歴史てくてく㉔オール沖縄をオール日本に

「平和憲法のある日本へ早く復帰したいというのが沖縄の人たちの願いでした。ところが復帰しても沖縄は全然変わらなかったのです。今も変わりません。今回の女性遺棄事件は沖縄の人たちは助けてあげれなかった・・・と苦しみ、そして怒りでいっぱいです」と平和ガイドの第一声だった。

 50年間沖縄の祖国復帰と基地撤去を闘う人々を撮り続けてきた写真家「嬉野京子さんと行く沖縄本島・伊江島ツアー」に参加し、米軍基地と3か所の闘うテント村を走り回った。

 東村高江では、オスプレイが着陸するヘリパッド建設計画を2カ所は作られたが4カ所はストップさせているという。この基地には柵がなく訓練中の米兵が突如民家の庭先に顔を出すこともあるという。ベトナム戦争の時、地区住民をベトナム人にみたて訓練したという。

 ⒒人の児童と一般6人死亡、220余名の重軽傷者をだした米軍のジェット機が墜落した宮森小学校の慰霊碑の前で体験者の方のお話を聞いた「50歳まで話せなかった。二度と繰り返えしてはならないと話すようになった。今回の女性遺棄事件の犯人はは米人だが、第二の犯人は日米政府だ」と強調。
e0122199_2252239.jpg

 座り込み4422日目の辺野古団結小屋では「基地計画は、軍艦を寄港できる新しい基地を作って永久に固定化することが目的で、普天間からの移転ではない。オール沖縄で新基地は絶対作らせない闘いをやっている」と説明受けた。
「沖縄ではいまだに戦争が続いている!」ことを実感。そして沖縄を戦後にするためには、オール日本を実現し政治をを変えなければ痛感してきた。(浦川陽子)
# by yoko1939 | 2016-06-01 22:52 | 歴史てくてく | Comments(0)

歴史てくてく㉓桜の花は癒しとパワー

「今年の桜はきれいだね~」が春の挨拶だった。 どこの桜ももりもりと咲き、遠出せずに花見を楽しみ、癒しとパワーをもらった。そして桜の花が持つ魅力を感じさせられた。

 毎年どこの桜を見に行こうか?と思ったときテレビなどで紹介される石割桜(国天然記念物)、岩手公園、高松の池、米内浄水場のヤエベニシダレヒガン群(市保存樹木)などが思い浮かぶが、目立たない貴重な桜もある。
e0122199_19274418.jpg

その一 龍谷寺のモリオカシダレ(国指定天然記念物)名須川町大正九年(1920)盛岡サクラの会の要請で来盛した国の天然記念物調査員の三好学氏(東京大学教授)が盛岡特産のシダレザクラの新種として「モリオカシダレ」と名付けて発表した。樹齢180年を超え寿命に近いがお寺の保護で毎年花を咲かせている。

その二法華寺のモリオカシダレ(市指定天然記念物)北山一丁目龍谷寺のモリオカシダレの老化を心配し後継樹として市教育委員会が昭和四七年天然記念物に指定した。樹齢は九〇年龍谷寺のものより花が大きい。枝ぶりも見事。

その三上米内のシダレザクラ(市指定天然記念物)上米内字赤坂
この付近に米内光政家の先祖の墓地があり、大正以前から「庭前の桜」として地域で有名だったという。個人所有なのでお断りして見せていただくのが礼儀かな。樹齢三五〇年近い。

このほかにも市指定天然記念物で、愛宕町の紅枝垂れ、本誓寺のホンセイジシダレ、名乗り坂のエドヒガンがある。古木が多いが頑張っている!
来年は楽しみながら、自分の一本の桜を見つけたいものだ。        (浦川陽子)
# by yoko1939 | 2016-05-01 19:23 | 歴史てくてく | Comments(0)

