歴史てくてく㉜ 145年目を迎えた仁王小学校の明治期

ピカピカの新1年生は、東日本大震災をお母さんのお腹の中で体験し混沌といている時に誕生した。今年145年目の県下最古の仁王小学校には50人が入学した。


盛岡藩校「作人館」の校舎を使ってスタート

e0122199_21401883.jpg

現在中央通り1丁目北日本銀行本店隣の日影門緑地周辺一帯に、江戸末期から明治初期まで盛岡藩校「作人館」があり、敷地面積は1920坪、建物は総檜造りだったという。

その校舎を使って1873年(明治6410日日影門外小路第1番小学校として創立された。それから1947年(昭和22)4月1日仁王小学校と落ち着くまで、制度の改廃によって13回も校名が移り変わっている。

三田地敏夫氏著「仁王学校物語」によれば、1879年(明治12)に、市中の道路改正があり仁王小学校の真ん中を通り、廊下や教室が断ち切られその部分にはムシロをつるして風雨をしのんだという。さっそくあだ名がついて「ムシロ学校」呼ばれていた。これではひどいと仁王・上田両村の有志が相談し改築工事を行い、1881年(明治14)年11月に望楼付きの2階建ての洋風建築の学校が完成した。


移転新築より立派な教師を雇う算段を!と鈴木舎定が主張

当時、移転新築の話もあり「もりおか物語」内丸・大通りかいわいーに面白い話として載っている。岩手の自由民権運動の先頭に立って活躍していた鈴木舎定が明治12年2月発行の「盛岡新誌」に、仁王学校新築について意見を掲載している。移転新築しても立派な教師を雇わなければ立派な学校にならない。「学校を移して新築することは止め、今の学校を普請して、立派な教師を雇う算段をナサイマセ」と言っている。

この頃は「公立仁王小学校」との校名で生徒数は男247人、女19人だったというから、「女に学問はいらない」と言われていた時代だったのだ。


1913年現在地の新校舎に移転

1910年(明治43)の大水害で中津川が大氾濫し、現在杜陵小学校の場所にあった城南小学校も流失し、生徒が仁王小学校に移り膨れ上がってしまった。市会で両校の移転新築を可決。四ツ家町裏(現在地)に1913年(大正2年)8月、田んぼの中の6600坪の敷地に総2階でコの字型のすばらしい近代建築の学校が完成した。9月には4日間休校し、生徒たちも何回も往復し引っ越しをしたという。

(浦川陽子)


# by yoko1939 | 2018-05-20 21:25 | 歴史てくてく | Comments(0)

盛岡でひな祭りの最後を飾った~仙北町の小さなひな祭り

鉈屋町の旧暦のひな祭りは14,15日40軒の町家を開放して賑やかに行われた。残念ながらカメラを忘れみなさんが頑張って展示したお雛様を写せなかった。

盛岡でもいろんなところでお雛祭りが行われてきたが、今年の最後を飾ったのが「仙北町の小さなひな祭り」だった。金沢家で見せていただいた。毎年お雛様が変わるので楽しみだ。

江戸時代末期の古今びな4体を中心に2部屋にいろんなお雛様が飾っていた。
e0122199_16030383.jpg
茶坊主はどんなおはなししてるのかな~
e0122199_16033356.jpg
館びなは組み立てに2日かかったという。
e0122199_16023329.jpg
竜宮城のお雛様は乙姫様がお留守だという。
e0122199_16040407.jpg
江戸時代からいろんな物語を繋いできたんだろう~とお雛様に聞いてみたい気分だった。

今年の旧暦の3月3日は、4月18日だ。盛岡では寒い時期を避け旧暦でひな祭りをやっていた。我が家は、せっこぎして町内の老人クラブで作った和紙を使ってのお雛様に2か月近くも頑張ってもらった。
e0122199_16011283.jpg
17日まで開かれている海野一枝人形教室のひな祭りに出かけた。生徒さんが制作した様々な人形がいっぱいだった!
e0122199_16015774.jpg
[
# by yoko1939 | 2018-04-21 14:44 | 盛岡を楽しむ | Comments(0)

中央公園の近くでキジを見た!

