建てた。
e0122199_1055439.jpg

 不来方中学校の校歌の1番が「中津の流れ 清らかに 遠き郷土の 史を語る 緑の松は作人の 教え伝えて 窓匂う ああ由緒ある わが母校」だった。
 やっと校歌の意味が理解できた。作詞は当時国語の教師吉田慶治先生だった。あの世で「やっとわかってくれたか~」と笑っているかもしれない。(浦川陽子)
by yoko1939 | 2017-05-24 10:55 | 歴史てくてく | Comments(0)

絶景「菜の花と岩手山」の農研センターを歩こうのはずだったが・・・

盛岡ウオーキングクラブの例会だった。満開の菜の花を見たいと雨にも負けずいつもより多い36人も参加。
e0122199_2262311.jpg

農研センターの田中さんの案内していただいた。城内の施設で唯一残っているという「覆馬場」馬の歩行訓練にも使用されていたという柱がないという貴重な建築物だそうだ。
e0122199_227031.jpg

玉ねぎ畑は春蒔きの玉ねぎを研究しているという。短角牛や、コメ、小麦など興味深い話をたくさん聞かせていただいた。
e0122199_227291.jpg

途中アカマツ並木を通過
e0122199_2275777.jpg

目的の菜の花畑へ到着。残念!菜の花畑の向こうに岩手山が見えるはずなのに・・・見えない!雨は止んでくれなかった・・・
e0122199_2282724.jpg

雨の菜の花畑も良いね~と負けおしみの声・・・連作障害を避けるための土壌改良のための菜の花畑だという。
e0122199_229875.jpg

素敵なカラマツ並木があった!

東北農試がいつのまにか「農研機構」に代わっていた。とにかく収穫を増やすために日進月歩の研究がされていることだけはわかったウオーキングだった。
by yoko1939 | 2017-05-15 21:37 | 花・山だより | Comments(0)

毎年違う雪の八幡平・頂上で田部井淳子さんを偲ぶ・・・

今年も雪の八幡平へ・・・向かう途中上坊牧野の一本桜を見る。咲いていると思ったのにおかしい・・・近づいてみたら蕾は葉の蕾で花芽が全く見えない!去年も見れなかった!何か病気かな?
e0122199_175858.jpg

今年の八幡平は連休のさなかで天気良しで混雑していた。登り始めたが雪は多いが暑い!おまけに風がなく半そでで登っている人もある。
[とにかく空が青い~
#IMAGE|e0122199_1755676.jpg|201705/22/99/|mid|364|234#]
頂上の標識も雪が多い割合には顔を出してくれていた。
e0122199_1772383.jpg

見晴らし台で昼食。いつも頂上でコーヒーを沸かしてくれるSさん思い道具を背負ってきてくれる。
今年は途中でお友達になった福井県からきたという男性がお客さん。昨日は八甲田、明日は岩手山を登って帰るという。

昨年田部井淳子さんが亡くなり、いろんな特集が組まれたが、田部井さんの夫さんが主役の特集を見た。田部井さんに夫さんが「どうして俺と結婚したの?」と聞いたことがあった。「一緒に山へ登った時、小豆の煮たのを持ってきて、山の雪にかけて食べさせてもらったことがあった・・・あれかな・・・」と言われたそうだ。
e0122199_1782573.jpg

それを見た時から今年の八幡平でやろうと決めていた。昨日煮た小豆を持参して、みなさんに押し売りした。Sさんが「田部井さん何よりの供養になったね・・・」と福井の男性も含んで田部井さんを偲んだ。今年のサプライズだった。

頂上付近のアオモリトドマツはまだおねんねしている。その上を歩きながら、雪が解けたらこのアオモリトドマツはぴょんと起きるのか?ゆっくり真っ直ぐになるのかな・・・?と考えちゃった!
e0122199_179023.jpg

岩手山もきれいに見えるが、天気良すぎたせいか鳥海山は見えなかった。残念!!
e0122199_179377.jpg

雪の回廊は例年の位かな? 
e0122199_171077.jpg

7,8年になるだろうか?毎年同じ時期に登っているが、吹雪だったり、アオモリトドマツがシャンデリアになっていた時もあった。毎年違うがこんなに暑いと感じたことは初めてだった。
by yoko1939 | 2017-05-05 16:23 | 花・山だより | Comments(0)

鬼瀬山(724㍍)に登った!

仙北後援会で恒例となった山登り・・・今年は根田茂の鬼が瀬山だった。立派な川目道路から根田茂に向かってこれまた立派な道路が出来ていた。昔の面影がない道路からいきなり山道に入る。

伐採したところに小さな登山口の標識が建っていた。登り始めたがなかなかきつい。おまけに山野草が少ない。

カタクリ
e0122199_16204745.jpg

キクザキイチゲが少々咲いていた。
e0122199_16211956.jpg

大きい岩が多い山だったが、それに惑わされ頂上がなかなか見つからず、やっと三角点に合えた!
e0122199_16214823.jpg

そこからちょっと下がったところに頂上の標識があり、焼石連峰と栗駒岳、和賀連峰が綺麗に見えた。
e0122199_16225279.jpg

急登が多い山で724㍍の山にしてはきつかったが、9人全員頑張って登った!
by yoko1939 | 2017-05-02 15:56 | 花・山だより | Comments(0)

盛岡のまちと暮らし、岩手の自然を楽しむレポート


by yoko1939
プロフィールを見る
画像一覧