歴史てくてく㉒忘れない3・11

東日本大震災から5年。
e0122199_22114193.jpg

「津波と原発事故による避難者が10万人弱(うち県外避難4万3270人)災害関連死は2016人と、津波などによる直接死1604人を大きく超えた」という福島県のこの数字はショックだった。
 福島の人たちはこの今をどうとらえているのか?その答えが福島民報が福島テレビと共同して3月5日実施したの世論調査に寄せられている。 
 「県内の復興を実感しているかどうか」を聞いた結果、「実感できない」と回答した人は43・5%で、「実感している」と答えた人の約2倍となった。約半数が復興が進んでいないと感じている。
 「県内の現状が国民に正しく理解されていると思うかどうか」の質問には、「理解されていない」が73・2%に上り「理解されている」の6.1%を大幅に上回った。
「原発事故について、国内で風化していると感じるか」の答えは、風化を「感じる」は70%で、「感じない」の14・8%を大きく上回っている。「福島は理解されてない、原発事故が風化している」これが福島の声なのだ。
 10万人もの人が、帰りたくても帰れない、朽ち果てていく家をただ眺めていなければならない。そして自ら命を絶つ人、孤独死も増えている。5年も経っているのに・・・切なくなって盛岡を飛び出し「てくてく」と福島まで向かってしまった。
 事故原因も究明されてないのに次々原発を再稼働させている。政府も東京電力も責任を取っていない。
福島の声に、被災地の声に耳を傾け、心を寄せて「忘れないぞ3・11を!」
(浦川陽子)
# by yoko1939 | 2016-04-01 22:06 | 歴史てくてく | Comments(0)

暖冬で寒干し大根つくりにも影響

今年の気候はちょっと変です。暖冬です。これでは例年の寒干し大根の景観も見られないのでは・・・?といつもより遅めに出かけた。
e0122199_15303933.jpg

あった!ビニールハウスの陰にささやかに・・・・

作業場ではご家族が「今日からやっと本腰入れて作り始めました」と寒干し大根づくりに精を出していた。
e0122199_15311966.jpg

ストーブでゆでた大根を太い針でつないでいた。大きなたらいは何十年も使い込んだもので趣がある。この経験の積み重ねが、どんなに暖冬でも天気と相談しながら手作り寒干し大根を作ってくれている。

e0122199_15315435.jpg
今年も癒しの景観を見て美味しい寒干し大根をいただける幸せを感じながらお暇してきた。
# by yoko1939 | 2016-01-21 15:00 | 盛岡を楽しむ | Comments(0)

高松の池を新年ウオーキング

盛岡ウオ―キングクラブの今年最初の例会は高松の池の一周だった。暖冬で雪が少なく土の上を歩かなきゃないのかなーと思っていたら幸いに昨夜雪が降ってくれた。
e0122199_15591290.jpg

周りの木々はきれいな花を咲かせたようだ。
e0122199_15594199.jpg

例年よりも池も氷の面積が少ない。白鳥や渡り鳥たちが久しぶりの雪と水を楽しんでいる。
e0122199_1604673.jpg

昨年覚えた全身真黒なオオバン、カモもいろいろ種類があるらしい。
e0122199_16231474.jpg

今年初めてお目にかかりました。キンクロハジロというそうだ。来年まで覚えていれるかなー 
e0122199_16104372.jpg

植物先生のKさんが「これ見てー」クルミの木の芽を見つけてくれた。猿かな?鹿かな?の顔に見える・・・冬のウオーキングの楽しみがこんなところにもある。
# by yoko1939 | 2016-01-19 15:35 | 盛岡を楽しむ | Comments(0)

歴史てくてく㉑江戸時代から二百年の南部絵暦②

江戸時代から続く民俗資料「南部めくら暦」について一昨年一月にこのシリーズ⒑で取り上げたとき「続きをやってほしい」の声をいただいた。
 近年「めくら」は差別用語だと「絵暦」と名称を変えて使っているが、文盲の人たちがこの絵を読み解いて一年間生活していた歴史の証だと思う。
 今回はさっそく絵を中の段を下のほうに読んでいくことにする。
e0122199_14183994.jpg