体力の落ち込みが激しく意を決して昨年12月から中央公園の散歩を始めた。
雨には負けたが、雪が積もっている中や、風にも負けず、無理をせず週2回程度、3千から5千歩。
体力回復が見え始めて、何とか続けて来た。

忙しくて10日ぶりに出かけた。春が駆け足でやってきていることを実感!
e0122199_22192961.jpg
梅やこぶしが満開で岩手山がより美しく見える。早咲きの桜や十月桜も咲いていた。
e0122199_22192304.jpg
近くに残っている雑木林でキジを見つけた!!以前はここ一帯がで田んぼでキジも沢山鳴いていた。
大きく変わってしまった盛南開発の地域で残る自然にホッとする。

# by yoko1939 | 2018-04-19 22:43 | 盛岡を楽しむ | Comments(0)

歴史てくてく㉜ 145年目を迎えた仁王小学校の明治期

ピカピカの新1年生は、東日本大震災をお母さんのお腹の中で体験し混沌といている時に誕生した。今年145年目の県下最古の仁王小学校には50人が入学した。

現在中央通り1丁目北日本銀行本店隣の日影門緑地周辺一帯に、江戸末期から明治初期まで盛岡藩校「作人館」があり、敷地面積は1920坪、建物は総檜造りだったという。

e0122199_22191682.jpg

その校舎を使って1873年(明治6410日日影門外小路第1番小学校として創立された。それから1947年(昭和22)4月1日仁王小学校と落ち着くまで、制度の改廃によって13回も校名が移り変わっている。

三田地敏夫氏著「仁王学校物語」によれば、1879年(明治12)に、市中の道路改正があり仁王小学校の真ん中を通り、廊下や教室が断ち切られその部分にはムシロをつるして風雨をしのんだという。さっそくあだ名がついて「ムシロ学校」呼ばれていた。これではひどいと仁王・上田両村の有志が相談し改築工事を行い、1881年(明治14)年11月に望楼付きの2階建ての洋風建築の学校が完成した。

当時、移転新築の話もあり「もりおか物語」内丸・大通りかいわいーに面白い話として載っている。岩手の自由民権運動の先頭に立って活躍していた鈴木舎定が明治12年2月発行の「盛岡新誌」に、仁王学校新築について意見を掲載している。移転新築しても立派な教師を雇わなければ立派な学校にならない。「学校を移して新築することは止め、今の学校を普請して、立派な教師を雇う算段をナサイマセ」と言っている。

この頃は「公立仁王小学校」との校名で生徒数は男247人、女19人だったというから、「女に学問はいらない」と言われていた時代だったのだ。

1910年(明治43)の大水害で中津川が大氾濫し、現在杜陵小学校の場所にあった城南小学校も流失し、生徒が仁王小学校に移り膨れ上がってしまった。市会で両校の移転新築を可決。四ツ家町裏(現在地)に1913年(大正2年)8月、田んぼの中の6600坪の敷地に総2階でコの字型のすばらしい近代建築の学校が完成した。9月には4日間休校し、生徒たちも何回も往復し引っ越しをしたという。

(浦川陽子)
# by yoko1939 | 2018-04-19 22:23 | 歴史てくてく | Comments(0)

屋根より高いこいのぼり

太田を車で走っていら農家の軒先に「屋根より高いこいのぼり」が見えた。しかもバックは岩手山だー。
e0122199_21505085.jpg
最近は、屋根より高いこいのぼりを建てるところが少なくなってきた。この家の方に感謝だった。

# by yoko1939 | 2018-04-17 22:18 | 盛岡を楽しむ | Comments(0)

十月桜と四季桜は別物だった

昨日の岩手大学の十月桜・・・どうしても気になる。
大学のホームページを見たら「十月桜が開花しました」というお知らせに「お問い合わせは広報部へ」とあり、さっそく電話した。

