釜石小学校の校歌からもらった幸せ気分

仙北中学校の卒業式にお招きいただき出席した。仙北中学校の出身の校長先生が今年で定年ということで「みなさんの中で教師になって仙北中学校に戻ってきてください」と熱いメッセージを卒業生に贈っていた。
e0122199_22274056.jpg

卒業式に参加しながら思い出した。

2月に見たテレビ「題名のない音楽会」で、『みんなで歌おう!ユニーク校歌大集合』でゲストの尾木直樹さんが選んだ校歌が釜石小学校の校歌だった。

大震災で避難所になった釜石小学校の体育館に張り出されていた校歌をみた高齢の女性が「この校歌良いですね」と・・・学校が3日目から毎朝放送したという。

尾木ママは「この校歌を見て『釜石の奇跡』はこの校歌から生まれたと思った」と話してた。

ネットで釜石小学校の校歌を探し当てた。井上ひさしさんの作詞だった。きっと被災した方々の心にしみわたるものだったろう。そして生きなきゃと思ったんだろう・・・と思う校歌だった。

この校歌を歌い続けられる子どもたちは幸せだナー震災を乗り越えて生き抜くだろうな・・・幸せを分けてもらった良い気分。

釜石小学校校歌

【作詞】井上 ひさし
【作曲】宇野 誠一郎

いきいき生きる いきいき生きる
ひとりで立って まっすぐ生きる
困ったときは 目をあげて
星を目あてに まっすぐ生きる
息あるうちは いきいき生きる

はっきり話す はっきり話す
びくびくせずに はっきり話す
困ったときは あわてずに
人間について よく考える
考えたなら はっきり話す

しっかりつかむ しっかりつかむ
まことの知恵を しっかりつかむ
困ったときは 手を出して
ともだちの手を しっかりつかむ
手と手をつないで しっかり生きる
by yoko1939 | 2013-03-13 21:09 | 東日本大震災関連 | Comments(0)

盛岡のまちと暮らし、岩手の自然を楽しむレポート


by yoko1939
プロフィールを見る
画像一覧