☆塀と背に井桁で平成重箱が2個と●が8個で28年。今年の干支が猿。
☆2段目の右は木と剣、鑯(せん)が2本、百文銭が7本、●と▼が6個で紀元2,676年。
☆中が明の方(恵方)巳と午の間(南南東)の方向が大吉の年。
☆左は葉と旗の乳(ち)と馬で、はちうま(初午)で農家は豊年満作を、商家は商売繁盛をお稲荷さんに祈願する日。サイコロは月を示し12、重箱が2個で⒛、●が8個で前12月28日と重箱が二つ●が6つで2月6日。
☆3段目の右が庚申ー60日毎に廻ってくる庚申の夜庚申様を祭る行事。1年に6回前後ある。猿3匹の掛け軸で表す。サイコロの目の数が月、その下が日にちの数。☆左が甲子ー庚申の4日後に廻ってくる甲子(きのえね)の日は大黒様に作物の豊作や商売繁盛を大黒様に祈る日。大黒天を祀り祈る人で表している。
☆4段目 社日ー彼岸の中日に近い戊の日に神社にお参りし、春には五穀豊穣を、秋には収穫を感謝する。日にちは先の方法でー。
彼岸の入りー団子で表している。続きはまたの機会に。
       (浦川陽子)
# by yoko1939 | 2016-01-17 14:19 | 歴史てくてく | Comments(0)

⑳大島高任と日新堂

釜石市の「橋野鉄鋼山」が「明治日本の産業革命遺産」の一つとして世界遺産に登録され、現存する最古の洋式高炉跡とともに脚光を浴びているのが高炉を築いた大島高任だ。
 幕末の日本は外国からの海防のための大砲や軍艦を造る良質の鉄が求められていた。
 高任は、盛岡藩の侍医の長男で、江戸、長崎で蘭学、兵法、砲術、採鉱、製錬を学んだ。水戸藩主徳川斉昭にこわれ那珂湊に反射炉を築いたが鉄の強度に問題が生じた。鉄鉱石から良質な鉄を取り出せる洋式機高炉を、甲子村大橋(現釜石市)に建設し連続出銑に成功し「日本近代製鉄の父」と称されるようになった。
 大島高任の功績の場が盛岡にも残っている。高崩にあった幕末の洋学の私塾「日新堂」だ。といっても跡地は国道4号の下になってしまい、昭和六〇年(1985)に岩手県医師会が建てた記念碑が岩手自動車学校の入り口にひっそりと佇んでいるだけだ。
e0122199_16553243.jpg

日新堂は、急速に近代化する時代の流れにこたえられる人材を育てる目的の洋学を学ぶ私塾で、化学、物理学、鉱物学、植物学、医学、英語等のカリキュラムが組まれ、種痘の実施や砲術訓練まで行われた画期的な学校だった。
 その中心になったのが高任と西洋医学の先駆者八角高遠だった。 多彩な人材を輩出したが、戊辰戦争の敗北とともに明治政府に兵器製造所にみなされ、僅か五年で廃校となった。
 幕末から明治の激動の時代、洋学を学んだ若者たちのエネルギーを実感した。  (浦川陽子) 
# by yoko1939 | 2016-01-05 16:58 | 歴史てくてく | Comments(0)

生まれて初めて・・・除夜の鐘

実家の菩提寺の久昌寺からご案内をいただき除夜の鐘の行事に参加した。

「大梵鐘を撞き先亡精霊のご冥福をお祈りするとともに 新年を迎えて各家のご清福をお祈りし 各自の生活に精進することを誓う」ために鐘を撞くものだという。31日午後11時30分から和尚さんの歳末供養のお勤め後、順番を待って生まれて初めての鐘を突いた。

ゴーンー 撞くまではあれこれと願い事を考えていたのに・・・まったく無心・・・
丁度新年になっていた。
e0122199_15462243.jpg

空を見上げたら月がきれいに輝いていた。今年は良いことあるかも・・・
# by yoko1939 | 2016-01-01 15:25 | 盛岡を楽しむ | Comments(0)