「いつ植えられたのか?品種は何か?」と聞くと、しばらくして電話があり「調べたが、いつ植えたかわからない。八重咲きが十月桜で一重が四季桜だ」と教えていただいた。

十月桜の別名が四季桜だと思っていた・・・みなさんにも同じものと言い続けて来た。ごめんなさい( ^ω^)・・・

# by yoko1939 | 2018-04-17 22:10 | 盛岡を楽しむ | Comments(0)

岩手大学理工学部の十月桜が5分咲き

昨年春、岩手大学植物園をぶらぶらしている時、害虫被害を見に来ていた教授らしき人にあい、「工学部の十月桜が満開で綺麗です」と勧められたが見に行かなかった。とても気になっていたので1年ぶりに出かけてみた。

理工学部の正門を入ってビックリー見事!!大きい!しかも古木だ。普段目にしている十月桜とは違う!
e0122199_22331800.jpg
花も大きいし色も濃くきれいだと思ったら八重咲だという。満開になったら素晴らしいだろう・・待っていたい気分だった。
e0122199_22332544.jpg
小学校時代学校前の大慈寺の原敬の墓前に2本の桜が咲いており、春と晩秋に咲く桜が珍しく、よく見に行っていたが木は大きくならず、花も優しかった。思い出深い十月桜は四季桜ともいわれている。



# by yoko1939 | 2018-04-16 22:56 | 盛岡を楽しむ | Comments(0)

歴史てくてく㉛   正月の伝統行事「裸参り」

盛岡の裸参りは、112日、虚空蔵堂(こくぞうどう)を皮切りに、

e0122199_20430841.jpg

113日、酒買地蔵(さけかいじぞう)、114日、教浄寺(きょうじょうじ)、115日、盛岡八幡宮、120日、浅草観世音、126日、桜山神社と続く。

いつから始まったかは定かではないが、盛岡藩政時代に教浄寺の本尊「お阿弥陀さん」の年越祭に、除災招福、五穀豊穣を祈願したものが始まりで、旧年の厄を取り除き新年の福を招くという民俗信仰を曳くものだという。幕末から明治維新の混乱期にすたれてしまったが、日露戦争前に復活し、参詣先が八幡宮に代わり、武運長久を祈願するものになった。大正時代には、本来の民間信仰行事に復したが、昭和には、満州事変から第2次世界大戦には再び戦時色に覆われ、日の丸の鉢巻きを締め、日章旗を裸の肩にかけての参詣だったという。

昭和四八年発行の「もりおか物語」-八幡町かいわいーで、明治二十九年生まれの海沼さんが語っている「日露戦争のときの裸参りが忘れられながンすな。おやじが戦争サいったので、ガンゼない七ツ八ツの子どもたちまで裸になって、おふくろが手を引いて“武運長久”祈願のため裸参りをしたもンですよ」とー。

戦後混乱期に再び中断したが、昭和二十五年復活し、それぞれの寺社の年越祭に、盛岡市消防団の分団が伝統を重んじた正月行事として現在に引き継がれてきた。

裸参りの行列は、先頭に団旗を掲げ、纏、献膳、ハサミ持ちの順に裸の男たちが一列縦隊にゆっくりと進む。

装束は、頭に晒木綿をたたんで鉢巻きをする。口には白紙を三角にたたんだくわえ紙をする。吐く不浄な息を清める意味があり、寒さ防止に唐辛子を包んでいる。晒一反を腹に巻き、背には注連―シメー(ごぼう)を背負い、腰にはけんだい藁を垂れ、素足にわらじを履く。裸参りは、夕方の寒くなる時間帯に行われ、「寒参り」ともいわれ、勇敢な若者たちが挑戦してきた。歴史を振り返りながら、平和な時代の中で裸参りが続くことを願ってやまない。(浦川陽子)


# by yoko1939 | 2018-01-14 20:38 | 歴史てくてく | Comments(0)

歴史てくてく㉚ 広島の原爆で命奪われた女優「園井恵子」

7月国連で122か国の賛成で核兵器禁止条約が採決された今年、8月6日と9日、広島と長崎に原爆投下された日を、特別な感慨を持って迎えた。

園井恵子(本名袴田トミ)も喜んでいるのではないかと盛岡市愛宕町の恩流寺の墓前に手を合わせた。

e0122199_20444082.jpg

園井 恵子は1913(大正2)年岩手郡松尾村で生まれ、翌年岩手町川口へ転居。川口尋常小学校卒業、盛岡の岩手女子師範付属小学校に学び、小樽高女に入学するが2年生の時周囲の反対を押し切って、あこがれの宝塚音楽歌劇学校入学、本科に進み数々の舞台で主役も務めた。そのまま宝塚にいたらトップスターになっていたと思うが、昭和17年、新劇の劇団苦楽座へ移籍。翌年、大映「無法松の一生」で坂東妻三郎と共演し吉岡夫人の役で一躍名声を博した。