歴史てくてく⑲いま「きけわだつみの声」を聴こう

戦後70年の今年、平和へ前進できる年にしたいとの国民の願いを踏みにじり安倍政権は「戦争法案」を衆院で強行採決・・怒りが広がっている。強行採決の国会を取り巻いた若者たちの姿に拍手!だった。 昨年末、1949年東大協同組合出版部から刊行された「きけわだつみのこえー日本戦没学生の手記」を手に入れた。どのページも茶色になっている。
 見返しの四枚の絵にくぎ付けになった。薄くなって伝えきれないが、
e0122199_232063.jpg

写真の右の絵は終戦一か月前まだ立っている自分の姿「もうこれ以上はやせられまい」と添え書きがある。左は餓死10日前の痩せこけて立つことができない自分の姿。
e0122199_23233365.jpg

裏表紙の見返しはいろんな食べ物がいっぱい描いている中に自分がいて「これだけあれば病気はなほる」と添え書き。もう一枚は家族の似顔絵・・・。
 昭和18年東京美術学校卒業し、同年11月入営、20年8月19日宮古島陸軍病院で餓死した関口清さんの亡くなる直前のスケッチだ。
 日記には「俺はこの戦争のそして、人類のいやすべての結末がみたい。生きねばならぬ。貴重な寶を後世に残すべく、病魔と衰弱と、うえと、酷暑と戦わねばならぬのだ」そしてやがて春が来ることを確信していると記している。
 第二次世界大戦の日本戦没者は310万人、うち軍人が230万人、その6割が餓死者だといわれている。戦争を知るための一つの貴重な資料「きけわだつみのこえ」聴こう。   (浦川陽子)
# by yoko1939 | 2015-11-10 23:30 | 歴史てくてく | Comments(0)

歴史てくてく⑱吉田松陰が盛岡に来たのはなぜ?

大河ドラマ吉田松陰の妹が主人公の「花燃ゆ」は視聴率が悪いようだが、「吉田松陰が盛岡に来た?」事に興味をもち数年前から追っかけをやっている。
 
e0122199_23123817.jpg

盛岡には嘉永5年(1852年)3月11,12日に滞在した。
 江戸の塾でともに学んだ南部藩の江端梧楼が兄の仇討をするという事に共感し、友人の肥後熊本の宮部鼎蔵とともに出発を赤穂四十七士討ち入りの12月15日と決めたが、藩からの手形が届かず、友人の約束を守り脱藩し出かけた。

 水戸に寄り、江端とは白河で別れ、松陰と宮部は会津に向かい、さらに日本海沿いを北上し、青森から南部に入り渋民を通って嘉永5年3月11日盛岡に入った。
上の橋を渡り紺屋町の村井茂兵衛に会い、夜を徹して国事を語り合い、経済的援助を受けたという。この日は石丁に泊ったと、松陰の旅日記には記されている。

 翌十二日山影村に息をひそめて暮らす江端梧楼の兄江端春庵の遺族を訪ね、梧楼の手紙を渡している。その足で春庵の墓参りしようと香殿寺(『内史略』には天福院とあるという)へ行ったが、春庵の仮葬所は処刑人の咎によって板塀で囲われていた。憤慨した2人は板塀に筆を走らせた。
 そんな気持ちを抑えきれずに北上川の舟橋を渡り奥州街道を南へ・・・津志田で妓楼が立ち並んでいるのを見た松陰は、木を倒し、良田をつぶして妓楼を建てている「南部の国事、実に悼むべきかな」と日記に記しいる。
 松陰21歳の旅は、外国船の侵入に立ち向かえる国になっているかを確かめる東北遊学だったが、盛岡ではもう一つの目的を果たした?と思う。  

 翌年南部百姓一揆最大の三閉伊一揆がおきたが、この事態を知った松陰は「そもそも民衆が困窮しているからこのようなことが起こるのだ」と兄に手紙を出している。 (浦川陽子)
# by yoko1939 | 2015-11-10 23:03 | 歴史てくてく | Comments(0)

盛岡のまちと暮らし、岩手の自然を楽しむレポート


by yoko1939
プロフィールを見る
画像一覧