暗黒の色濃くなっていた時代、治安維持法による弾圧が新劇界のも広がり苦楽座も解散。国策によってやむなく地方慰問を目的にする移動劇団「さくら隊」を結成。広島を根拠地として活動していたが、194586日、広島の原爆投下に遭った。この日は園井恵子の32回目の誕生日だった。2日がかりで神戸の知人宅にたどり着き「生きていた!」と抱き合って喜んだが同月21日原爆症で短い生涯を終えた。

岩手町川口に園井恵子のブロンズ像がある。園井と同級生だった元工藤医院の工藤剛嗣先生が先立ちとなって(園井恵子を顕彰する会)1996年8月21日(命日)に落成した。e0122199_20415240.jpg

碑文には、817日付け母への手紙(絶筆)が刻まれている。「本当の健康に立ち返る日も近いでしょう。そうしたら元気でもりもりやります。やりぬきます。これからこそ日本国民文化の上にというよりも、日本の立ち上がる気力を養うためのお役に立たなければなりません。」

園井恵子には終戦後の新しい日本の姿が見えていたのだ。生きたかっただろう・・・

思いを受け継ぎ、核兵器禁止条約に署名する政府を早く実現しなきゃ。


# by yoko1939 | 2017-09-16 20:31 | 歴史てくてく | Comments(0)

歴史てくてく㉙戦後6年間の盛岡市立不来方中学校

この春、選抜高校野球大会に21世紀枠で出場果たした選手10人の不来方高校野球部が全国から注目を浴びた。「こずかた」と読み方を知ったとの声も多くうれしかった。65年前、大慈寺小学校を卒業し入学したのが不来方中学校だった。岩手公園南側の現在彦御蔵の所に校舎が建っていた。古い校舎の2階が1年生の教室で、窓は辛うじてガラス戸だったがその外側には格子がはめられていた。雨が降れば雨漏りがしてきてバケツがいくつも並んだ。なにせ柾葺きの屋根は古くなってだいぶ傷んでいた。
岩手公園の石垣はまだ整備されておらずでこぼこだった。男子はその石垣を登るのが昼休みの遊びだった。
昭和28年河南中学校が現在の茶畑に完成し、全校生徒が自分の机と椅子を持って公園下から茶畑まで行列つくって引っ越しした。
青春時代の懐かしい思い出の一コマだ。
さて?あの古いぼろ校舎の前身は何だったのか?と調べたらお宝が見つかった!2013年盛岡市立河南中学校創立60周年記念誌に詳しく掲載されていた。
 明治37年6月作人館中学部(前私立岩手医学校附属中学校普通学校)が新築開校。大正10年3月に同校廃校後、昭和15年まで岩手女子高校が使用。昭和17年から昭和22年まで盛岡市立青年学校(昭和21年に盛岡市立実業学校に校名変更)が使用、昭和22年4月に不来方中学校が開校(1年間実業学校と併設)した。
 そういえば・・・向かいにこれまたボロの岩手女子高の寄宿舎があり、使われていた。
不来方中学校は28年3月廃校まで6回生まで受け入れ、6年間で400余人が在籍した。1995年に同窓会の不来方石垣会が跡地にささやかな石碑を建てた。
e0122199_1055439.jpg

 不来方中学校の校歌の1番が「中津の流れ 清らかに 遠き郷土の 史を語る 緑の松は作人の 教え伝えて 窓匂う ああ由緒ある わが母校」だった。
 やっと校歌の意味が理解できた。作詞は当時国語の教師吉田慶治先生だった。あの世で「やっとわかってくれたか~」と笑っているかもしれない。(浦川陽子)
# by yoko1939 | 2017-05-24 10:55 | 歴史てくてく | Comments(0)

盛岡のまちと暮らし、岩手の自然を楽しむレポート


by yoko1939